ご縁と巡り合わせ…

昨夜から降りだした雨…


深夜には雪になるものと
思っていたけれど、

今朝も雪まじりの雨…


雪が積もるものと思っていた娘、

珍しくまだ起きてきていないけれど
起きてきたらさぞがっかりするだろう…




昨日、父と二人、
まず母に会いに行って、

転院先として
連絡を下さった病院の話をして、

本人の意向を聞き、


「私の代わりに見て、
大丈夫、と思ったらお願いしてきて欲しい」と…



実際に見学させて頂いた印象としては…


古い建物には変わりなく、

廊下の幅が狭く、
エレベーターもどこかぎこちないけれど、

病室のベッドや棚・小型冷蔵庫は
入れ替えられたところ、

テレビも各ベッド足元の天井に設置されていたり、

周りに大きな建物がないために
全体的に日の光が差し込みとても明るかった…


さらに、リハビリルームも
元々は半地下にあったものが、

近年、建物最上階に移動したそうで、
とても広々として清潔感があり、

母がいつも買い物をしていた
大型ショッピングセンターや
かつて住んでいた家の方面も見渡すことができ、

とても解放感に溢れていた。



スタッフの皆さまも若い方が多く、
見学していると笑顔で挨拶して下さり…



父と相談する必要もない状況だったけれど、
念のために聞いてみると、


「断る理由は何もない」と…



来週26日木曜日に、
母の転院を決めた。



これほど早くに転院先が決まるとは…


2月8日の期限を考えると、

もしお声がけ頂くのが一週間遅ければ
かなり精神的にも焦っていただろうと思う…



ただただご縁と巡り合わせに感謝…



幼稚園のお迎えの時間が迫り、
父を実家に送ってそのまま帰宅したため、

母には今日、
転院の話を伝えることに…


母は何と言うだろうか…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

今から...

今日もどんよりとした曇り空...

今夜からまた雪の予報、

娘は「次は雪うさぎを作る!」と
とても楽しみにしながら幼稚園へ。



今朝、医療ソーシャルワーカーの方から
父に電話があり、

1つの病院から来週中に転院可能、
との返事を頂いた、と...


2月8日転院完了の期限が迫るなか、

回復期リハビリテーションを受けられる
可能性がぐんと広がり、

電話越しに父も安堵している様子が
ひしひしと伝わってきた。



お返事を頂いた病院は、
実家から車で10分もかからない総合病院。


ありがたい状況ではあるけれど、

あまり新しい病院ではなく、

ホームページを見る限り
リハビリの部屋もあまり広くない様子...



病院の地域連携担当の方に
私から連絡すると、

見学も可能とのこと。


今から父と見学に行くことに...


百聞は一見にしかず...

あれこれ思うよりも、
母の気持ちになって見てこようと思う。










ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

思わず口から出た言葉…

今朝は雲も多く
どんよりとした空、

冬らしい寒い朝…



昨日、先日面談頂いた
医療ソーシャルワーカーの方に連絡をして、

転院候補の病院からの返答や
介護保険の申請について尋ねてみると…



7病院ほどに連絡を取って頂いているうち、

2つの病院から「受け入れられる可能性がある」と
ひとまずの連絡が入っているそう…


「受け入れOK」の連絡があれば
すぐにでも転院となるため、

今すぐに介護保険の申請を役所にしてしまうと、

調査員の方の来院日等の調整に
支障をきたす可能性があるのだそう…


確かに、調査員の方が来られる日に
すでに転院している状況も考えられ…



父とも相談し、
介護保険の申請は転院先でお願いすることに…




昨日は、久しぶりに母の作業療法のリハビリを
見学したのだけれど、

思った以上にリハビリが進んでいて、

自分で車いすから立ち上がったり、
パジャマのズボンを自分で上げ下ろししたり…


父と二人、思わず目頭が熱くなった…


1カ月前は集中治療室にいて、
左の手足は全く動かず、

会話もできない日もあれば、
話しても意味不明なことを話すことも度々だった…




帰り道も嬉しくて
一人鼻歌まじりに運転していたのだけれど、

家に帰ると留守電のランプが…



聞きたくないと思いながらも
放置することはできずに聞いてみると、

やはり姑からだった…



「もうお母さんも良くなられたんじゃないの?」


「毎日毎日、病院に行って、
帰りも遅いから、

〇〇ちゃん(娘)も幼稚園に預けっぱなしで
放ったらかしらしいじゃない?」


「〇〇ちゃん、うちで預かるわよ?」と…



冗談じゃない…あなたになんて…
そんなこと有り得ない…


思わず口から出た…










ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

本当にありがたく…

今朝は雪もなく
青空も広がり良いお天気だけれど…


冷え込みが厳しく、

ガス給湯器のモニターに
雪のようなマークが…


水は出るものの、

給湯器のガス火の点く音が聞こえず
焦ったけれど、

しばらく水を出すうちに点火の音が聞こえ、
無事お湯が出るように…

改めて、この時期は気を付けなくては、と。



昨日、悩める妻さんのコメントを拝読し、

実家・病院へ行った後、
早速に実家近くの役所に出向き、

介護保険の申請について伺った。

(悩める妻さん、早々にお教え頂きありがとうございました。)



母の保険証と高齢受給者証を持参すると、

本来なら「介護保険被保険者証」が必要、
と言われたものの…


その高齢受給者証をもとに
介護保険の番号を調べて下さって、

病院名と担当医の名前もわかるため、

その場で介護保険の申請が可能な状態に…



ただ、転院の可能性がある場合、
(特に今、母がお世話になっている病院の場合、)

担当医の方がサインして下さらない可能性があるため、

確実にサインが頂けることを確認の上で
申請して頂きたい、とのこと…



申請用の書類と
介護保険やサービスについての資料を頂いて、

昨日はひとまず帰宅した。

今日、病院で確認してみようと思う。



昨日、役所の福祉課でお世話になって、
つくづく最近の役所は親切になった、と…


入り口を入ってきょろきょろとしていると、

案内係の方がすぐに寄ってきて
窓口を教えて下さり、

介護保険に関して色々と質問すると
丁寧に答えて下さり、

介護保険以外の福祉サービス等の資料も…



自分で勉強すれば良いのだろうけれど、
今の状況では難しく、

役所で丁寧に教えて頂けたり、
皆さまからのコメントやアドバイス、情報を頂けるのは、

本当にありがたく…

心から感謝…










ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

信じて待つ…

今日は雪もすっかりなくなり、
朝からきれいな青空が広がっている。

寒さは厳しいものの、

日差しがたっぷりあって
ここ数日に比べると日向は気持ちが良いほど…



昨日、父と病院へ行くと、
看護師さんから声をかけて頂き、

医療ソーシャルワーカーの方に
今後のことについて面談して頂いた。



母がお世話になっている病院は
救急医療の病院のため、

治療が済んだ時点で
退院もしくは転院の必要がある…



母の場合、まだ自宅に戻って
生活できる状態ではなく、

基本的なリハビリを続ける必要があり、

リハビリ病棟のある病院を紹介して頂いた。



ただ、発症から2カ月以内に
転院を完了する必要があるらしく、

母の場合その期日が2月8日…



もうずいぶんと差し迫っている状況でありながら、

どのリハビリ病院は
ほぼベッドが埋まっている状況だそう…



どこの病院が良い、
と選べる状況ではなく、

ソーシャルワーカーの方が
聞ける限りの病院に当たって下さる、とのこと…



もし転院先が見つからなかったら…?

介護保険の申請も
早くした方が良いのだろうか…?

今後どうなるのだろう…


色々と不安や疑問が頭を巡ったけれど、
今はただ担当の方を信じて連絡を待つ…











ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

思わず笑顔に…

昨夜も雪が降っていて、

昨日ほどではないものの、
今朝も道端や屋根、
木々や車の上には雪が積もっている。


娘と二人、
久しぶりに歩いて登園…


雪が積もると途端に
いつもの風景が新鮮に見えて
娘同様わくわくしてくる…



寒くて手先足先が冷え切って
凍えながら家に帰り着くと、

昨日、娘と一緒に作った
たくさんの小さな雪だるまが

玄関の入り口で
帰りを待っていてくれていたように思えて、

思わず笑顔に…




昨日一日、
実家にも病院にも行かず、

娘だけでなく
私自身も良い気分転換になったように思う…




今日からまた、

父や母のためだけでなく、
自分のためにも

実家と病院へ…





後になりましたが…

いつも温かなコメントを下さる皆さま方に
心より御礼申し上げます。

皆さまのコメントから学び、救われることが
たくさんあります…

父や母との時間を大切にしようと思います。
ありがとうございます。







ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

ごめんね、と、ありがとう…

今朝は娘の期待通り、
家の庭も道路も真っ白の雪景色。


思わず朝食前に、

娘と一緒になって
小さな雪だるまをいくつも作った。



朝食後、出かける準備をしていたら、
父から電話があって、


「道も滑りやすくて危ない、
駅まで歩くのも大変だから、
今日は来るな」

「ここらではめったにないこの雪で
〇〇ちゃん(娘)と一緒に遊んでやってあげて」

「お母さん倒れてから
〇〇ちゃんもずっと気を張って頑張ってきてるだろうから」と…



確かに父の言う通り…



母が入院するまで、

通常の保育時間以上に
預かってもらう預かり保育にさえ、

これまで数回しか行ったことがなかった娘…


それが先月から、

預かり保育よりもさらに2時間も長い
18時までの延長保育に、

何度も行かせている…


それでも、家に帰ってからも
我がままの一つも言わず、

私に優しい言葉をかけてくれる娘…



今日は父の言葉に甘えて、
いっぱい娘と遊ぼう、

そう心に決めて、
娘に伝えると、


「おばあちゃん大丈夫かな?」と心配しながらも、

「逆にこんな大雪の日に行ったら
おばあちゃん心配するよ」と言うと、


ぱぁっと表情が明るくなった…



その笑顔を見て胸が詰まった…


ごめんね…と、
たくさんたくさん心の底からありがとう…



今から近くの公園へ
主人も誘って3人で雪合戦へ!









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

実親より義親を…

この冬最強の寒波到来…

各地で大雪となっているけれど、

こちらも一日中、
雪が強くなったり弱くなったり
みぞれになったり晴れ間が広がったり…


それでも積もるほどではなく、
娘はがっかりしていたけれど、

その雪の隙をぬって
今日も病院へは車で…



昨日の午後、
幼稚園の集まりに行くと、

いつも色々な噂を話してくる
娘の同級生のお祖母様が寄ってきて、

(過去記事→ 疑心暗鬼… )


「あんたも大変だねぇ、
今度は自分のお母さんがくも膜下出血だって?」


…一瞬頭が真っ白になった。

姑は母の病名まで他人に…



さらに続けて、


「お母さんのことも心配だろうけど、
お姑さんやお舅さんのことも放ったらかしにしたらあかんよ」

「あんたは嫁いできた身なんやから、
自分の親よりも嫁ぎ先の親をちゃんと世話せんとな」と…



今の状況を知っておきながら、
それでもなお、実親より義親を…?


生死の境をさまよった実母や
独り暮らしとなっている実父を放っておいて、

元気な義両親のお世話…?



その言葉にどう答えたのか
全く記憶にない…

ただ、虚しさと疲労感だけが残った…




今、外を覗くと
しんしんと雪が降りしきり…

明日の朝は一面の銀世界、

娘はさぞ喜ぶことだろうと思うと、
こちらまで嬉しい気持ちになる。


明日は電車で病院に向かうことになるだろう。


でも、のんびりと雪景色を楽しみながら
娘と主人と一緒に電車に乗ることもめったにない経験…



各地で雪の被害が
これ以上出ないことを祈りつつ…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




診察結果…

今日の午後、
降園前に幼稚園で
保護者の集まりがあるため、

午前中に病院へ行って
今帰って来た。



母は今日も機嫌よく
リハビリに励んでいて、

「昨日、初めて平行棒を持ちながら
3歩歩けた」と

子どものように喜んでいた…




その一方で昨日、
自身の診察に行って来た父に、

(過去記事→ ほっとして気が抜けた、のではなく… )

診察結果を尋ねると…



以前に比べて血糖値が高くなっていて
きちんと薬を飲み続けるよう厳しく注意を受けた、と…


このままいくと
「糖尿病」という診断名をつけなくてはいけなくなる、とも言われたそう…




父の実兄、私の伯父は長年糖尿病を患い、
インスリン注射が必要なほどの状況だったけれど、

一念発起して食事療法を徹底し、
医師も驚くほど回復…


今もその食事療法を続けながら
元気に過ごしているが、

やはり慣れるまで
その食事を食べる伯父も
作る伯母も大変だったことを、

父もよく知っているだけに
今のうちに何とかしたい、という思いが強く…


伯父にその食事療法について
詳しく聞いてみると意気込んでいた…




そろそろ幼稚園へ…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

ほっとして気が抜けた、のではなく…

今日もきれいな青空。

それでも日に日に
朝の気温が低くなってきているのが
良く分かる。

週末はこの冬最強の寒波到来とか…

娘は今から雪が積もった時のことを
色々と想像しては期待を膨らませている…



昨日も母はとても調子が良く、
たくさん話し、しっかりと食事も摂れていた。

リハビリも言語、日常動作、歩行、の3種類が
本格的に始まった。



順調な母とは対照的に…

父の体調がいまひとつ…

ほっとしたら気が抜けた、と
本人は言っていたけれど…



よく聞けば、

もともと血糖値が高めの父、
ゆるめのお薬を飲んでいるのだけれど、

そのお薬をここ一週間ほど
切らしていて飲めていない、と…



今日は、父は母のところに行かずに、
かかりつけ医に行くことに…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR