心無い一言…

一昨日の親子遠足の疲れが出たのか、

昨日は微熱があって
一日中、身体が重く…


おかげさまで、
今朝は平熱に戻ったものの、

少し咳が…用心しようと思う…




体調がいまひとつで
横になっていた、

昨日のお昼過ぎに、
携帯に公衆電話からの着信…



何事かと思って出てみると、


舅が申し訳なさそうに、

姑に連絡したけれど、
連絡がつかないから、と、

病院の公衆電話から
かけてきたのだった…



用件は…

コインランドリーで
洗濯はできたけれど、

乾燥は何分かければ良いか、と…



その乾燥機を使ったこともなければ、
見たこともない…

洗濯物の量もわからない…

先日、試しに使った時はどうだったのだろう…




微熱で頭も働かず、
思わず舅に、


申し訳ないけれど
私にもわからない、

看護師さんに
聞いてみて下さい、と


ぴしゃっと言ってしまった…




今から思えば…


もともと舅は
家事をするような人ではなく、

洗濯など自分でするのは初めてだろう…


そんな舅が
何とか自分でしようとしているのに…


もう少し私も穏やかな言い方があったのでは…









ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



他人のことを…

今日は朝から、

先週、雨で延期になった
親子遠足へ。


朝は風もひんやりと冷たく、
寒く感じられたけれど、

目的地の公園に着く頃には、

日差しも強くなり、
汗ばむ陽気に…


子どもたち、先生方と、
色々な種類の鬼ごっこをしてみたり、

親子リレーをしたり、
アスレチックで遊んだり、

とても楽しい時間を過ごしてきた。


さすがに年少の子どもたちには
この暑さは厳しく、

お弁当を食べて、
少し自由時間を楽しんだ後、

予定より早めに
現地にて解散となった…




クラス委員選出の日に
温かい言葉をかけて下さったお母さん方と、

(過去記事→ まさかの結果… )

帰りの電車が一緒になり、

昨日決まった行事ボランティアの話に…



「2つも引き受けてもらってありがとうね」

「くれぐれも無理しないでね」


「あの人たち(元クラス委員のお母さん方)は
 他人のことを良いようには言わないから、

 何を言われても気にしない方が良いよ」と…




頭の中では
わかっているつもりでいたけれど…


その話を聞いて、

ずっともやもやとしていた思いが、
すっと消えた…




娘もたっぷり遊んで疲れたようで、
久しぶりにお昼寝中…


夕飯の準備までには
まだ時間があるから、

私もゆっくりしよう…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



最初から言えば良かったのだろうか…

昼から雨が降るものだと
思っていたら、

夕方まで降らず、

降り始めたと思ったら
暗くなる頃には本降りに…

雨音がリビングに響く…



今日は幼稚園で
クラスごとに保護者の集まりがあった。



クラス委員は先日決まったけれど、

(過去記事→ まさかの結果… )

そのクラス委員さんや役員さんと
一緒に活動する、

各行事ごとのボランティアを決めるために…



少なくとも「一人一役」を担うのだけれど、

そもそもの園児数が少なく、

未就園児の預け先がないお母さん方には
厳しい行事も多いため、

一人の保護者が
2つの行事ボランティアをすることも…



毎年、希望者の少ない
行事ボランティアをしてきたけれど、

2つを掛け持ちしたことはなく、

今年は少しでも
お役に立てればという気持ちが強く、

掛け持ちする気持ちで臨んだ…



結局、私ともう一人のお母さんが、

2つのボランティアを
掛け待つことになったのだけれど…



それが決まって解散した後、

クラス委員さん達が集まって
話し合いをしているように見えたのだけれど、

そこから漏れ聞こえてきたのが…



2年連続クラス委員の
あのお母さんの声で、


「〇〇さん(私)ぐらいしか
 身軽に動ける人がいないんだから、

 最初から、2つでも3つでもやりますって
 言えば良かったのにねぇ」と…



私も今朝まで、
真っ先に自ら手を挙げようと思っていた…


だけど、それをすると、

クラス委員には立候補しなかったくせに…と

言われるのではないかと思い…


人手が足りない、となった時には、
すぐに手を挙げたのだけれど…


それはそれで、

クラス委員さん達に
面倒をかけてしまったのだろうか…?




明日は先週雨で延期になった親子遠足…


娘と一緒に行く遠足は
すごく楽しみだけど、

他のお母さん方も一緒、ということに関しては
全然楽しみに思えない…









ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



これでうまくいくと良いのだけれど…

朝から良いお天気で、
気温もぐんぐんと上がったようで、

娘と買い物から帰ると、
夏のように汗びっしょりだった…



主人は昨日言っていた通り、

義実家に寄ってから、
姑を連れて病院へ…



舅・姑・主人の三人で、
コインランドリーも見に行って、

実際に洗濯をしてみたのだそう…


乾ききるまでには
それなりに時間はかかるものの、

それほど手間がかかることもなく、
舅も「自分でできる」と…



そして、本題…


今後は、
舅のことは一切を姑に任せるから
きちんとしてほしい、


どうしても姑の手が回らない時には
もちろん主人がサポートをするけど、

私には助けを求めないでもらいたい、


舅も私に頼みごとをしないように、と


主人は二人に話したそう…



舅はすぐに「わかった」と答えたけれど、

姑は不服そうな様子を
ありありと浮かべながら

仕方なくといったように了承した、と…



病院からの連絡先も、
姑、主人の順にして、

どちらかに連絡がつかない場合のみ、
私に連絡するように、

看護師さんに頼んできてくれたそう…



主人が私の負担をなくす方向で
話をしてくれていたことに、

驚きつつも、

素直に嬉しかった…




あとは姑がきちんと動くかどうか…

これでうまくいくと良いのだけれど…









ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



真相は…

おかげさまで
昨日の診察の結果は良好で、

ほっとしたのだけれど…



結局、舅のもとを
訪ねることはしなかった…



姑と鉢合わせになることも
避けたかったけれど、

下手に私が首を出すことで、
話がこじれてしまうような気がしたから…


…いえ、それは建前で、本音は、

自分で真相を確かめることが
無性に怖かったから、

またしても逃げてしまったのだ…




今日の午前中、
主人が一人で病院へ。


看護師さんに荷物の件を謝り、
詳しいことを聞いてみると…



「あの時、看護師二人で確認したのですが、
 ベッドの下にもロッカーの近くにも
 荷物は何もなくて…」と…



病院の帰りに
主人は義実家に立ち寄り、

姑に詰め寄ったそう…すると、



「あの日はお天気が悪かったから、
 そんなにたくさんは運べないに決まってるじゃない」

「ちゃんと次の日には持って行ったでしょう?」と、


姑は悪びれもせず、
あっさりと言い放ったらしい…



もともと姑の言動を怪しんでいた主人だけど、

怒りを通り越しているのか、
遠くを見つめ、呆然とする姿に、

何とも声の掛けようがなかった…




明日は義実家に寄ってから
姑と一緒に病院へ行って、

すっかり忘れていた
コインランドリーのことも含めて、

今後のことを三人で話してくる、と主人…




あまりの真相に、
私でさえもショックを受けたのだから、

主人の気持ちを思うと…

これ以上、
心労が重ならずに済みますように…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



姑の言動を怪しむ主人…

今日も朝から快晴、

暑くなりそうだから、
肌布団も思い切って洗濯してみた。



昨日は結局、
主人が昼休みに姑と連絡をとって、

「ちゃんと持って行ったわよ!」と
怒り心頭の姑を説得、

午後から姑が病院へ行ったのだそう…



姑の話によると…


前の日に行った時は、
舅が眠っていたから、

声はかけずに、

ベッドの下に
着替え入りの紙袋を置いておいた、

行ってみたら
そのまま置かれていたから、

看護師さんも気付いてなかっただけだろう、と…




あり得ない話ではない、と私は思った…


ただ、主人は、

看護師さんがベッドの下を確認しないわけがない、と

姑の言動を怪しんでいた…




主人の気持ちもよくわかる…

私もそう思ったから…




今日は、今から、

私自身の肺炎後の経過観察のため、
久しぶりに診察を受けに行くのだけれど…


舅のもとに立ち寄るべきか、否か…









ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



頭の中が真っ白に…

朝から青空が広がって、
日向は少し暑いぐらい…

昨日から部屋干ししていた洗濯物と、
今日洗った洗濯物を、

外に広げて深呼吸…

気持ちが落ち着いた…



昨日のお昼に、
電話をかけてきた主人に、

事情を説明すると、

「後のことはもう気にしなくて良い」と…



夜、帰宅した主人に話を聞くと、

その電話の後すぐに、
姑にも連絡をして、

雨も上がっていたから、

着替えのパジャマと下着、タオルを、
1週間分近く持って行かせた、と…



あきこさんのコメントを
参考にさせて頂いて、

病院のコインランドリーの話をしてみると、

次の週末に見に行ってみる、と主人…



そんな話もしていたにもかかわらず…



少し前に、
今日もまた病院から連絡があって、

着替えを持ってきてください、と…



昨日の午後、
1週間分ほど持って行ったと聞いていることを伝えると、


そのようなものは
病室には見当たらず、

舅も、午後は誰も来ていない、と
言っているそう…




頭の中が真っ白になった…

どうして…




今日もまた、
主人からの連絡待ち…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



病院からの電話…

昨日からの雨が
朝まで降り続き、

今日予定されていた
幼稚園の親子遠足は延期に…



いつも通り、
娘を幼稚園に送って行って、

家に帰ると、
携帯に知らない電話番号から着信…



市外局番が
この辺りのものだったから、

思わず出てみると、

舅が入院する病院からの電話だった…



「奥様(姑)にお電話したのですが…」

「お忙しいようで、
 こちら(私)にかけて欲しい、とおっしゃられて」と…



どうして主人ではなく私に…
断りもなく携帯番号を教えるなんて…


一瞬にして
色々と頭をよぎったものの、

それよりも
電話の内容が気がかりで…



用件は…


今朝、ギプスを外したこと、
骨折部も順調に回復していること、と、

着替えを昼までに持ってきてもらいたい、
今後は多めに置いておいて欲しい、と…



仕事が忙しいこの時間帯に
主人に連絡することはためらわれた…

だけど、このまま放っておくわけにはいかない…



主人には、

病院から連絡があったこと、

着替えを届けて欲しいと言われたから
今から行くこと、

他にも相談したいことがあるから
休憩時に連絡が欲しい、とメールを送り…



取り急ぎ、主人に買ったものの
サイズが少し小さくて着ていないパジャマと、

新しい下着を引っ張り出して、

病院へと車を走らせた…



舅はとても元気そうで、
ほっとした…


「また色々と迷惑かけて…すまんな」と舅…


胸が締め付けられる思いがした…




病院からの帰りに、

舅の着替えを取りに
義実家に立ち寄ろうかとも思ったけれど、


どうしても足が向かなかった…



主人からの連絡を待とうと思う…









ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



やはりいつまでも…

今日は一日中、雨模様…

明日も晴れ間は期待できないとか…



足元の悪い中、
今日は久しぶりに一人で実家へ。



昨日の母の日には、
お花を贈ったのだけれど、

今日はもうひとつ
プレゼントをしたくて…



それがこちら。 → フェイシャルエステ トライアル



母は年齢の割には
肌が綺麗ではあるけれど、

「ここ数年、乾燥が酷くなって…」と

今年初めに嘆いているのを聞いたから、

母には内緒で予約をしたのだった…



一緒に買い物に行こう、と
母を誘い出して、

予約したお店に行くと…



母は狐につままれたような表情で
私を見たけれど、


お店の方が
「〇〇さん(私)からのプレゼントですよ」と

そっと教えて下さった途端、


恥ずかしそうな、
でも嬉しそうな表情に変わった…



それだけで、私も嬉しかったけれど…




1時間程のエステを終えて、
戻って来た母は…


全体的にお肌のくすみがなくなって、
肌の色が明るくなり、

頬もつややかに。



一度のエステで
こんなことになるとは思ってもなくて、

ただただ驚くばかり…



母自身も
あまりの変わりように驚きながらも、

とても嬉しそうで、

少し興奮している様子を見て、
私もとても嬉しかった…




やはりいくつになっても、
いつまでも綺麗でいたいし、

そうであると
こんなにも嬉しいものなのだと、

改めて知った…




さらに、お店に前もって、

母へのプレゼントであることを
伝えていたこともあって、


お支払いもエステ中に
済ませて下さって、

たくさん試供品やグッズまで頂いて…




娘のお迎えの時間もあって、
忙しなく帰ってきたけれど…

帰り着いてから、


何とも言えない、
とても幸せな時間を思い返して、


昨日に続いて、
嬉しい涙が止まらなかった…




素敵なお店、スタッフの皆さまに、

この場をお借りして、
心より御礼申し上げます。



1時間近くのエステが
3千円ちょっとで受けられますし、

少しでもご興味のある方には、
胸を張ってお薦めしたいと思います。 → フェイシャルエステ トライアル


お店も全国にたくさんあるそうですので、
一度チェックしてみて下さいね。










ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



今日は「母の日」…

今日は朝からお天気も良くて、

娘と二人、
買い物を兼ねてお散歩へ。


ひんやりとした部屋の中とは違って、

お日さまの光が
ぽかぽかと温かく、

身体が元気になっていくのを感じた。



家に帰ると、
ちょうど主人も病院から帰って来たところで、

来週初めにも
舅はギプスを外すことができそう、と。


よかった…
ほっと胸をなでおろした…




お昼ご飯の準備をしていると、
主人が娘に、


「お父さんも散歩に行きたかったなぁ」

「お昼ごはんできるまで、
 ちょっとだけ一緒に歩きに行こう」と誘うと、


娘も大喜び。二人で出かけて行った。



何もこんな時間に…と一瞬思ったけれど、

一人で病院に行って
一緒に散歩できなかった主人を思うと、

そんなことを思った自分が恥ずかしくなった…



お昼ごはんを
テーブルに並べ終わった頃、

外から娘の笑い声…



「ただいまー」と
元気に入ってきた娘の手には、

可愛らしいブーケ…


そして、間髪入れずに、

「お母さん、いつもありがとう!」と

そのブーケを手渡してくれた…


「お花だけじゃないんだよー」と娘が言うと、


主人が得意そうに、
ケーキ屋さんの紙袋を差し出した…



そう、今日は「母の日」…



何も思ってもなかったから
驚いたけれど、

ただただ嬉しくて、
思わず涙ぐんでしまった…




今から主人は義実家へ…


姑はさぞ嬉しいことだろう、

素直にそう思えた…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR