頭が真っ白に…

昨日は台風が戻って来たのかと
思うほどの強い風に驚いたけれど、

今日はきれいに晴れ渡り
きりっと冷え込んだ朝に…



昨日、実家に行ったものの
体調がいまひとつで、
両親と昼食を食べた後すぐに実家を出た…

途中で何度も休憩をとりながら帰宅…



今朝はずいぶんと落ち着いたけれど、

娘を見送った後
今日はゆっくりしておこう、と思っていた矢先、

家の電話が鳴った…



留守電に切り替わると
やはり姑の声…



「私、もう退院しても大丈夫だと思う」

「〇〇(主人)もそう言ってたし」

「担当の看護師さんにも
もう退院したいって言っておいたわ」と…



頭が真っ白になった…

いまだに何も考えられず、
動く気にもなれない…







連日たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

いっそのこと…

昨日は台風が近付くにつれ、
お昼頃から雨が強まったものの、

その前の週ほどの
強い風は吹かず…


今朝は雲もきれて、

この時間になって
たっぷりの日差し…

ほっとする…



昨日、主人と娘は
久しぶりにプールへ。

その間、私は前日の疲れもあって
ゆっくりしていたのだれど…



家の電話が鳴って
留守電に切り替わると、姑の声…


「豆果とまめしょこらは
まだなの!?」

「この週末に届くって言ってたじゃない!」…



姑の言う通り、
本来なら土曜日に届く予定だった…

(過去記事→ その気もないくせに… )


ところが、
姑が急に外出することとなり、
土曜日は受け取ることができず…


日曜日の午前中に
再配達をお願いして、

午後に主人が
姑の元に届けに行く予定だった…



いっそのこと
何かの手違いで届かなければ良いのに…


そんな意地悪な考えが
すっと浮かんでくることが

自分自身でも怖かった…




もちろんきちんとお昼前には
綺麗に包装されたお菓子が届き、

主人と娘が姑に届けに行ったのだけれど…







後になりましたが…

昨日のブログにも、
たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございました。
心より御礼申し上げます。



応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




言いたい放題…

今は雨が上がっているけれど、

台風が徐々に近付き
午後にはまた強い風雨になるそう…

各地で被害が拡がりませんよう…



昨日、姑が入院以来初めて
義実家に戻った…

夕方には病院へ戻るよう
看護師さんから言われていたため、
6時間ほどの外出…


姑は終始ご機嫌で
とても嬉しそうだったけれど…



車の中から
義実家が見えてきた瞬間から、

「生垣が伸びてるから
天気の良い時に切ってちょうだい」

「年末になる前に
〇〇さん(剪定業者の方)にも来てもらって」…



庭を見ては、
その前日に主人が
草引きしていたにもかかわらず、

「これでも草引きしてるの?」…



玄関に入ると、

「あら、お花きれいね、
でも、この花あんまり好きじゃないのよね」

「玄関の隅に埃がたまってるわよ」

「お父さんの靴、
こんなにもう必要ないだろうねぇ」…



1階の部屋をくまなく見て回り、
一部屋ごとにあれこれと指摘…



「上の部屋も見に行きたいんだけど」と
姑は言ったけれど、

階段は危ないから、と主人が引き止め、

やっとリビングのソファに
座ったと思ったら…



「こんな柔らかい椅子じゃ
一人で立てないじゃない」

「肘置きの付いた
どっしりとした椅子を買っておいてちょうだい」…



昼食はお寿司、と
姑本人から言われていたため、

いつもお願いしている
お寿司屋さんに届けて頂いたけれど、
それに対しても、

「味が落ちたわねぇ…」と…



病院を出てから、
指摘や不満、愚痴、批判ばかり、
言いたい放題…


数カ月ぶりに帰宅して
姑なりに嬉しくて
興奮した結果なのかもしれないけれど…



聞き流してはいたものの
恐ろしく疲れた6時間だった…







応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

病院へ向かう前に…

朝から雨、
この週末も台風の影響が…

各地で被害が出ないことを
祈るばかり…


今日は、姑が入院してから
初めての外出…


朝早くから家族で義実家へ向かい、
姑を迎えるために大掃除、

お仏壇にお花やごはん等を供え、
玄関にもお花を生けた…


雨の中、主人は雨合羽を着て
草を引いていた…


今から病院へ向かう…






応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

心の中で一人…

今日も朝から
きれいな青空が広がっている。

気温も上がるとの予報を見て
カーテンを洗濯した…



昨日は、主人から姑への届け物を
頼まれていたため、
舅姑それぞれの病院へ行った…


久しぶりに会う舅は
いつもより表情が固く、

こちらの呼びかけや話にも
あまり反応がないように感じた…

気のせいであれば良いのだけれど…



姑は廊下で
他の患者さんと話していたけれど、

私を見付けるなり、


「土曜日に家に帰るから
かばんに荷物を詰めて頂戴」と…



外出の許可をもらって
嬉しいのはわかるけれど…

(過去記事→ どうぞご勝手に… )


あくまで数時間だけの”外出”であって、
”外泊”でも退院でもないのに、

これもあれも、と
次から次へと荷物を手渡す姑…


何も言うまいと
渡されるままに鞄に入れた…



出来上がった
2、3泊可能な荷物を見て、
姑自身も、

「さすがにこんなに要らないわね」と…



それを聞いて
心の中で一人にやりとしてしまった…







応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

考えただけで…

朝から晴れて
青空が心地良く…

今日、遠足予定の娘は
絶好のお天気に
大喜びで出かけて行った。



昨日、実家に行くと
母が嬉しそうに、

「昨日も一人で買い物に行ったのよ」と…


これまでのことを考えても
父がそんなことを許すとは思えず…

(過去記事→ 言葉が出てこなかった… )



母に経緯を聞くと、

「買い物に行きたいと
お父さんに言ってもね、
すぐ”行かんで良い”と言われるから…」

「最近はお父さんが出掛けてる間に
買い物に行くのよ」と

無邪気に嬉しそうに話す母…



近くのスーパーやドラッグストアに
行くためには、

少なくとも横断歩道を
渡る必要があり、

俊敏に動くことのできない
母にとっては
やはり危険と言わざるを得ない…


お店までの歩道も
平たんではあるけれど、

道が古いために
シルバーカーが引っかかるような
凹凸があるような道路…



転倒してしまうと
自力で立ち上がることが難しい母が
一人でその道を往復しているなど、

考えただけで…






連日たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
改めて心より御礼申し上げます。



応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

どうぞご勝手に…

昨夜からの雨は上がったけれど、

空一面に雲が広がり
寒い朝…

リビングにいても
台所の片づけをしていても
足元が冷えてきて、

あの冷え取り靴下を
慌てて履いた…

(過去記事→ 選ばれし人…? )




昨夜、帰宅した主人が、

「お袋、自分で外出届を出したらしくて…」

「家族の方と一緒だったらOK、
と言われたって」と…



一瞬、言葉が出なかったけれど、

良く考えてみると、

杖を使ってずいぶんと
歩くことができるようになっているから、

驚くようなことではなく…




けれど、主人の口から

「早速、次の土曜日に
家を見に帰りたいってさ」と聞いた時、

虫唾が走った…



どうぞご勝手に…

そんな言葉までふと頭に浮かんだ…





連日たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
改めて心より御礼申し上げます。



応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

姑と同じだと…

今朝も雲が多いながらも
雲間から日差しが…

明るい光にほっとする…



昨日、ブログを書いたすぐ後に、
電話がかかってきて
留守電に切り替わると、

姑の声で、

「もう出掛けてるのかい?
ほんとに毎日毎日…」と…


そのまま電話には出ずに
横で聞いていると、


「家の様子が気になるから
この留守電を聞いたらすぐに
見に行ってきてよ」

「どうせまだ見に行ってないんでしょ」

「あなたわかってるくせに
言われないと動かないものね」

「暗くなってからじゃわからないから早くね」と…




姑の言うように、
台風後、留守宅の様子を
見に行くことは当然だと思うし、

そう言われる前から、
実家に向かう時に
先に義実家の様子を見てから
行こうと思っていたのだけれど…



姑からのその電話を聞いて、

一瞬、見に行くのを
本気でやめようと思った…


すぐに、そんな大人げない行動は
姑と同じだと自分に言い聞かせ、

義実家へ向かったけれど…



おかげさまで、
木々の葉が散らかっている程度で
特に異状はなく、

その旨を姑と主人に
メールで送っておいた…

姑からの留守電は
まだ聞いていないかのように…


その後、何の連絡もない…






昨日のブログにも、 
たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございました。
重ねて心より御礼申し上げます。



応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




不安だったのかもしれないけれど…

台風が通り過ぎ、
今は雨も上がっている…

昨夜はあまりにも激しい風雨に
身の危険を感じた…

川の氾濫や地滑り等のニュース、
避難に関する情報が入るたびに、
けたたましく鳴る携帯のアラーム音…

とても寝ることはできなかった…

各地でこれ以上
被害が拡がらないことを
心から祈る…




今朝はいつもより早く
出勤しなくてはならなかった主人、

台風のこともあったけれど
私が起きているから、と
先に休んでもらった…


携帯のアラーム音が
あまりにも頻繁に鳴るため
リビングに置いて行ったのだけれど…



0時を過ぎて
風雨の激しさが増した頃、
主人の携帯に着信…


反射的に画面を見ると、
電話の主は姑だった…



とっくに病院の消灯時間は過ぎているし、
こんな時間に
携帯可のラウンジに一人で…?

まさか病室からかけているのでは…


このまま電話に出ずに放置しては
色々な意味でいけないように思えて、

覚悟を決めて電話に出た…




「どうして、あんたが出るんだい」

「〇〇はこんな(台風で)大変な時に
何をやってるの?」

「寝てる!?
いつ避難しなくちゃいけなくなるかわからないのに?」

「あんたもしっかりしなさいよ!
家の主をこんな時に寝かせたらだめでしょう?」


次から次へとまくし立てた姑…



ひと段落した時に
電話の用件をやんわりと尋ねると、


「そうそう、そうだったわ、
台風前にうちの家と畑を
見に行ってくれたかしら?」と…


土曜日の雨が降り始める前に
主人が見に行っていた、と伝えると、

姑は「あらそう」と嬉しそうに言って、
さらに、


「そうそう、もうひとつ、
豆果とまめしょこらはもう届いた?」と…

(過去記事→ その気もないくせに… )


「届くのは次の週末です」と
さらっと答えたものの…




そもそもどちらの件も、

台風が最接近している深夜に
わざわざ電話をかけてくるような話ではなく…


台風が近付いて風も強まり
不安だったのかもしれない、と
思う気持ちがないわけではないけれど…





後になりましたが…
先日のブログに
たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございました。

本当にとても嬉しかったです…
心より御礼申し上げます。



応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

気が抜けて…

今、雨は上がっているけれど、
台風の雨雲が近付いていると…

とても強い台風とのこと…

各地で被害が出ないことを
心から祈る…



昨日、病院へ行った…


問診の後、
マンモグラフィ検査を受け、
待つこと数時間…


緊張して診察室に入ると、

すでにたくさんの患者さんを
診察されているにもかかわらず、
にこやかで穏やかな雰囲気の女医さん…



私の顔を見るなり
にこっと笑って、

「マンモグラフィの方は
異状ありませんでしたよ」

「エコーでも見てみましょう」と…



それだけで
肩の力がふっと抜けた…



エコーを見ながら
丁寧に説明をして下さって、


「これは脂肪腫と呼ばれるもので
悪性のものではありませんよ」と…



無意識に
ふぅと大きく息を吐いていた…



「気になるところがあった時に
こうやってすぐに受診することが
とても大事なんです」

「長らくお待たせして申し訳ないですが、
また何かあれば来てくださいね」と

笑顔で見送って下さった先生…



家の玄関に入った途端、
気が抜けて涙がぽろぽろと落ちた…



紹介状を書いて下さった先生、
検査・診察をして下さった先生方に、
心から感謝…







応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR