時の流れ…

今日で2月も終わり…

今年に入って
すでに2カ月が経とうとしているなど、

とても信じられない…



逆に、母の様子を見ると、

昨年12月8日に病院に運ばれてから
3ヶ月も経っていないことに驚いてしまう…



救急車で病院へ運ばれ
一命をとりとめて頂いたものの、

生死の淵をさまよっていたあの頃からは
まだ2ヶ月と少し…


今では、左手足の麻痺や
朦朧としていた意識も記憶も回復し、

自分で車いすから立ち上がって、
歩行器に移り、

歩行器を使って廊下を歩き
エレベーターに乗り、

リハビリルームまで行けるようになった…



いよいよ今週日曜日には
入院して以来初めての外出、

3時間程度ながら帰宅することになっている。



介護タクシーの手配を考えていることを、
リハビリの先生に母が話すと、

家の車でも大丈夫だと思うから
一度練習してみよう、とおっしゃって下さった、と…


今日、午前中のリハビリ時間に
車の乗り降りを試すことになっている。



珍しく朝早くに母から、

「おはよう、良いお天気ね!
忙しいところ申し訳ないけど、
今日の車の乗り降り、お願いね」と、

嬉しそうに電話がかかってきた…


母の元気な声に
こちらまで明るい気持ちに。









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

そうは言うけれど…

今日もきれいな青空が広がり、
気持ちの良い朝…



昨日、プールから帰った娘に
姑から荷物が届いたことを伝えると、

一瞬驚いた後、
複雑な表情をした娘…


主人はその娘の様子に気付くことなく、
ほぼ反射的に、


「やっとお袋からのランドセル届いたか!
何色だろうなぁ」と…



主人の言葉を聞いて
さらに表情が曇った娘は、

箱を開けようとしなかった…



結局、待ちきれなくなった主人が
箱を開けてみると…


側面の刺繍や
内ポケットの色が違うけれど、

全体的には同じような色合いのランドセル…



「これならどちらを背負ってても
一緒だなぁ」

「お袋にはうまいこと言っておくから、
心配するな」と主人は言うけれど…



娘の様子を見て、

姑がランドセルを送った、と
連絡してきた時に、

そもそも、きちんとその時点で
主人に話して、

返品しておいてもらえば良かった、と…


そうすれば娘も
こんな思いをすることはなかったのに…



おそらく娘は
このランドセルを背負うことはないだろう…

どうしたものだろう、と思いつつ、
そっと箱に戻した…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

姑からの荷物…

今日も良いお天気、
広がる青空が気持ち良く…

今日も主人と娘は
プールへ行っている。



昨日は家族そろって病院へ。


「おばあちゃんに
ランドセルを見せたい」と、

娘が真っ新なランドセルを背負って
病室に入ると…



母は驚きながらも
とても喜んで、

「入学式の頃には
おばあちゃんも退院できているように
リハビリ頑張るね」と…


娘は母にとっても
元気の素…




今から1時間ほど前に、
娘宛に大きな荷物が届いた…


送り主は姑…

品名は書かれていないけれど、
おそらくランドセル…



主人と娘の帰りを待ちながら
気持ちが落ち着かず…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

心待ちに…

今日も朝から良いお天気。

娘と主人は
朝早くからプールへ。

お昼から家族そろって
病院へ行く予定に…



昨日、病院に行くと
母はすごく嬉しそうに、


「3月の初めは
温かくて良いお天気が続くって」と。



そう、母の一時外出を
3月5日(日)に予定していて、

いよいよ来週末のこととなり、
母は指折り数えて心待ちにしているのだった…



晴れてくれれば
一番だけれど、

少なくとも雨が降らないことを祈る…










ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

久しぶりの再会…

今日は朝から良いお天気、
広がる青空が眩しい…



一昨日は娘の生活発表会もあって、
実家にも病院にも行かなかったため、

昨日は早めに実家に行こうと…


娘を幼稚園に送って
そのまま向かう予定にしていたけれど、

父に頼まれていた物を
忘れてきたことに気付き、

いったん家に戻った…



荷物を取りに入って
戸締りをチェックして出ようとしたその時、

玄関の扉をノックする音が聞こえ…



身動きひとつできずにいると、


「ゆみちゃん、いる?〇〇です」と、


あの懐かしい声…



そう、あの引越しの時にお世話になった、
高校時代の同級生の声だった…

(過去記事→ 持つべきものは… )



いつもこちらが辛い時やしんどい時に
不意に連絡をくれる彼女…


母のことがあってから
一度も連絡を取り合っていなかったことに

はっと気づいた…



彼女も予定と予定の隙をぬって
立ち寄ってくれたため、

お互いに時間もなく
玄関先で立ち話…



彼女はまた今春に
引っ越すのだそう…



お義父様だけでなく、

お義母様も日常生活に
お手伝いが必要な状態になりつつあって、

同居も可能な家に転居する、と…



「義両親のこと、引越しのこと等、
色々あって心身共に疲れている」と

言いながらも、


「同一市内でのお引越しだから
もともと費用は大きくはないんだけど、

やっぱりあの引越の一括見積もり、
すごくってね、

びっくりするほど
費用を抑えられたのよー」と


いつもながらに
明るい笑顔を見せた彼女…



楽しい時間は
あっと言う間に過ぎてしまうもので、

名残を惜しみつつも、

また今度は時間を合わせて
ゆっくり話そうね、と…




実家に向かいつつ、

ふと、我が家の引っ越しも、
彼女のおかげで
驚くほど費用を抑えられたことを思い出していた…



いつか引越す時のために
備忘録として…

無料の引越し一括見積もり →  引越し価格ガイド












ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

まったく言う必要のない話…

昨日からの雨が残り、
朝方は激しい雨音に驚いたほどだった…



昨日は幼稚園最後の生活発表会…



歌も劇も合奏も
子どもたちの緊張感や一生懸命さが
ひしひしと伝わってきて、

胸が熱くなり
色々な想いが溢れて涙が止まらなかった…



緊張した表情をしながらも
堂々と歌い台詞を言い大太鼓を叩いた娘…


全てのプログラムが終わって
退場する時の、

ほっとしながらも満足そうな表情が
何とも言えず…


娘の成長に
心の底から感謝…




発表後、いつも噂話をしてくる
娘の同級生のお祖母様が、


「お義母さま、呼んであげなかったのかい」
「こんな素晴らしい発表会をみられないなんて」と…



おっしゃる通りではあるけれど、
この時点でまったく言う必要のない話…



良い気はしなかったけれど
それよりも感動の方が大きく、

あまり記憶がないけれど
ろくに返事もせずに聞き流したように思う…




昨日は父から、

「家も病院も来なくて良い」
「○○ちゃんの発表会を楽しんできて」と

何度も言われていたため、
実家も病院もお休みに…



通常の降園時間にお迎えに行き、
帰りに娘のお気に入りのドーナツを買いこみ、

娘と一緒に生活発表会の動画を見ながら
色々と解説をしてもらい…


久しぶりにゆったりのんびり…


幸せなひと時に感謝…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

とても考えられない姿…

今朝も青空が広がり、

寒さは厳しいけれど
気持ちの良い朝に。


最近、毎日のように
メジロが庭にやってくる。


娘が途切れることのないように、

熟れすぎた柿や
半分残しておいたミカンを

忘れずに置いているからだろうと思う。


可愛いメジロの声と姿に
娘も私も思わず笑顔に。



今日は幼稚園最後の生活発表会。


楽器での合奏もあって、
娘は大太鼓を一人で担当するとのこと…



担任の先生の話によると、

大太鼓の希望者が多く、
実際にそれぞれが曲に合わせて叩いてみて、

みんなでそれを聞いて
上手だと思う人に手を挙げる形で、

選んでもらったのだそう…



選ばれたことにも驚いたけれど…

それよりも、そもそも、

一人で演奏する大太鼓を
娘が希望したこと、

他にも希望する人がたくさんいたのに
そこで手を引かなかったことに、

ただただ驚いた…


これまでの娘からは
とても考えられない姿だった…



発表がとても楽しみである一方で、
何故か私まで緊張している…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

物忘れ…

今朝は久しぶりに
ぐっと冷え込んで、

早朝には小雪も舞っていた…



昨日、病院へ行くと、

テーブルに向かって
何かを書きこんでいる母…



覗き込むと”外出届”…

すでに、3月5日(日)、と、
母の字で書きこまれていた…



驚いて母に尋ねると、


「昨日の夕方、お父さんに電話して、
相談して決めたのよ、ね」


と、父の方をくるっと振り向いた母は
満面の笑みを浮かべていた…



いつもなら何かあれば、

些細なことであっても
すぐに連絡をしてくる父だけれど、

今回は何も聞いていなかった…



3月の週末は今のところ
こちらはいつでも大丈夫、と

父には伝えてあったけれど…



実家の片付けや
食事の準備をしていた時も、

父からはその話が
一切出なかったことも気になって、

父に冗談っぽく、


「昨日の夕方決まってたのね、
教えてくれないとー」と言うと、


「あれ、電話したやろ?」と父…



思わず、携帯の着信を見たけれど
履歴もなく…

父に伝えると、


「あれ、そやったかいな…」と…



私自身も物忘れが多く、
とても父のことを
とやかく言えた立場ではないけれど…


少し気にかかった…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

納得したと思っていたけれど…

今日は冷え込みもなく
穏やかな朝。

午後にかけて
下り坂の予報、

雨が上がると
また寒くなるそう…



昨日の夕方、

注文していたランドセルが
お店に届いた、と連絡があり、

家族そろって受取りに向かった。



数日前にお店から、
納品が少し遅れそう、との連絡があり、

今週末の受取りは難しいと思う、と
娘に伝えてあったため、

届いたとの連絡があった時は
一人飛び跳ねて喜んでいた娘だったけれど…



お店に向かう車中では
妙に神妙な面持ち…


尋ねてみても
理由はよくわからなかった…



売り場に着いて、
お店の方が、中身の確認を、と
見せて下さった時に、



「あーよかった!私が欲しかった色!」と、

ほっとしたような表情をした娘…




そう…

本当に自分が選んだ色のランドセルが
届いているのか、

姑がランドセルを買ったとも聞いていたから
不安だったのだろう…

(過去記事→ どうしてこうも… )


あの時にきちんと説明して
娘も納得したと思っていたけれど…



娘には申し訳なく思いつつも、


受け取ったランドセルの箱を
ぎゅっと抱きしめてにこにこしている娘の姿が

ただただ愛おしかった。









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

こちらも一人…

今日は朝から
とても良いお天気が続いていて、

青空が心地良く…



今朝は家の用事をささっと済ませ、
早めに娘と二人で出発…


というのも、
母が大好きなチョコレートケーキを
買いに行くために…



意識がまだはっきりしていなかった頃から、
時々ふと思い出したように、


「あそこのチョコレートケーキ、
美味しかったよね」

「また食べたいわ」と言っていた母…



しばらく聞いていなかったのだけれど、
先日、話をしていた時に、


「また退院したら、

あそこに一緒にランチに行って
あのケーキ食べようね」と…



以前、母と一緒に行った時に
あまりの美しさに撮った写真を、

思わず探した…

brunbrun



見た瞬間に、

退院してからと言わずとも
食事制限は何もないのだから
今すぐ届けよう、と…



母にそのケーキを手渡すと、
初めはとても驚いた様子だったけれど、

次第に笑顔が溢れ、


「すごく嬉しい、ありがとう」と


何度も何度も繰り返していた…



昼食後すぐだったため、

もう少しお腹を空かせてから
ゆっくり頂くわ、と言っていた母…


そろそろおやつ時、
食べている頃だろうか…


母の嬉しそうな笑顔を思い出して、
こちらも一人笑顔に…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR