そう思った途端…

朝から雲に覆われ
日差しもなく、

この時間になっても肌寒く…



昨日、姑が退院…

主人と一緒に
義妹の代わりに付き添った…



病室に迎えに行くと、
姑は私の顔をまじまじと見て、

「あんたかい」と言った後、
主人に義妹は来ないのかと尋ね、

主人が事情を説明すると、


「薄情な子だね…」

「こちらに連絡の一つ、
どうして出来ないのかねぇ」と…



入院費用の精算時には、
主人が、

「クレジットカードを忘れたから、
悪いけど立て替えておいてやってくれ」と…



クレジットカードを忘れた…?

財布は持ってるのに、
カードだけ忘れたなんてあり得ない…


最初からそのつもりだったんだろう…

そう思った途端、
吐き気がした…








応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

驚きもしない…

今日はすっきりと晴れて
とても良いお天気だけれど、

今朝はぐっと冷え込んで、

この時間になっても
部屋の中にいると、

上着を羽織っていて
ちょうど心地よいほど…


今日も朝顔が三輪、
今年はこれで見納めかもしれない。

asagao0929

毎日のように花を咲かせて
優しい気持ちにさせてくれたことに、
心から感謝…



今日、姑が転院する。



主人と義妹が
付き添うことになっていたけれど、

今朝になって
「仕事の都合がどうしてもつかない」と
義妹から連絡があり、

義妹に代わって
私が付き添うことに…



義妹はこういう人だと
どこかで思っているため、
驚きもしない…

むしろ、やっぱり、と…


心づもりはしていても、
気が重いことには
何の変わりもないけれど…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

難色を示した姑…

昨日の午後から
ぽつぽつと落ち始めた雨、

夜には本降りになり、
今は小雨に…


朝顔の花びらが
雨粒をはじいている…




明日、姑が転院する…
舅とは違うもう一つの病院へ…



一昨日、主人が
仕事帰りに姑の病院に寄って、
転院先について話し合い、

てっきりその場で
決まっていたのだと思っていたけれど…



昨夜、帰って来た主人が、

「お袋、やっと納得したよ」と…



話を聞くと、

一昨日の時点では
そのもう一つの病院でさえ
姑は難色を示していたのだとか…




さらに…

「あの栗きんとんの予約受付が
明日9月28日までだから、
〇〇さんと〇〇さんにも送っておいて、ってさ」と…


先日も追加で予約注文したのに…?
また別の友達にも…?
すでにかなりの金額に…

(過去記事→ 思わずため息が出た… )



再び、義実家の住所録を
主人から手渡され…


注文の締め切りは今日まで…
今から注文しておこうと思う…








応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

こわばった表情のまま…

今日は夕方から
雨が降るとの予報だけれど、

今のところきれいな青空が広がり、
雨が降るような気配すら感じられない…



昨日は父と一緒に
母の検査・診察の付き添いに…


2か月ぶりのCT検査…


前回の検査結果と比べて

(過去記事→ 察するに余りある… )

症状が良くなっているに
越したことはないけれど、

年齢的に考えても
おそらく回復は望めず、
悪化していないことを祈るばかりだった…



予約をしていても
30分以上待たされることも
珍しくない病院だけれど、

昨日は検査が終わって
脳外科に戻るとすぐに呼ばれ…


結果としては、
今のところ2か月前とは
ほぼ変わっていないと言って良い、と。


母はもちろん
父も私も胸をなで下ろしたけれど…


先生の話によると、

2か月で急激に変化するのは稀で、
万が一その場合、命も危うい状態、

一般的には年単位で
少しずつ症状が進んでいって、

それに伴って認知や排せつ、歩行に
障害が出てくる、とのこと…



年単位…

思わず母の方に目をやると、
こわばった表情のまま遠くを見つめていた…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

救いの手…

今朝もきれいな青空と
朝顔のお花が3輪、

朝方は寒いほどだったけれど、

今は温かな日差しが降り注ぎ
気持ちの良いお天気に…



昨夜は帰りが遅かった主人…


いつもならこういう時は
大した会話もなく、
夕食・お風呂を済ませ寝てしまうのだけれど、

昨日は帰ってくるなり、


「もう一つの病院が今週末に
空きが出るって!」と…



夕方に姑の病院から
留守電が入っていたそうで、

気が付いたのが遅かったため
折り返し連絡はできておらず、

詳しいことはわからないけれど…



タイムリミットが迫る中、
救いの手に心から感謝…

(過去記事→ 迫るタイムリミット… )








応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

心にのしかかった言葉…

今日もきれいな青空が広がり、
日差したっぷり明るい朝…

日中は30度を越えてくる予報に…



昨日は家族で実家へ行き、
両親と一緒にお墓参りに行った。


母は何度も主人に向かって、
「本当にいつもありがとう」と繰り返し…


「こちらはゆみ子に来てもらって
とても助かってるんだけど…」

「家のことに何か不都合は出てないかと…
何かあったら気を遣わずに言って下さいね」


「〇〇のご両親(義両親)にも
ご迷惑をおかけしてるでしょう…
ごめんなさいね」

「くれぐれもよろしくお伝えください」とも…



帰り際には、
母はわざわざ私を呼び止めて、


「○○のご両親ももうお年だし、

これまで嫌な思いも
してきてるだろうけど、

優しくしてあげなくちゃだめよ」と…



その言葉が
ずしんと心にのしかかった…








応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

もうすぐ退院…

良くない夢を見て、

いつも通りの時間に
目が覚めた朝…


思わず庭を見ると、

青空が広がり、
陽の光を浴びて
ピンクの朝顔が二輪…

穏やかな朝にほっとした…



昨日、家族で
義実家のお墓参りに行った。


周りのお墓は
きれいなお花が供えられていたけれど、

義実家のお墓は
お供えは一つもなく
小さな雑草まで生えていた…


主人はお墓を掃除し、
娘と私はその草を引いた…



お参りを済ませた頃に
ご住職がいらっしゃって、


「お母さま、もうすぐ退院だそうで…
おめでとうございます」と…



主人も私も
一瞬その場に凍り付いてしまった…



「まだ何も決まっていないのですが…
誰がそんなことを…?」と

主人が尋ねると、
今度はご住職の方が驚かれて、


「先日(姑)ご本人様から、
お電話を頂いたもので、てっきり…」

「それは大変失礼致しました」と…




そう言えば…

主人が住所録を取りに
義実家に戻った時に、

(過去記事→ 思わずため息が出た… )

ご近所の方にも
同じようなことを言われた、と…



こちらもおそらく姑自身が
その方本人か他のご近所の方に…







応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

無責任すぎる発言…

朝から雲が多く、
一度晴れ間も見えたけれど、

今はまた一面雲に覆われている…



少し前に、姑の転院について
主人が呼びかけて、

兄弟妹でラインのグループ通話を使って
話し合いをしていたのだけれど…



主人の話によると…


もし仮に舅がお世話になっている病院以外に
転院できる病院がない場合、

舅の病院へ転院という選択肢しかない、と
考える主人に対して、

義弟・義妹は、
姑本人の意思を尊重して、

他の病院が空くまで
いったん自宅へ戻って
通院リハビリに通う方が良い、と…



姑の今の状態では
とても一人で自宅で生活することなど出来ない。

歩行器で歩いているとはいえ、
何をするにしても介助が必要なのに…


義弟は近くにいないし、
義妹はフルタイムで仕事、

主人も日中は当然出勤しているわけで…



無責任すぎる発言に
主人も頭に来て通話を終了、

「話にならない…」と…








応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

迫るタイムリミット…

起きた時は日も差していたけれど、
今は空一面に雲…

これから少しずつ
天気は下り坂のよう…



昨日は両親とお墓参りに行き、
帰りに舅、姑それぞれの病院に立ち寄った。



姑は私の顔を見ると、
「やっと来たわね」と呟いた後、

矢継ぎ早に、


「もうお墓の掃除には行った?」

「お彼岸なんだから
お仏壇にもちゃんとお供えして頂戴ね」

「本当なら毎日お水とごはんを
あげに行くべきなのに…」

「そう言えばそろそろ
○○ちゃん(娘)も運動会なんじゃないの?」

「動画撮っておいてよ」

「そうそう、〇〇さんがね、
今年も栗きんとん楽しみにしてるって」と


長々と一人で話し続けていた…




ところが、看護師さんが来られて、
転院の件について話をされると、

全く口を開かず
眉間にしわを寄せたままだんまり…




病室を出てから
看護師さんに話を聞くと…


やはり舅がお世話になっている病院しか
今のところ空きがなく、

もう一つ、あたって下さっている病院があって、
そこの返事が週明けの予定、

その返事を待って
最終的に本人と家族が判断をすることになる、と…



タイムリミットが迫っている…








応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

いいかげん…

今日は青空が広がり、

この時間になると
肌寒さもなくなり、

朝日に光る朝顔の花に
思わず笑み…



昨日、実家に行くと、
母はまだデイケアから帰っておらず、

父と二人、昼食を食べていると、


「今朝、お母さんまた転んでな」と父…


その後にデイケアに行っているのだから
大したことではなかったのは
明らかだったけれど、

それでも動揺した…



父の話によると、

玄関で運動靴を履こうとかがんだ時に、
そのまま前に
手と膝をつく形になって、

自力で立ち上がることができなかったそう…


父が手伝って
下駄箱につかまらせて
何とか立ち上がれたそうだけれど…




「やっぱりまだ”一人で買い物に行く”
なんて考えられんな」と

父はため息交じりに言った…




母は疲れてくると
足先が上がりにくくなり、

普段以上に躓きやすくなる…


握力も以前と比べると弱いままで、
シルバーカーに荷物が入ると、

その重さでカートに引きずられるように
歩いているのが現状…


まだまだ一人で外出など…




それでも、退院してから
3カ月以上が経ち、

母自身は、体力も付いてきて
もっとあれこれ自分でやりたいと思う気持ちが強く…



”私は何も出来ない”と何もしないより、

積極的に挑戦していこうとする姿勢は
とても大事だけれど、

病前のように振る舞うことは
今の筋力では難しく…



気持ちだけが空回りしてしまわないよう、
でも、やる気を殺いでしまわぬよう…


いいかげん(良い加減)はとても難しい…









応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR