主人のあまりの剣幕に…

日に日に体調が
元に戻ってきているのが、

自分でもよくわかる…


土曜日早朝の
あの胸の痛みは、

夢だったのでは…と思うほど…



家族みな健康であること、に心から感謝。

これほど幸せなことはない、と心から思う…



昨日、定時より早く仕事を切り上げて帰って来た主人…

上司が私のことを心配して、

顔を合わすたびに
「早く帰れ」と言ってくださったのだとか…



台所に置きっぱなしにしていた、

野菜の入った
あの段ボール箱を見つけた主人、


「これは今日お袋が持ってきたのか」と。


病院から帰ったら玄関前に置かれていた、と伝えると、

すぐさま姑に電話をして、


「野菜は持ってこなくて良いって言ったよな?」

「ゆみ子も体調が良くないから
 こっちから連絡するまでは来ないでくれ」と…



主人のあまりの剣幕に、
娘も私も驚いて声が出なかった…







ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



診察結果と段ボール箱…

少し前に病院から帰って来た。


退院後もゆっくりさせてもらって、
薬も良く効いているようで、

今日の診察では
担当の先生も驚かれるほど、

状態が良くなっているとのこと…


通院に付き添うために、
午後から仕事に行く予定だった主人も、

私を家まで送ってから、
そのまま仕事へ。




主人を見送って家に戻ると…


玄関の扉の前に、
大量の土付き野菜が入った段ボール箱…




この週末に義弟家族・義妹家族が
義実家に集まることになっていたから、

(過去記事→ 咄嗟に口から飛び出した嘘…

土曜日に主人が姑に連絡をして、



入院のことは伏せた上で
私が体調を崩していること、

そのために、
この週末は義実家には行けないこと、

家に来られても対応できないし、
野菜を持って来られても困ること、etc.



きちんと伝えておいた、と
主人は言っていたのだけど…




「順調に回復しているとはいえ、
 無理は禁物ですから」

「こじらせると大変ですよ」という

医師の言葉が頭をよぎる…




大根や白菜は新聞紙に包んで、
ひとまず段ボールに戻して庭に置いておこう…

また体調見ながら、
使わせてもらうことにしようと思う…





後になりましたが…

ご心配下さった皆さま、
温かいコメントをお寄せくださった皆さま、

心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

皆さまのコメントからもたくさんの力を頂きましたのに、
なかなかご返信できず申し訳ありません…

少しずつでもお返事して参りますので、
今しばらくお時間下さいませ。

気持ちの整理のためにも
ゆるりとブログも書いていきますので、
またお立ち寄り頂けたら嬉しいです。








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



緊急入院…

年末から
ずっと風邪気味だったのが、

一昨日の金曜日、

熱はないものの、
朝から咳がひどく…


娘の幼稚園も
車で送り迎えし、

何とか夜まで耐えたものの、
娘が寝てからさらに咳がひどくなり…



主人が帰って来た頃には
ぐったりしていて、

それを見た主人が、
「今すぐ病院行こう」と言ってくれたものの、

娘も寝ているし明日に…と。



ところが…

翌朝早く、
あまりの胸の痛みに目が覚め…



息を吸うのも苦しくて、
起き上がることさえできず、

横で寝ている主人に助けを求め、
体を起こしてもらうと、

少し楽な体勢が見つかり、
しばらくそのまま
夜が明けるまで安静に…



朝になって、
主人と娘に付き添ってもらい

病院へ行くと…



肺炎と診断され、

痛みが引かないため
そのまま入院…



昨日、今日、点滴を続け、
状態も落ち着いたため、

薬を飲み続けて
連休明けに通院するよう言われ、

昼過ぎに退院、
帰宅したのだった…



今は主人と娘が夕食の準備をしてくれている…


しばらくゆっくりさせてもらおうと思う…







ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



湿疹の原因は…

今日は、

娘が待ちに待った、
新居からの初登園。


昨夜はなかなか寝付けなかったはずなのに、

いつもより早く起きてきて、
朝食を済ませ、

お気に入りの洋服を選んで、
いざ、出発!



娘がこれほど嬉しそうに、
生き生きとした表情で登園したことは、

いまだかつてなかったと思う…



引越して良かった…

心底思った。



娘を幼稚園へ送った後、
そのまま皮膚科へ向かった。


医師から
考えられる要因として挙げられたのが、


まずは「乾燥」・・・

そして、

「不規則な生活」
「暴飲暴食」
「生活環境の変化」
「過度のストレス」 etc.


「不規則な生活」「暴飲暴食」以外は、

皆さまからのコメントでも頂いているように、
全て思い当たるものばかり…


医師にもそれを伝えると、

「いつもと同じような食生活、
 規則正しい生活をしている場合、

 口の周りにできる湿疹は、
 ストレス起因のものが大半と言って良いです」と医師。


「ただ、顔全体の肌もかなり乾燥気味ではあります」とも…




「肌の乾燥」にも、

痛いほど思い当たる理由がある…



あのスキンケアのトライアルがなくなって、

(過去記事→ 舅が暴露… )

買おうかどうしようか迷ううちに、
後回しにしてしまい、

手持ちの化粧水で
ごまかし続けていたのだ…



さらに、先月には
あの乾燥肌用の美容液までなくなってしまい…

(過去記事→ 逆切れした姑… )

こちらはお値段が高くて手が出ず、
諦めていたのだった…


どちらもとても肌に合っていて、
両方を使っていた頃は、

ここ10年近く見たことのない、
うるおいのある肌だったのに…



湿疹が落ち着いたら、
まずはこちらを再開しようと思う。 → 薬用深層保湿スキンケア

美容液はその様子を見てから…




そして…

昨夜は結局、
主人に話すタイミングを逸してしまった…


主人の疲れがひどく、

夕食も少し口にした程度、
お風呂から出て即寝状態だったから…


でも、もう明後日の話だから、
今夜は必ず…








応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

咄嗟に口から飛び出した嘘…

主人は昨日から仕事、
娘は明日から幼稚園が始まる。


新居から幼稚園に通うのが
楽しみで仕方がない娘、

いよいよ明日となって
今夜はなかなか寝付けなかった程…



義実家から引越して、
次の週末で2週間になる…



色々あって
疲れが溜まったのか、

口の周りに湿疹が出て
すでに5日…

化粧も控えているのに、
かゆみもひかず、状態も変わらないため、

明日、娘を幼稚園に送った後、
皮膚科に行こうと思う…




今日、娘とおやつを食べている頃に、
姑から携帯に連絡があって、


「次の週末に○○(義弟)たちが帰ってくるのよ」

「○○(義妹)たちも来るし、
 あなたたちも予定しておいてね」と…



一瞬、眩暈がした…でも、次の瞬間、


「この週末は予定があって…」
「○○さん(主人)と相談してまた連絡します」と、


咄嗟に口から飛び出していた…

週末に予定など何もないのに…



年明けから連日帰りの遅い主人も、
もうすぐ帰宅…



どうしよう…
嘘をついたこと伝えないと…

きちんと謝って、
素直に自分の気持ちを伝えてみよう…

今の主人ならわかってくれる、と信じて…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 






嵐のようにやって来たのは…

昨日は朝から
家族で部屋の片付けを再開。

昼食をはさんで
しばらく頑張ったものの、

やはり疲れてしまって、
ペースが上がらず…


「もう今日はここまでにして、
 甘いもの買いに行こう!」と主人。

大喜びの娘。



引越してきてから、

歩いて5分ほどのセブンイレブンに、
娘と一緒にお散歩がてらに出かけて、

スイーツを買ってくるのが二人のお楽しみに。


義実家の徒歩圏内に
コンビニはないから、

二人にとっても私自身にとっても、
とっても新鮮で、用もないのに立ち寄ってしまう程…



見るからに魅力的なスイーツを
二人に披露してもらっている時、

玄関のチャイムが…



まさか…
元日の記憶が蘇って、悪寒がした…



年末に、インターホンの修理を
管理会社に連絡したものの、

まだ工事予定すら決まっていない…

立ちすくんでいると、主人が玄関へ。



何の連絡もなく突然にやって来たのは…



義妹家族だった…



昨夏、愛犬のレトリーバーまで連れて、
義実家に泊まりに来た義妹家族…

(過去記事→ びっくりするほど好き勝手をする甥っ子…

あの時の大変さが頭を駆け巡る…



「お袋と言いお前と言い、何で急に来るんだ」と言いながら、

中に案内する主人…


その主人を追い抜いて中に入って来た甥っ子…


「あらー良い所に引越したわねー」
「ここならお母さんも干渉できないしね」

「まだ荷物片付いてないの?」

「これでゆっくり子作りに励めるわね」等々、言いたい放題の義妹…

それをにこやかに聞いている義弟…



しばらくすると、

「ここ遊ぶもの何もないし、お菓子も好きなもの何もないし、
 早く帰ろうよー」と甥っ子…



「昨日から実家に泊まってて
 今日ももう一泊するんだけど、

 みんなで一緒に晩ごはん食べたいから、
 お兄ちゃんたちを連れて来てって

 お母さんに言われてるんだよねー」と義妹…



一瞬、本当に意識が遠くなったような気がした…



それに気付いた主人が、

「急にそんなこと言われても無理だ」
「一日中片付けしていて疲れてるからゆっくりさせてくれ」と断ると、


「はいはい、ゆみちゃんはあっちにはできるだけ行きたくないもんねー」

「お母さん、納得しないと思うけどー伝えておくわー」と義妹…



義妹家族が帰って
テーブルの上を片付けていると、


「お母さん、このロールケーキはお母さんのだよ」と娘。


そのセブンイレブンのロールケーキは
娘の一番のお気に入り…



はっとした…
私ずっとしかめっ面のまま全然笑ってない…

いけない、また娘に要らない心配をかけてしまってる…



出来る限りの笑顔を作って、


「ありがとう!嬉しい!」
「でも、○○(娘)と一緒に食べたいなぁ」


と言うと、娘の顔がぱあっと明るくなった…



ああ、これだ…



皆さんからコメントを頂いているように…


あの家から離れさせてもらったことに
心から感謝して、

もっと明るく楽しく、
主人と娘との生活を送れば良い…


こんな幸せなこと
他にないことを知っているのだから…





ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村




このブログはもうやめようと…

遅くなりましたが…

新年あけましておめでとうございます。


昨年はこのようなブログを
たくさんの皆さま方にお読み頂き、

温かいコメントもたくさん頂き、
ありがとうございました。



昨年末に
義両親との別居を始めたことから、

このブログももうやめようと…



ただ、年末に姑が新居に突然やって来て、
怒涛の信じられない言動に、

気持ちが揺らいでしまい…




そして…

「うちで年越しを」という姑の強い誘いは
何とかしのいだものの、

元日に新年の挨拶に行くなり、


「やっぱり○○(主人)達がいなくなって寂しいわ」

「○○ちゃん(娘)もこっちにいた方が楽しいよね?」等々、


積もりに積もったと思われる気持ちを吐露する姑…



新年早々…と思いつつも、

気持ちはわからなくもなくて、
想定もしていたから、

押し黙って受け流すことに徹していた…



でも…


夜になって、アルコールに強くない姑が、
舅や主人と一緒にお酒を飲み始めてしまい、

その後の姑の言動は…



ここに書くのはもちろん、
もう一生思い出したくないような言葉の数々…



ぐっと我慢していたけれど、

私と同じように
じっと下を向いている娘の姿にはっと気づいて、


こんな話を
娘に聞かせてはいけない、

そうだ、私たちには逃げ場がある…と、


酔っぱらった主人には、
「連絡くれたら迎えに来るから」と、

舅と姑には、
「娘はもう寝る時間だから」と、

娘と一緒に御礼を言って、
義実家を後にしたのだった…



家に帰ってからも
娘の表情は硬いまま…

一緒にお風呂に入っていると、

「お母さん、大丈夫だよ」とぎゅっと抱きしめてくれる娘…



本当にありがとう。

心からごめんね…
もっと早く逃げ出せば良かったのに…


新年早々、やってしまった…



今日は、私の実家へ。

実家の愛犬に
大喜びで迎え入れられ、

娘も一気に明るい表情に。

 20160102c

それを見てほっとしたら、
不意に涙が出た。



その時に思った…


自分の気持ちを
外に吐き出さないと壊れてしまう、と。


これまでは、
このブログを書くことで状況の整理ができて、

皆さまからのコメントやアドバイスを拝読することで、

どれだけ精神的に救われ、
勉強させてもらってきたのだろう、と。




別居を機に、
本気でこのブログをもうやめようと思っていた。

だけど、まだ私にはこの場が必要不可欠…




やめるものだとお読み下さった皆さま、
申し訳ございません…

まだしばらく続けさせてもらうことになるかと思います…

またふとお読み頂けたら嬉しいです。









ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR