次に待ち受ける山…

今朝は朝から青空が広がり、
真夏のような日差し…



昨日、実家からの帰りに、

義両親がともにお世話になっている
病院へ立ち寄った…



舅はいつもと同じように
私の顔を見ると少し表情が緩んだけれど…



姑は私が病室に入った瞬間に
目を閉じて眠りについたようだった…


看護師さんの話によると、

姑は昨日になって
簡単な受け答えができていたそう…


姑も大きな山をひとまず越えた…



ただ、大腿骨を骨折しているため、
運動機能の回復が
今後の大きな課題になる、とのこと…


次に待ち受ける山も
厳しい道のりに…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

今度は母が…

今朝は日が差していたけれど
お昼前に激しい雷雨、

今はまた晴れ間がのぞき…

ここ数日、
不安定なお天気が続いている…



昨夕、父から電話があり、

母が庭で転倒、
立ち上がらせることができない、

意識もあり、骨折もしていない、
救急車を呼ぶほどではないと思う、と…



慌てて実家へ向かった…
向かう途中の記憶が全くない…



実家に着くと、

母はリビングのソファに深く座って
保冷材をタオルにくるんだものを首にあてて、
身体を冷やしていた…



父の話によると、
お隣の奥様が気付いて
旦那様が母を引き起こして下さったそう…



今回は父がすぐに母の転倒に気付き、
お隣のご夫婦が助けて下さって、
大事に至らなかったけれど…


もし打ち所が悪かったら…

お隣のご夫婦が
気付いていなかったら、
とてもこの暑い中…







応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

事故…

先週金曜日の夕方、
主人から電話がかかってきて、

姑がバイクで転倒して
病院に運ばれた、と…



娘と二人、病院に駆けつけると、
主人も義妹もすでに着いていて、

その深刻な表情を見ただけで
厳しい状況であることがすぐにわかった…



母、舅に続いて
姑まで…

祈るほかなかった…



昨日も一昨日も
状態は変わらなかったけれど、

少し前に主人から
意識が戻ったと連絡があり…



「良かった」と言った瞬間、
ぽろぽろと涙が落ちた…







応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

そうであれば良いけれど…

今日は朝から、

曇ったと思ったら
かっと日差しが照り付けたり…

不思議な空模様…



一昨日の姑からの留守電メッセージが
頭から離れず、

(過去記事→ 姑の不満や愚痴… )


一昨日の夜は帰りが遅く
話さえできなかった主人に、

昨夜、実際に聞いてもらった…



主人は時々眉間にしわを寄せながら
黙って聞いていたけれど、

聞き終わると
「意味がわからない」と一言…



姑には愚痴や不満、不安を
吐き出す場所がないのでは…と
主人に言うと、

「〇〇(義妹)とはよく連絡をとってるみたいだから大丈夫」と…



そうであれば良いけれど…








応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

姑の不満や愚痴…

今朝早く
急に雨が強く降ったけれど、

今は青空が広がって
真夏のような日差しに…



昨日、家に帰ると、

留守番電話に
姑からメッセージが入っていた…



「あなたのご両親から
お中元のお礼状が届いていたけど…」

「お母さま、もうきちんと文字も書けるのね、
びっくりしたわ」

「それに比べてうちのお父さんは…」


その後、延々と舅に対する不満や愚痴が
吹き込まれていた…



病人に対しての言葉とは思えない
暴言の数々に、
怒りを覚えたけれど、

その一方で、

その言葉の奥にある
姑の孤独を垣間見た気がした…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

察するに余りある…

今朝は雲が多めの空、
午後からは雨の予報とあって、

朝から蒸し暑く…



昨日、予定通り母の診察に
父と一緒に付き添った。



CT検査の結果、

手術の経過は順調で、
クリッピングした部分も
コイルを詰めた部分も問題なし、とのこと…



三人でほっと胸をなでおろしたけれど、
それもつかの間のこと、

一つ気になる点として
脳室が大きくなっていること、が挙げられた…



年齢的もしくは今回の病気のために
脳が委縮、または、

病気の影響で
脳の水分調整機能が低下し
水分が溜まった状態、という

どちらかの可能性が考えられるそう…



どちらにせよ、
日常生活に支障がない場合、
対処の必要はない(正確には対処法がない)、

万が一、今後状態が進行する場合、
認知、排せつ、歩行に障害が出てくるため、

その時には対処を検討する必要がある、とのこと…



それを聞いた母は
しばらく身動き一つせず遠くを見つめていた…



9月に再びCT検査と診察の予約を入れて頂き、
その時の結果を見て考えることになったけれど、

母のショックの大きさは
察するに余りあり…







応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

早朝の電話…

今日は朝から
晴れ間が広がり、

すでに気温もぐっと上がっていて、
思わずエアコンをつけた…




今朝5時半過ぎに
携帯の着信音で飛び起きた…


電話は母からだった。


今日は診察の日で、
先日のCT検査の結果を聞くことになっている。



土曜日の夜に出た熱は
翌朝には下がっていたものの、

風邪の可能性も考えられたため、
念のため、日曜日と昨日は実家には行かなかった…



昨日、母には電話で

「もう熱も出てなくて元気だから大丈夫」
「診察には付き添うから安心して」と

何度も言ったのだけれど、

母は今朝の様子を聞こうと
電話をしてきたのだった…



こんな早い時間に…と母に言うと、
驚いたように、


「早くないでしょ、
もう7時半になるわよ」と…



おそらく時計の針を見間違えたのかと…


やんわりと母に今の時間を伝えると、
母はしばらく黙った後、

「ごめんね、こんな時間に」と…


胸が痛んだ…








応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

久しぶりの怒りと憎しみ…

今日も湿度が高く
蒸し暑い一日…

この時間になっても
エアコンを切って
少し動くと汗ばんでくる…




土曜日に家族そろって
実家へ行き、
その帰りに舅の病院へ…



舅は一般病棟に移ってからというもの、

娘の顔を見ると
明らかに表情がぱっと明るくなるようになった。


娘の存在を
舅は確実に認識している…

その舅の姿を見るたび
胸が詰まる…



主人も私も娘も
ほっとしたような嬉しい気持ちになりながら、
舅に話しかけていた時、

後ろから、


「あら、あなた達も来てたのね」と…



姑だった…



舅の回復ぶりが嬉しい、と
主人が姑に話すと、



「あら、そうかしら、
私には前からほとんど変わってるようには見えないけど」

「この状態ではねぇ…」と姑…




一瞬、その場の空気が
凍り付いたように感じた…



と同時に、またしても舅の目の前で
あんまりな言葉を吐いた姑に対して、

(過去記事→ 暴言に対して… )

久しぶりに怒りと憎しみの感情が沸き起こった…




しばらく黙っていた主人は静かに、

「そんなことはない、
あまり見舞いに来られてない俺でさえ
わかるほどに回復してるから」と姑に言った後、


舅に向かって

「今日は俺らはこれで帰るけど…
また来るから」と言って

病院を後にした…




冷静な主人とは対照的に、
その夜、 久しぶりに38度を越える熱が出た…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

制止と監視…

昨日の夕方は
突然の激しい雷雨…

夏の夕立のようだった…



昨日、母は数カ月ぶりに
脳のCTを撮るため病院へ。


造影剤を使っての検査だったため、
4時間前から絶食、

検査後に病院の喫茶で
サンドイッチと抹茶ラテを
母は美味しそうに頬張っていた…



その時に母が、

「お父さんと二人で家にいると
”制止”と”監視”ばっかり…」

「感謝しないといけないんだけど、
息が詰まりそうで」と…



台所で食事の準備をしていても、
部屋の片づけをしていても、

すぐに、

「何をしてる?」
「そんなことしなくて良い」
「後ですれば良い」と

父は言うらしい…



確かに母は梗塞予防のために
血液をさらさらにする薬を飲んでいて、

出血するとリスクが高いため、
怪我や打撲には十分注意をするよう、

医師からも重々言われている…



ただ、あれこれと家の中の行動にまで
制限をかけてしまうことは、

やはり身体能力や意識の低下につながりかねず…


父にはあまり口うるさく言わないように
言っているのだけど…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

手放しで喜ぶ主人…

大雨でご被災された皆さま方に
心よりお見舞い申し上げます。

行方のわからない方々のご無事と、
これ以上、被害が拡がらないことを
ただただお祈り申し上げます…



姑から実家に届いたお中元の話を、

(過去記事→ 姑からのお中元… )

一昨日は帰りが遅くて話せなかった主人に、
昨夜、話してみると、


「フラーズのクラフトビール!?」

「お袋にしては粋な選択だなぁ、
びっくりした」

「早く飲もうよ!」と…



手放しで喜ぶ主人に、
ただただ呆然とした…







応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR