咄嗟についた嘘…

今日は一日晴れとの予報も、

朝から雲が多く
日差しなく…



昨日、両親と一緒に
愛犬を迎えに行くと、

思っていた以上に元気で
興奮して大喜びする姿に

心底ほっとした…


普段なら一日中寝ているのだけれど、
昨日は落ち着かないのか、

家の中をうろうろと
私たちの後ろをついて回っていた…



しばらく姑からは連絡もなく、

愛犬のこともあって
姑のことなど
思い出しもしなかったけれど、

昨夜、主人が、


「お袋から連絡があって
もう普通食に戻ったってさ」

「悪いけど、明日の午前中に
チョコレートを持って行ってやってよ」

「土曜日まで待ってって言ったんだけど、
全然聞かないからさぁ…」と…



「明日も朝から
○○(愛犬)を病院に連れて行かないといけなくて」

「○○(娘)の帰りも早いから
病院には寄れそうにない」…


咄嗟についた嘘…



主人は素直にその言葉を受けて、

「ああ、それなら仕方ないな、
俺が帰りに病院に寄るよ」と…



胸が痛んだ…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
心の支えとなっています…
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

早く会いたい…

昨日の日中は、
午後に一瞬だけ
日が差したけれど、

それ以外の時間は
ほぼ雨模様だった…


ようやく今朝になって
所々に青空が見え、

時々差し込む陽の光に
ほっとする…



一昨日に続き昨日も、
愛犬を連れて病院へ…


抜歯はすぐに終わり、
麻酔から覚めるまでに
少し時間がかかると説明があったため、

一旦、実家に戻ったけれど…


待てども待てども
病院から連絡がなく…

悪い想像ばかりが膨らみ
不安な時間が続いた…


娘の帰宅時間が迫り
断腸の思いで帰宅…


夕食の準備をしていても
何をしていても手につかず心ここにあらず…



母から連絡があったのは
すっかり暗くなってからのこと、


「病院から連絡があって
やっと麻酔から覚めたそうよ」

「今日はこのまま入院して、
また明日の様子を見てから
連絡を下さることになったわ」

「今の様子だと明日の朝には
退院できるんじゃないかって」と…



思わず床にしゃがみ込んでしまった…


心配そうに顔を覗き込む娘に、
大丈夫だって、と目配せした途端、

ほっとして涙がぼろぼろと落ちた…




つい少し前に病院から連絡があって、
迎えに来てください、とのこと…

良かった、本当に良かった…

早く会いたい…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて重ねて御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

姑の声を聞いた瞬間…

昨夜遅くから雨が降り始め、
今朝もしっかりと降り続いている…

今日は一日雨の予報…



昨日、愛犬を病院へ連れて行き、
かかりつけの獣医さんに診て頂いた。



その結果、

歯周病が進行していて
奥歯近くの歯茎が壊死しかけている、

薬では対処できず
抜歯が必要、と…


全身麻酔をかけての抜歯、
かなりの高齢であるため
当然リスクも高くなる、という説明に、

胸が張り裂けそうな気持ちに…



しばらく黙っていた父も、

「それ以外には
方法がないのですね?」と確認した上で、

「よろしくお願いします」と…


今日の午後、
処置して頂くことになった…



こちらもそれなりの覚悟をしなくては、と
暗く重い気持ちで帰宅すると、

留守電のランプが点滅…



「あなた、毎日何してるの!?」という

ヒステリックな姑の声を聞いた瞬間、

その先も聞かずに
咄嗟に録音を消去していた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
皆さまの応援に日々励まして頂いています…
重ねて重ねて御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

高齢であることを考えると…

昨日の日中も
日差しに温もりを感じたけれど、

今日はさらに気温が上がるそう…


明日は終日雨の予報、
2回目の洗濯が終わるのを待っている…



昨日は体調も問題なく、
実家へと向かった。


実家の愛犬は昨年16歳を迎え、
元気ではあるけれど
一日の大半を眠っている…


それでも
私が着いたことに気が付けば、
玄関まで出迎えに来てくれる。


昨日も久しぶりに出迎えてくれて
嬉しそうに手をなめて大歓迎、

あまりの愛おしさに
幸せを感じていたけれど、

ふと手を見ると
うっすらとピンクがかっていて…


愛犬の口元をティッシュで拭いてやると、
やはり同じような色のものが…


食欲もあって
いつもと変わらない、と
父は言うけれど…



今日、これから実家へ向かって
病院へ連れて行くことになっている…


大したことでないことを祈りつつ…

高齢であることを考えると
あまり身体に負担がかかるようなことは…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて重ねて御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

身体の異変…

今日の日中は久しぶりに
気温が上がる予報だけれど、

やはり朝は冷え込んで
庭のバケツにも氷が…



一昨日の午後、
主人が舅と姑の病院へ行くと言うから、

娘も私も一緒に行くつもりで
出掛ける準備をしていたのだけれど…


家を出る時になって
急に酷く気分が悪くなり…

一人、家に残った…


しばらくソファで横になっていると
知らぬ間に寝てしまっていて、

目覚めた時には
気分の悪さもなくなっていた…



その時は、寝不足だったのか
疲れが溜まっていたのだろう、としか
思わなかったのだけれど…



昨日も病院に寄ってから
買い物に行く予定にしていたけれど、

一昨日と同様、
出掛ける間際になって
気分が悪くなり、頭痛も…


顔色も悪かったようで
主人の方から、

「今日も家でゆっくりしてた方が良いよ」

「買い物も帰りに寄ってくるし、
必要なものをメールかラインで送っておいて」と…


娘も心配そうに
「お母さん、ちゃんと寝ててね」と
念押ししてから出掛けて行った…


ところが、昨日も少し眠ると
ずいぶんと身体も楽になり、
買い物にも行けそうなほどに…



風邪気味でもなく
食事も睡眠もいつもと大きくは変わらない…

この身体の異変は何だろう…

思い当たるのは…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

身体が反射的に…

今日もとても良いお天気だけれど、

この時間になっても、
広がる青空からは
想像できないほどの寒さ…


「庭の氷、まだ残ってる!」と
娘は嬉しそうだけれど…



昨日、ブログを書いたすぐ後に、
姑から家に電話があった…



「どうして昨日は来なかったの?」

「お粥もしっかり食べられてるから
今日こそ、甘い物を持ってきてよ」と…



姑はもともと和洋問わず
甘い物が大好物だけれど…


原因不明の高熱以降、
しばらく食べられていないことの反動か、

口を開けば
”甘い物”と言っているように思う…



不憫に思う気持ちも
ないわけでないけれど、

それ以上に
はるかにおぞましく…


身体が反射的に拒否しているのが
自分自身でもわかった…


昨日も病院には行かなかった…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
皆さまの応援にとても力を頂いています…
重ねて重ねて御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

認知症の傾向…

今朝もぐんと冷え込んで
給湯器のモニターに雪のマークも…

問題なく使えて良かったけれど、

凍結に気を付けないといけないような
厳しい寒さであることは確か…


それでも
娘は家を出るなり、

「ほらお母さん、ここにも氷!」と

元気いっぱい、
きれいな青空の下、登校して行った。



昨日、実家に行くと、
母は私の顔を見るとすぐに、


「変なメールを送ってしまって…
びっくりしたでしょう、ごめんね」

(過去記事こちら→ 目を疑った… )


「ほんとダメね、
記憶力が落ちちゃって」

「勘違いとか思い込みも多くって」

「認知症が始まってるのかしら」と言ってうつむいた…




そうやってメールを送ったことや
その内容に間違いがあったこと等々、

自分自身の行動を覚えている時点で
認知症の傾向には合致しない…


母にもそのことを話すと、

「そうは言うけど、
やっぱり今回のことは
自分でもショックでね…」と言いながらも、

少しほっとした表情に…



帰りに舅や姑の病院に
寄るつもりだったけれど、

ぱらぱらと雪まじりの雨が
降り始めたため、
そのまま自宅へ帰った…


昨日は留守電は入っておらず…

妙にほっとした…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて重ねて御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

目を疑った…

今朝は空一面、
きれいな青空が広がっているけれど、

冷え込み厳しく
とても寒い朝…


庭のバケツにも
うっすらと氷が張っていた…



昨夜、母からメールが届き…


「明日はデイケアもないから、
○○ちゃん(娘)と遊びに来ませんか?」

「お正月に会った時、
また遊びに来たい、って言ってたでしょう」

「こちらでお昼ご飯を一緒に食べましょう」と…



一瞬、これはいつのメールだろう、と
目を疑った…



一昨日から3学期が始まって、
もちろん今日も娘は学校へ…



一昨日、娘の帰りが早いから
そちらには行けない、と連絡をして、

母も「わかった」と言っていたのだけれど…



今から実家に向かう…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

どっと疲れた…

昨日の夕方から
ぐっと冷え込み始めて、

今日はとても寒い朝に…


午後からは雪も、との予報に、
娘は小躍りしながら登校して行った…



昨日は始業式のため
娘の帰りも早く、

実家には行かず
舅、姑のそれぞれの病院へ…



舅は相変わらずの状態で、
ほとんど反応なく…

少し前まで、
娘や主人のことはもちろん、
私のことも認識できているのがわかったのに…



逆に、姑はすっかり
体調も戻ったようで、

私の顔を見るなり、

「今日こそ何か甘い物、
持ってきてくれた?」と

目を輝かせて聞いてきた…

(過去記事→ 主人もどうかしてる… )


食事の許可が出たのかと尋ねると、

「もうこんなに元気なんだから
大丈夫に決まってるじゃない」

「何も持ってきてないなら
売店でチョコレートか何か買ってきてよ」と…



許可が下りていないなら
そんなことは出来ない、と答えると、


「担当の看護婦には
早く許可を出すように何回も言ってるのよ!」

「ちょっと聞いてきてよ、
もうきっとOK出てるはずよ」と…



自分のことなのだから
自分で聞けば良いのに…



度々大したことでもない用事で
看護師さんを呼びつけているにもかかわらず、

こういう時だけ

「あの人たち(看護師さん)も忙しいから
ナースコールはなるべく使わない方が良いでしょ」など…



もうあれこれ話すのも面倒になり、
ナースステーションに行って尋ねてみると、


「点滴を減らして
徐々に食事に切り替えていくと
ドクターから連絡がありましたけど、

しばらく食べていませんし
お粥から少しずつ段階を上げていく形になります」と…


姑本人が甘い物を希望していることを話すと、

「急にそういう物を食べてしまうと
身体に負担がかかりますし、
絶対にやめてください」と

当然のお返事を頂き…


それを姑に伝えるだけ伝えて
そそくさと病院を後にした…


どっと疲れた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
皆様の応援が力になっています…
重ねて重ねて御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

主人もどうかしてる…

昨日は一日中
雨が降り続き、

今日の朝方に
ようやく上がったよう…


今朝はあまり冷え込んでいない。

今は雲の間から
日差しも…


娘の小学校は
今日が3学期の始業式、

たくさんの荷物を引っ提げて
娘は嬉しそうに登校して行った。



昨日、主人と娘は
プールの帰りに舅と姑の病院へ
寄ってから帰ってきたのだけれど…


ブログを書いた後すぐに
姑から家に電話があり、


「今日もみんなお休みなんでしょう?」

「早くいらっしゃいよ、
退屈で仕方がないんだから」

「無性に甘い物が食べたいから
こっそりケーキか何か持ってきてよ」等々、


延々と一人、
留守電に向かって話し続けていた…



帰って来た主人が不思議そうに、

「お袋から”甘い物を持ってきて”って
聞いてた?」と…



留守電を聞いてもらうと、

「なるほど、こういうことな」と笑って、

「俺に連絡くれてたら
何か買って持って行ってやったのに」と

冗談とは思えない真顔で言った主人…



姑も姑だけど
主人もどうかしてる…と思ったその時、

それを聞いていた娘が
すかさず、


「だめだよ、お父さん!」
「おばあちゃんまだ食べちゃ駄目なんでしょ?」と…



娘にたしなめられて
しょぼんとした主人の姿が
娘よりはるかに子どものように見えた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR