無機質で冷たい口調…

今日は朝から良いお天気、

青空が広がり
日差しが眩しく…



昨日は舅の病院へ…


先週末は姑が外出したり
私自身が体調を崩してしまい、
病院には来られなかったため、

久しぶりに舅に会ったのだけれど…


いつもほど反応がなく…

目もしっかりと開き
眠そうでもなく、
こちらを見ているのに…



担当の看護師さんを探して
話を聞くと、

「いつもこうですよ」と…


その無機質で冷たい口調に
ぞっとした…


舅はこのままこの病院にいて
少しでも回復する可能性があるのだろうか…

とてもそんな光は感じられない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
心より御礼申し上げます。

応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

無性に情けなく悲しくなって…

雨は夜のうちに上がり、

起きた頃は
まだ雲が多かったけれど、

この時間になって
少しずつ日差しも…



昨日、実家へ行くと
母が私の顔を見るなり、

「何かあった?」と…


何もないこともないけれど、

(過去記事→ 慣れという感覚の麻痺… )

自分自身ではそこまで
重く受け止めているつもりはなく、
母にそう言われて驚いた…



楽しい話を、と
お歳暮や個展を観に行く話をすると、

(過去記事→ 一瞬一瞬の今を… )


「何もこんな人の多い時期に
出掛けなくても良いかなとも思ったりしてね」と母…



てっきり母も出掛けることを
楽しみにしているものだと思っていたのに…



やんわりとそれを伝えて、

出掛けることが大変であれば
代わりに私がお歳暮の発注を、と言うと、


「本当は行きたいのよ、
でも、あなたも忙しいでしょ…」と…



私に気を遣って
母は「出かけなくても良い」と…?



その時は笑って、

「何を言ってるのよ」
「私も一緒に出掛けるのを楽しみにしてるんだから」

「予定通りお歳暮は来週、
個展は再来週に行こうよ」と

努めて明るく言ったけれど…



実家を後にして
家に向かう途中、

無性に情けなく悲しくなって、
車を停めて声を上げて泣いた…








連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

慣れという感覚の麻痺…

今日は朝から
どんよりとした曇り空、
時々ぱらぱらと雨が落ち…

一雨ごとに秋が深まる…



今朝、娘を見送って家に入ると、
ちょうど姑から電話が…


いつも通り電話には出ずに
留守電に吹き込まれたメッセージを聞くと…



「今年のお歳暮も
本当はデパートであれこれ見たいんだけどねぇ」

「今年は中島大祥堂さんのお菓子を
送ることにするわ」


「あの住所録に
お歳暮を贈る人にはチェックをつけてあって
金額も書いてあるから」

(過去記事→ 思わずため息が出た… )

「それを見て今月中ごろまでには
注文しておいてね」


「この時期なら
送料無料の詰合せがあるだろうから、
その中から選んでちょうだい」


「分かってると思うけど、
お寺さんの分は直接持って行くから
絶対に向こうには送らないでよ」と…



ああ、またか…

腹が立つこともなく、
いらいらすることもなく…


慣れという感覚の麻痺…


一昨日の母からの連絡もあり、
ただただ、もうお歳暮を手配する時期なんだ、と。




義実家の住所録は
主人に返したため手元にはなく、

今は注文できないけれど
中島大祥堂のお菓子が気になって
オンラインショップを見てみると…


こちら→ 中島大祥堂 丹波本店



姑の言う通り、
お歳暮用に送料無料のものも…

1万円以上注文すると
先着100名で”まめしょこら”のプレゼントもあるとか…

どうせ注文しないといけないのだから
早めにしてしまおうと思った…






連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
とても嬉しいです…
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

一瞬一瞬の今を…

今日も良いお天気、

部屋の中は肌寒いけれど、
庭に出ると日差しが温かく
ほっとする…



昨日もあまり体調が優れず、
一日、家で過ごし、

そのおかげか
今日はずいぶんと復調したものの、
あえてゆっくり過ごしている…



昨日のお昼過ぎに
母から連絡があって、


「お歳暮の手配をしたいから、
また都合の良い時に
百貨店へ付き合ってくれないかしら?」と…



ついこの前、
お中元の手配に行ったような気がするけれど…

(過去記事→ 複雑な想い… )

もう4か月以上も前の話なのだと
改めて時の流れに驚くばかり…



以前、母がまだ入院中に
外出許可をもらって観に行った、
知人の個展も、

(過去記事→ 心底思った… )

秋の個展として
今月の下旬に1週間ほど開かれるそう…



「お天気や体調次第ではあるけれど、
どちらもぜひ行こうね」と

母と約束し電話を置いた…




こうやって母と一緒に
出掛けることができるのは
あとどれぐらいなのだろう…

不意に頭をよぎった…



悲しくもあり
寂しくもあるけれど、

一瞬一瞬の今を大切に…

そんな気持ちになった…










連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
皆さまの応援に励まされ、
今があります…
改めて心より御礼申し上げます。




応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

たった数時間なのに…

今朝もとても良いお天気、
青空が眩しい…



一昨日、急きょ一時外出で
帰宅することとなった姑…


病院に行くと
準備万端で待ち構えていた姑は、

「遅いわねぇ」とぶつぶつ言いながら
車に乗り込み、

「まずはお墓参りね」と…



そんな話は主人も聞いておらず、
また次で良いじゃないか、という
主人の言葉に姑は全く聞く耳持たず…



近くのスーパーで
お花やお線香等を買ってお寺へ…


お墓の掃除をしていると
雨がぽつぽつと降り始め、

姑と娘は屋根のあるところへ、
主人と私は掃除を続け…



お墓参りを済ませて
義実家に向かおうとすると今度は、

「今日のお昼は
〇〇へ食べに行きたいわ」と姑…



主人が前もって、
姑の大好物の鰻重を
届けてもらうようお願いしていたため、

それを主人が姑に話して
「○○へは次の時に」と言うと…


姑はまるで子どものように
不機嫌極まりない表情を浮かべて
黙り込んだ…




たった数時間の間のことだったのに、

そういう考えられない言動が
ここに書き切れないほど多く…




雨にあたって
身体が冷えたせいか、
昨日は一日微熱が続き、

心身ともに動ける状態ではなかった…








連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
とても励まされています…
重ねて御礼申し上げます。



応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

幸せな時間など…

今朝は薄い雲がかかっているけれど
やわらかな日差し、

ここ数日と比べると
少し冷え込みも緩んで、

ほっとする…



昨日は娘と二人で実家へ。


天気も良くて
そろそろ紅葉もきれいだから、と

みんなで近くの神社まで
お散歩に行った…



きれいな青空と紅葉の下、
両親と娘が一緒に歩く姿を、

後ろから眺めているだけで
涙がぽろぽろと落ちた…



父も母も、娘と一緒になって
どんぐりや紅葉した葉っぱを拾ったり、
松ぼっくりを探したり…

帰りは母の提案で
少し遠回りをして近くの喫茶店へ。


母と娘はパフェを、
父も珍しくアイスクリームを頬張り、
みんな嬉しそうな笑顔…



思っていたよりも
長時間のお散歩になったけれど、

父も母も、もちろん娘も私も、
とても楽しく幸せな時間に…



帰り際に、

「また一緒にお散歩行こうね!」と

娘が言うと、
父も母も顔をくしゃくしゃにして喜んでいた…




娘と二人、幸せな気持ちで
家に帰ると、


「明日、お袋がまた外出したいってさ」と主人…




幸せな時間など続かない…

一気に現実に引き戻された…






連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
とても嬉しいです…
心より御礼申し上げます。



応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

血は争えず…

今日も朝から青空が広がり、
気持ちの良いお天気。

これから娘と二人で
久しぶりに実家に向かう予定だけれど…



今朝起きると
深夜に義妹からメール…


「身内が困って
恥を忍んで頼んでるのに、
助けてあげようとも思わないなんて…」

「人でなし…」…



またこんな言葉を
投げかけられるとは…

(過去記事→ 恩知らずの人でなし… )


血は争えず…







連日たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

何故かこちらの方が…

今朝もきれいな青空が広がり、
日向の温かさが心地良く…

もう今年も残すところ
2カ月を切り…

母が病院に運ばれたのが
去年12月初旬のこと、
もうあと1か月で一年…

時の流れにはっとする…



昨日、義妹からメールが届いた。

普段、ほとんど連絡してこないため、
どうしたのだろうと思ったら…


「勝手言って悪いんだけど、
お兄ちゃん(主人)には内緒で
3万円だけ貸して貰いたいです」

「先月子どもが体調崩して休んでたから
お給料が少なくて」と…



こういうことは初めて、

おそらく義妹も困って
連絡してきたのだろうとは思うけれど…



これまでの彼女の
信じられない言動の数々が
思い返されて、

(過去記事→ 可哀想と言うなら… )

主人に内緒にして
お金を貸す、など到底考えられず…


それはできないという旨、
返信したけれど…



何故かこちらの方が
悪いことをしているかのように
落ち着かない…







連日、本当にたくさんの
拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。

皆さまの応援が
心の支えの一つになっています…
心より御礼申し上げます。



応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

同居だけは…

今朝もとても良いお天気、
青空がきれい…

この時間になっても
部屋の中は冷えきったまま。

足元が冷たくて
思わずリビングのホットカーペットをつけた…



昨夜、主人に
姑からの留守電を聞いてもらった・・・

(過去記事→ 頭が真っ白に… )


留守電の再生が
終わらないうちに、

「退院しても大丈夫、なんて
俺は一言も言ってない…」と

納得のいかない表情を浮かべた主人…


それを見てほっとしたけれど…


「でも、遅かれ早かれ
お袋も退院するし、

あの様子だと施設には入れないだろうし、
自宅に戻ることになるだろうなぁ」

「その時は介護サービスで足りない部分を
近くにいる俺らが手伝わないと、と思ってる」と…



週末は主人や義妹が手伝うことができても、
平日の日中に動けるのは私だけだから、

”俺ら”が動かないといけないことは
頭ではわかっているけれど、

当たり前のようにそう言われてしまうと
物凄く抵抗を感じてしまった…



さらに…

「同居した方が楽なら
それも一つの手だと思う」と主人…



同居した方が楽なら…?

これまでの経緯を考えても
そんなこと有り得ないし、

主人の口からそういう言葉が出ること自体、
全く理解できずショックだった…



たとえどんなに大変であっても
同居だけはしない…

静かに強く心に誓う…







連日たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
とても嬉しく、励まされています…
改めて心より御礼申し上げます。



応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR