心穏やかでない連休…

昨日は驚くほどの寒さで、

すでに片付けていた上着や、
厚手の毛布を引っ張り出したのだけれど、

今日は日中は
歩いていると汗ばむ陽気…



体調管理に気を付けないといけない、と
思っていた矢先、

娘も私も咳が出始め…



今日は主人一人で病院へ。


鎖骨を骨折した舅、

今はギプスで固定されていることもあって、
痛みも全くなく、

不便ながらも
左手をうまく使って食事もできているそう…


よかった…



主人が病院に行っている間、
家で娘と二人、

絵本を読んだり、
シルバニアファミリーで遊んだり、

まったりと過ごしていたのだけれど、

娘がふと、



「お母さん、昼からおばあちゃんのおうちに行って良い?」と…



娘の目的は明らか…

(過去記事→ 義実家での出来事… )



この休みの間に、
そのうち言われるだろうと思ってはいたけれど、

実際に言われると
何とも言い難い気持ちに襲われた…



今日のところは、

「咳も出てるし、
 おばあちゃんに移すといけないから、
 やめておこうね」と娘に言うと、

娘も初めからわかっていたようで、

残念そうにしながらも
それ以上は何も言わなかった…




このことについては、

主人ともう一度、
話をしておこうと思う…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



裏工作と言われても…

今日は一日、
雨が降り続くと覚悟していたけれど、

今は雨も上がって鳥の声も…




今朝、娘を幼稚園に送って行って、
帰ろうとすると…


先日のクラス会で、

2年続けてクラス委員に決まった、
あのお母さんが、

(過去記事→ まさかの結果… )



「私、今から委員会なの」
「良いわね、すぐに帰れて」

「私も裏工作しておけば良かったわ」と…




裏工作…?


むしろ、私に立候補を勧めてきたのは、
あなたたちの方…

(過去記事→ 考えてもみなかった… )



耳の痛い話をされることもあるだろうと
覚悟してはいたけれど、

裏工作と言われても…




今日は昼から、
娘もとても楽しみにしている家庭訪問。


掃除も済んだし、
特に準備するようなことは何もないのだけれど、

どうしたものか落ち着かず…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



そろそろ退院、から一転…

朝からどんより曇り空。

昼から雨、という
天気予報だったけれど、

今にも降り出しそう…



昨日は一日、
慌ただしく過ごした…



娘を幼稚園に送って行った後、
買い物をして帰宅すると、

主人から電話があって、



「詳しくはわからないけど、
 病院から(姑に)連絡があったみたいだから、
 見に行って欲しい」と…



一昨日、病院に行った時には、
看護師さんから、

そろそろ退院も…という話を
聞いていたから、

驚いて声も出なかった…



急いで病院へ行くと、
病室前にいた姑が駆け寄って来て、



「お父さん、トイレに行くときに転んで骨折したって」と…



病室に入ると、
すでに右腕を固定された状態の舅が、


「ゆみちゃんも来てくれたんか…
 すまんなぁ」と…



骨折したのは鎖骨…


手術の必要はないものの、

痛みが強かったため、
ギプスで固定されていた…



命に別状はなく、
手術もしなくて良いということで、

ほっとしたものの、


看護師さんから、


1週間~10日程度は
ギプスを付けるので、
何かと不自由になること、

頭は打ってないということだけれど、
念のため脳波の検査もすること、等々、


話を聞くうちに、
心配は膨らむ一方だった…



おかげさまで、
昨日の脳波の検査では特に異状もなく、

しばらく検査を続けながら
様子を見ることになった。



今朝も登園後に病院に行くと、
舅はいつも通りの笑顔だったけれど…


そろそろ退院、から一転、
舅の胸中を思うと…


やるせない気持ちに…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



義実家での出来事…

娘と一緒に眠ってしまっていて、
気付けばこんな時間に…



土曜日、義実家に行った主人と娘…



17時過ぎに主人から、
夕食を食べさせてもらってから帰る、と…



夕食は帰ってから食べる、と
言って出掛けたのに…

ちょうどこちらも
夕食の準備を始めたところで、

まだ作ってなくて良かった、と
自分に言い聞かせるのが精一杯だった…


急きょメニューを変更して、

取り寄せていた大好物を、
一人黙々と食べた…

(過去記事→ 驚きの言葉… )



結局、主人と娘が帰宅したのは20時前…



色々と思うところはあって、
心穏やかではいられなかったけれど、


帰って来た時の娘の表情が、
行く前よりも明るくて、

それだけで、
ほっとして嬉しくなり、

諸々の感情はすっかり消えた…



しばらく義実家でのことを
話さなかった娘、

今日になって、


「おばあちゃん、元気だったよ」

「私と一緒にご飯が食べれて嬉しいって、
 おばあちゃん、すごく喜んでた」

「またいつでも遊びにおいでって」と…



とても楽しそうに話す姿を見ながら、

自身の心配が
取り越し苦労でしかなかったことに、

感謝するばかりだったのだけれど…



「お母さん、また(義実家へ)行っても良い?」

「面白いゲームがあるんだよ!」

「今度、お母さんも一緒に行こうよ」と…



…ゲーム?



仕事から帰った主人に聞くと、

姑が「Wii U」というテレビゲームを
買って準備していたのだとか…


母屋のテレビで、
娘と主人と姑の三人、
たっぷり遊んできた、と…



なるほど…

娘はテレビゲーム初体験、
その楽しさを知った、ということなのだろう…



ただ…


小さい頃からゲームをする必要はない、と
言っていた主人、

私も同じ意見だから、
その辺りを主人に聞くと、


「向こう(義実家)でのお楽しみ、
 ということで良いんじゃないかと思って」と…



少し複雑な感情もあるけれど、

娘が義実家に行くことに対して
抵抗がなくなったことは明らかで、

主人の意見ももっともに思えた…



しばらく様子を見ようと思う…







ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



姑の粘り勝ち…

今日も朝から良いお天気。


主人と娘は、
今日も舅の病院へ歩いて行こう、と。


暑そうだから
水筒と着替えのTシャツを準備して、

今から出発、という時に、



「〇〇ちゃーん(娘)、
おばあちゃん来たわよー」と…



私はもちろん、
娘も凍り付いてしまった…


主人が玄関に飛んで行くと、



「何の連絡もないから来ちゃったー」と
無邪気な姑の声…



「急に来られても困るだろう!」と
一喝する主人…



それでも、
姑は部屋に上がろうとして、

「今から病院へ歩いて行くから」と

主人が断り続けても引かなかった…



堪りかねたように主人が、


「わかったわかった、

 昼過ぎてから、
 そっち(義実家)に行くから」と…



それを聞いて、

「〇〇ちゃーん、
待ってるからねー」と言い残して、

ようやく身を引いた姑…



主人が部屋に戻って来て、
病院へ行こう、と言うと、


「やっぱり今日は車で行こうよ」と娘…



車で病院に向かう道中も、
病院にいる時も、帰り道も、

娘は終始、元気がなかった…



そして、14時前に、
主人が娘に向かって、

「そろそろ(義実家に)行こうか」と言うと、



「私も行くの?お母さんは?」と…



「お母さんは行かないけど」

「おばあちゃんは〇〇(娘)が来ることを
 楽しみに待ってるから一緒に行こう」と、

主人が言うと、



明らかに表情が曇った娘…



それでも、
行きたくない、と言うことはなく、

主人と一緒に出掛けて行った…




娘が「行きたくない」と言えば、
「行かなくて良いよ」と言おうと思っていた…


だけど、娘なりに気を遣って
「行きたくない」と言い出せなかったようにも思え…



娘を引き留めた方が
良かったのだろうか…

私も一緒に付いて行った方が
良かったのだろうか…



結局、強硬手段に出た、
姑の粘り勝ちになってしまったように思えて、

やるせない気持ちに…



今は、娘が楽しく過ごせていることを祈るばかり…









ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



まさかの結果…

雨が降り始めた。

暗い部屋に
気持ちが滅入る…




昨日、幼稚園では、
今年度のクラス委員を決めるクラス会があった…



昨日の朝も元クラス委員のお母さん方から、
ちくりと言われたけれど、

立候補はしなかった…


結局、立候補する人はなく、
例年通り投票で4名を選ぶことに…




投票の結果、
4番目と1票差で私は5番目…

4番目に選ばれたのは、
元クラス委員の一人…




覚悟を決めていたから、
まさかの結果に頭が真っ白になった。



ほっとした、というよりむしろ、

幼稚園3年間、
役員もクラス委員も一度もすることなく
卒園してしまうことに、

心苦しい思いばかりが募った…




クラス会が終わって、
幼稚園の門を出ると…


元クラス委員のお母さん方とは
少し距離をとっているように見えるお母さん方が、

集まっておしゃべりしていたのだけど、
私を見るなり、


「ほんと良かった!」

「〇〇さん(私)、最近またすごくしんどそうだから…」

「お義父さんの具合はどう?」

「色々言う人もいると思うけど、
 そんなの気にしちゃだめよ」

「見てる人は見てるから大丈夫よ」と、


口々に声をかけてくださった…




本当にありがたくて、
車に乗ってから涙が止まらなかった。


今年はせめて幼稚園行事のお手伝いに
たくさん参加しよう、

できることをしっかりやろう、と心に決めた。




家に帰って、

「すごくしんどそう」と
言われたことをふと思い出し、

鏡を見ると…


目の下のクマ、ほうれい線、
乾燥気味でハリのない肌…



気に入って使っていた
あのスキンケアを切らしてしまって、

(過去記事→ 湿疹の原因は… )

すでに2週間近く…



今の肌の劣化はあまりにも酷く…

以前、りさぽさんに教えて頂いた美容液も

合わせて注文しようと思う…  → 乾燥肌用美容液











ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 




考えてもみなかった…

昨日も今日も、
舅の様子に変わりはなく、

穏やかな笑顔に、
心から安堵…

日曜日に顔色が良くないように見えたのは、
やはり寝起きだったからだろうか…



明日、幼稚園では、
今年度のクラス委員を決めるクラス会がある…



2年間、何の役もしてこなかったことを、
申し訳なくも思っているし、

今年度はクラス委員をする覚悟はある。



ただ、あの驚きの言葉が、

(過去記事→ 驚きの言葉… )

ふっと蘇って嫌な気持ちになるのも事実…



そんなことを思いながら、

娘を見送って
幼稚園から帰ろうとすると、

門の外で
元クラス委員のお母さん方に呼び止められた…



「いよいよ明日ね。立候補するんでしょ?」と…



立候補…?


過去2年間、
誰も立候補などすることなく、

毎年当たり前のように
投票になっていたから、

考えてもみなかった…



その場を何と言って切り抜けたのか
覚えがないのだけど、

家に帰って、
一人あれこれと考えた…



クラス委員をどうしてもやりたいわけではないし、

体調面を考えても、
舅のことを考えても、

「私がやります!任せてください!」と

言えるような状態にはない…



選ばれれば
その職務をしっかり全うしよう、

それだけのこと…







ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



舅の様子に…

昨日は雨が上がるのを待って、
午後から病院へ。


まだ雲行きが怪しくて、
車で行こうと思っていたら、

「今日も歩いて行こう!」と娘…


前日に、徒歩で往復して、
疲れたと言っていた主人、

何と答えるだろうと顔を見ると、


「雨も上がったことだし、そうしよう」と即答…



病院に着くと、
舅はベッドに横になって眠っていた。



午前中に病院に行って、
舅の眠っている姿を見ることは、

これまでなかった…



午後はこうやって
いつも眠っているのだろうか、と思い、

看護師さんに尋ねると、

どうもそうではないらしい…



起こすのもどうかと
帰ろうとした時に、

ふと目を覚ました舅…



少し驚いた顔をして、

「今日は誰も来んなぁと思ってたら寝てしもてたわ」と…



その言葉を聞いて、

できるだけ毎日、
少しだけでも顔を見に来ようと思った…



寝起きということもあったとは思うけれど、

舅の顔色が優れないように見えた…



今日は午前中に予定があって、
今から病院へ向かう。


舅の体調が気にかかる…










ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



あまりの感覚の違いに眩暈…

今日はとても良いお天気で、
外は暑いほど…


ふと主人が、
「今日は病院まで歩いてみないか」と…


娘は大喜びしたけれど、
私は驚いて声が出なかった…


主人はちょっとした外出程度なら
歩いて出るけれど、

基本的には車派…


病院まで歩けば、
30分以上かかる…


「たまには歩かないとな」と主人…


多くは語らないけれど、

主人は主人なりに
この度の震災に思うことがあるようだった…




それに対して…



今日も病院で顔を合わせた姑は、


「〇〇ちゃん(娘)、この後うちに来たら?」

「先週できなかった、
 〇〇ちゃんの進級祝いしましょ!」と…



進級祝い…?

とてもそんな気には…
あまりの感覚の違いに眩暈がした…


こういう感覚でいられる人が
こんなに近くにいるとは…



舅も聞くに堪えなかったようで、


「こんな多くの人が大変な時に、
 祝いなんか…」

「大体こんな急に誘われても困るだろう?」


と制止しようとしたけれど、


「あなたがそんなこと言える立場じゃないでしょう」


と一喝した姑…



「親父の言う通りだろ!」
「無神経にも程がある…」

「今日も明日も行かないから」と主人…



姑は何も言わずに出て行った…




今はただ、皆さまのご無事と、

一日でも早く
地震のない日が訪れることを、

心からお祈り致します…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



蘇る記憶…

熊本地方をはじめ、
この度の地震で被災された皆さま方に、

心よりお見舞い申し上げます。

行方不明の方々のご無事を
ただただお祈り申し上げます。



震度7、というのは、
阪神大震災や東日本大震災と同等…


阪神大震災の時に経験した、
震度5の感覚がまざまざと蘇った…


火災や土砂崩れ等、
さらなる被害が出ないこと祈りながら、

一連の報道に
身体の震えが止まらなかった…




昨日の朝、
幼稚園で元クラス委員のお母さん方に、

「お義父さん、入院されてるの?」と尋ねられ、

状況を伝えると、


「大変ねぇ…」
「それにしても、またこんなタイミングに」と…



確かめたわけではないから、
わからないけれど…


来週水曜日に、
クラス委員を決めることになっているから、

おそらくそのことでは…と
一人悶々としていた…




だけど、
震災の報道を祈る思いで見ているうちに、

どうでも良くなった…


自分ができることを
しっかりやれば良い、と…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR