この生活から解放されるなら…

今日は朝から雲が多く、

気温以上に肌寒く感じ
足先も冷たく…



昨日、このブログを書いた後に、

学生時代の同級生の彼女から
電話がかかってきて、

近くまで来たから
少しだけ立ち寄っても良いか、と…



彼女からあのメールを貰ってすぐに、

(過去記事→ やっぱり同居なんて… )

少しでも時間が出来れば会いたい、
いつでも良いから連絡してほしい、という
私からの返信を受け、

彼女はずっとそのタイミングを
計っていたのだそう…



もうあのメールから10日ほど…



我が家にやってきた彼女は
少し痩せて
以前のようなはつらつとした様子はなかった…




話を聞くと…


義両親と同居し始めて、
彼女が気兼ねなく自由に動ける時間は
ほぼ皆無…

ご主人がお休みの時ですら
彼女が出掛けるとなると
誰も良い顔をせず…


同居を始める前に、
介護保険のサービスを
義両親、ご主人とも確認し、

デイケアやデイサービス、
必要であればショートステイも利用して

自宅での介護の負担を極力減らす方向で
話が付いていたのだそうだけれど、

実際には、
義両親がそういうサービスを毛嫌いして
ほとんど利用していない、と…



自由に身動きの取れない
彼女の現状に…

かける言葉が何一つ
見つからなかった…



私の母はリハビリのために
週3回、半日、デイケアでお世話になっていて、

その間の時間と
私が実家に戻っている時間だけは、
父が自由に過ごせる時間となっているけれど、

やはりそれでも
父が不自由を感じることも多い…



彼女の場合、
さらにその相手が義理の両親であり…



彼女の口から、

「この生活から解放されるなら
離婚も…」と出たのも、

もっともなことだと思った…








応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

予想以上の言動に…

今日も青空が広がり
爽やかな朝。

日中はここ数日より
少し気温が上がり、
久しぶりに真夏日の予報…



昨日は家族そろって
実家と舅・姑それぞれの病院へ。


敬老の日を意識して
あの栗きんとんを注文したけれど、

(過去記事→ 催促するようなものでは… )

実際には10月にならないと
手元には届かないため…


近くの和菓子屋さんで
お菓子を選び、持参した。



娘が父にそのお菓子を手渡すと、
父も母も嬉しそうに中をのぞいて、

二人で顔を見合わせて
「これ美味しいのよね、ありがとう」と笑顔に…



一方、同じように
姑にも娘がそのお菓子を手渡したけれど…


姑はその紙袋を見ただけで、


「〇〇の〇〇ね…」

「昔は美味しかったんだけどねぇ」

「息子の代になってからは
味が落ちたから
ずいぶんと食べてないわ」

「あの栗きんとんももっと早く注文していれば、
この週末辺りに届いただろうに…」と…



何を持って行っても
何かしら言われることは覚悟していたけれど…





予想以上の言動に、

表情を曇らせた娘を見て
無性に腹が立った…







応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

少し考えれば…

台風一過、

今朝は青空がのぞき、
日中は良いお天気になるそう。

いつも通りに目が覚めたため、
すでに掃除も終えて
洗濯も2回目がまもなく終わる…



昨日は台風に備えて
一日、家にいたのだけれど、

夕方になって姑から主人に
電話がかかってきて、

しばらく押し問答を繰り返した後、

「ちょっとお袋の病院に行ってくる」とだけ言って

主人は不機嫌そうに出かけて行った…



ちょうどその頃には、
雨がざっと強く降り始め、
ひゅーという風の音も聞こえるようになっていたのに…


心配しながら娘と帰りを待っていると
1時間ほどで帰宅した主人…



やはり不機嫌そうに見えたため、
その時は詳しくは聞かなかったけれど、

娘が寝てから
主人の方から、

「お袋のわがままには
付き合い切れん…」と…



姑の電話の用件は、

台風が近付いているから
念のため懐中電灯を持ってきて欲しい、だったそう…



懐中電灯…?

姑は入院中で
それなりに大きな病院にいるため、

たとえ停電になったとしても
すべての電気が消えるわけではない…


それよりもむしろ、
雨風が強くなっている中、
わざわざ息子を呼びつける事の方が…



どちらも少し考えればわかること…


台風が近付いて
不安だったのだろうけれど、

あまりにも自己中心的な話に
眩暈がした…




それでも…

今日は敬老の日、
実家と病院へ行く予定に…







応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

あなたではない…

台風が近付き
暴風警報がこの辺りにも
出ているけれど、

まだそこまで風は強くなく
雨も降っていない…

このままあっさりと
通り抜けてくれることを祈るばかり…



昨日は家族そろって
舅と姑の病院へ行って来た。



姑は私の顔を見るなり、

「○○さん達にちゃんと送る手配できたかい?」と…

(過去記事→ 本当に気の利かない子ね… )



すると、主人がすかさず、

「きちんと送っておいたから」と

横から口をはさんだ…



発注したのは主人ではない…

それなのに
まるで自分でしたかのような話しぶり…

思わず主人の顔を
まじまじと見てしまった…



それを聞いた姑は

「やっぱりあなたは仕事が早いわねぇ」と

満足そうだった…








応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

思わずため息が出た…

台風18号の雨雲が
かかり始めたようで、

朝から雨が降ったりやんだり…


明日にかけてこの辺りも
大荒れの予報…

各地で被害が出ないことを祈る…



昨夜、いつもより帰りが遅かった主人、
3連休前で忙しかったのだろうかと思ったけれど…



「はい、これ」と
手渡された住所録…


聞くまでもなく、
義実家の住所録だった…



姑に頼まれていたことを
主人に伝えていたから、

(過去記事→ 本当に気の利かない子ね… )

昨夜、主人は義実家に立ち寄って
それを取って帰って来たのだけれど…



あの栗きんとんのお店のURLも
主人に伝えてあったのに、

(こちら→ 中島大祥堂 丹波本店



住所録を手渡されたということは、

その中から姑の言うお友達を探して、
発注しておくように、ということ…



大した手間ではないけれど、

個人情報の詰まった住所録を
開くことは気が進まず…




思わずため息が出た…







応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

本当に気の利かない子ね…

今日も気持ちの良い青空が
広がっているけれど、

朝方は足元が寒くて
目が覚めたほどだった…


季節の変わり目、
体調に気を付けないと…



昨日は実家と病院へ。


父と母に、あの栗きんとんを
予約したことを伝えると、

(過去記事→ 催促するようなものでは… )

二人ともとても喜んでくれたけれど…



姑はお礼の一つもなく
「あら、そう」と言った後、

「お寺さんとあなたの実家にも送ったわよね?」と…



そんな話は一言も聞いていない…



実家だけ送ったとなると
事がややこしくなることは明らか…

「いえ」とだけ答えると、


「本当に気の利かない子ね…」と

姑は大きくため息をついてから、


「あと、〇〇さんと〇〇さんにも送って頂戴」
「住所は家の電話の横にかけてある住所録にあるから」と…



姑の言動には閉口するばかり…



そもそも私は義実家の鍵を預かっていない…

姑には言わなかったけれど、
あとは主人に全て任せることに…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

催促するようなものでは…

今日も青空が広がり、
爽やかなお天気が気持ち良く…

今朝はバルコニーの上で
花を開いた朝顔…

asagao

朝日に輝くその花びらが
とても素敵に見えた…



昨日は実家にも病院にも行かず、
久しぶりに部屋の掃除・片付けに励んだ。


シンクの下や食器棚の奥の方、
洗面台の下など、

買い置きしてある物をチェックし、
しばらく使っていない物は
思い切って廃棄することに…


整理整頓のために
収納カゴや仕切り板のような物が欲しくなり、
久しぶりに無印良品、ニトリ、ダイソーにも足を運んだ。


結局、予算的にダイソーの
スクエア収納ボックス等々を買いこんで、

満足な買い物に
気持ち晴れやかに帰宅すると…




姑から留守電に、


「もうすぐ敬老の日でしょう?」

「中島大祥堂の栗きんとん、
もうそろそろ予約が始まってると思うから、
よろしくね」

「敬老の日には届かないんじゃないかと思うけど」と…



中島大祥堂の栗きんとん…



毎年、秋になると
姑が取り寄せているもので、

以前、私の実家にも
送ってもらったことがあり、
父も母もお気に入りに…

私も初めて食べた時、
口に広がるシンプルな栗の美味しさに
ただただ驚いた栗きんとん…



ホームページのオンラインショップを見ると、
確かに秋季限定で予約販売が始まっていた。


こちら→ 中島大祥堂 丹波本店




贈り物というのは
本人から催促するようなものではないと思うけれど、

喜んでもらえるのであれば…


義実家用と実家用の2つを注文した…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

姑の言い分も…

今日は朝から
青空が広がり、

穏やかな日差しに
遅咲きの朝顔の花がきらり…

ほっとする…



昨日も実家へ行き、
帰りに舅、姑それぞれの病院へ…



姑の転院先の病院について、
担当の看護師さんから


「今朝、お義父さんと同じ病院であれば
今週末にも転院可能、と連絡があったのですが…」

「ただ、ご本人様が”絶対に嫌”とおっしゃってますし、
引き続き、他にもあたってみます」と…



先日同様、
昨日もあまり表情が冴えなかった舅…


低い天井に暗い照明、
いつも慌ただしい様子の看護師さん…

病院の雰囲気を見ても、
舅の最近の様子を見ても…



転院先が見つからず
困っている方も多い中、

何を贅沢な、と
言われるかもしれないけれど…


姑の言い分も
十分にわかる気がした…


他に転院先が見つかることを祈る…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

何を言ってるの…?

早朝、凄まじい雷雨で
目が覚めた…

恐ろしいほどの雨音に
主人も娘もいつもより早く起きてきた…


幸い娘が登校する頃は
それほど強くは降っておらず、

おそらくそれほど濡れることなく
学校に着けただろうと思う…



昨日、久しぶりに実家に行ってきた。

両親も愛犬も
いつも通り元気だったけれど…



母がふと、

「今度の土曜日もよろしくね」

「和尚さんが来られるのが11時半で、
〇〇さんは12時半にお料理持って来てくれるわ」と…



和尚さん…お料理…?



「何を言ってるの…?」と
思わず言ってしまいそうになったけれど…


おそらくお盆の時のことを
母は言っているのだ、と気付き、

ぐっと言葉を飲みこんだ…



「お盆はもう済んだよ」と言っても、
その話を続ける母…



父が我慢できずに
「何言うてるんや」と言ったのを遮るべく、

「お彼岸も和尚さん来られるの?」と
私が母に尋ねると、

そこで母も気付いたのか、

「お彼岸は来られないわよ」と言って、

それ以上その話に
触れることはなかった…




「時々、(母が)ちんぷんかんぷんなことを言う」と

父から聞いてはいたけれど、
目の当たりにすると…



せめて、間違えちゃった、勘違いしたわ、と
母自身が思っていてくれれば…と思いつつ、

それを本人に聞くことはできなかった…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

明日は我が身…

今日は雲が多く
日差しはないけれど、

空気がむっとして蒸し暑く…



昨日は家族で
舅、姑の病院へ行った…



娘の顔を見ても
いつもほど嬉しそうな表情を見せなかった舅…

その様子に病室を出るなり、
「おじいちゃん、今日はあんまり元気なかったね…」と娘…


主人も私も同じことを感じていた…

お昼過ぎに行ったため
眠いタイミングだったのかもしれないけれど、
やはり気に掛かる…



姑はいつもながら元気に、

リハビリのことや病院の食事のこと、
看護師さんや他の入院患者さんのことを、

あれこれ主人と娘に話していたけれど…



転院の話を主人がすると、
一気に怪訝な表情に・・・


「歩行器があれば歩けるようになったし、
退院して家からリハビリに通えば良いわ」と言って、

転院先の病院について
一切聞く耳を持とうともしなかった…



歩行器で歩けるようになった、
とは言っても、

到底、家事ができるわけではないし、
自分の身の回りのことでさえ
思うように出来る状態ではない…



現実的に考えて
今の状態では自宅に戻ることは難しいけれど、

万が一そうするしかなければ…



同級生の彼女の心配をしながら、
明日は我が身…とも…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR