棘のある言葉…

今日は朝から雲が多く、

時々雲間から
日が差す程度…


寒くはないけれど
昨日ほど温かくもない…



昨夜、義妹から
電話がかかってきて、


「ゆみちゃん、ありがとう!」

「早速使わせてもらったんだけど…
これほんとやばい、凄いって!」

「すっと肌に入ってもっちりしっとり、
こんなの初めて、ほんと嬉しい!」と


興奮冷めやらぬ様子…



義妹が興奮していたのは、

先日、諸々の御礼にと
義妹に送った、

以前、義弟嫁に貰って
私も手離せなくなっている美容液…

(過去記事→ どうなることかと… )



「ゆみちゃんもこんな良いもの
知ってるなんてびっくりしたわ」と言われ、

義弟嫁に教えて貰ったことを
何の気なく話すと…



「またあの人…?」

「ほんと都会でのほほんと
良い暮らしして羨ましい限りだわ」と…



その棘のある言葉に、

義妹の義弟嫁への敵対心が
滲み出ているように思えた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

考えられなかった…

朝からきれいに晴れ渡って
見渡す限りの青空…


日差しの強さに、

桜の季節から新緑の季節への
移り変わりを感じる…



昨日のお昼前に
姑から携帯に着信があり、

どうしようか迷ったけれど
出てみると、

「ゲーム機の調子がおかしいから
見に来て頂戴」と…



出なければ良かったと
心底思ったけれど、

週末に私は一度も
行かなかったからと
自分に言い聞かせて、

義実家へと向かった…



結局、私が到着した時、
ゲームは何の問題もなく使えていて、

「あれこれ触っているうちに
元に戻ったわ」と姑…



唖然として
立ち尽くしてしまったけれど、

姑はそんなことにはお構いなしに、

「昨日の夜、
久しぶりにカレーを作ったから
一緒に食べましょ、美味しいわよ」と…



出されるがままに
カレーを頂いた後、

流しで片付けをしていると
姑がやって来て、


「ゆみちゃんも一緒に
ゲームやりましょうよ」

「案外面白いから」と…



そもそもゲームは
好きではないし、

まして姑と二人で
ゲームをするなど…


考えられなかった…



昨日は仕事があるからと断って
早々に帰宅したけれど…



今から思えば…

私はゲームはしないと
きっちりと言っておけば良かったと…


おそらくまた誘われるだろうから、
その時は…




今朝は早めに家を出て、

母の診察とトレーニングのため
実家に来ている…


今日は予約時間が
いつもより遅く、

これからクリニックへ…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

まるで子ども…

夜遅くまで
降り続いた雨も
ようやく上がって、

今朝はきれいな青空が
広がっている…


先週は冬のような寒さの日も
あったけれど、

今週は20度を越えて
春らしい陽気になるとか…


さすがにもう冬物を
片付けても大丈夫だろうか…



昨日、ブログを書いて
しばらくした頃に、

姑から主人に
電話がかかってきて、

ゲームの調子がおかしいから
見に来て欲しい、と…


主人はぶつぶつと
文句を言いながらも、

娘を誘って二人で
義実家へ向かった。



夕方になって
外が暗くなり始めても
帰って来ず…


いつ帰るのだろうと
主人の携帯に電話をかけると、

電話に出たのは娘…



「お父さん、おばあちゃんと
ゲームしてるよ」

「この勝負が終わったら帰るって」と…



帰ってきた二人に
ゲームの話を聞いてみると、

嬉しそうに生き生きと
目を輝かせて話をしたのは、

娘ではなく主人だった…



娘の話では、

姑がずいぶんと上手になっていて
主人と互角に勝負が出来るため、

負けた方が悔しくて
「もう一回だけ」を
何度も繰り返していたらしい…



良い年をした大人が
子どもの前で…


まるで子ども…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

夢中になっていたそう…

雨が降り始めた…


今日はこのまま
深夜まで降り続くとの予報…


今年は長らく
楽しませてもらった桜も
いよいよ…



昨日、主人はお昼前に
義実家から帰ってきて、

「スイッチはお袋が使うってさ」と

満面の笑み…



主人が義実家のテレビに
ゲームをつないで、

姑に操作方法を教えて
一緒に遊んでみたところ、

「これなら私にも出来るわ」と
姑も夢中になっていたそう…



姑にとっても
良い刺激になることだろうし、

義実家にあれば
娘だけでなく
義妹の子どもたちも遊べるし、

姑も孫たちと一緒に遊べたら
それほど嬉しいことはないだろう…



実際、姑も、

「○○ちゃんたちに負けないように
練習しておかないとね」と

張り切っていたとか…



ゲームの件は
ひとまずこれで…

ほっとした…




主人が持って行った
雑穀米入りのおにぎりも、

(過去記事→ 姑は何と言うのだろうか… )

姑は「美味しいわねぇ」と
機嫌よくぺろりと食べて、

「身体に良いなら
私の分も一緒に買っておいて」と

言っていたらしい…



以前、私が出した時は
手も付けなかったのに…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

何と言われようと…

朝から晴れ渡って
良いお天気、

気持ちの良い青空に
思わず深呼吸…


たっぷりの日差しが
とても眩しい…



休日の朝食は
いつもはパン食にしているのだけど…


昨夜の時点で
主人と娘から

「明日の朝も
今朝のおにぎりを作って」と…

(過去記事→ 姑は何と言うのだろうか… )


今朝も二人して
もりもりと驚くばかりの食べっぷりに、

雑穀米の種類、メーカーによって
これほどまでに違いがあるとは
改めて驚くばかり…



主人は少し前に一人で、

姑から貰ったゲーム機を持って
義実家へ向かったのだけれど…


「このおにぎりも
一つ持って行っても良いか?」

「美味しいし身体に良いなら
お袋にもぜひ」と…



主人はよほど
気に入ったのだろうけれど…


姑はまた”鳥のえさ”と
言うのだろうか…


何と言われようと
別に構わないけれど…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

姑は何と言うのだろうか…

きれいな青空が広がって、

昨日に比べると
かなり温かく
過ごしやすい朝…



今朝は初めて購入した
雑穀米を混ぜてご飯を炊き、

(こちらのものです→ 国産二十五雑穀米

シンプルな塩むすびを
作ったのだけれど…


娘が「美味しい美味しい」と
いつもの倍近くも食べ、

白米好きの主人も
「これはうまい」と次々に頬張り…


美味しいのは確かだけれど、

以前に試したものとは
あまりにも違う反応に、

朝から嬉しい驚きだった…



思い返せば
その”以前に試した”時は、

まだ義実家に
同居していた頃のこと…



義両親の昼食に
そのご飯を出すと、

姑は眉間にしわを寄せて、

「こんな鳥のえさみたいなものを
ご飯に混ぜるなんて非常識な」と言って

一切手を付けず、

冷凍保存していた白米を
自分で解凍して食べていたことを思い出す…



あの頃よりも
はるかに健康志向になっている姑…


今このおにぎりを
持って行ったら
何と言うのだろうか…


ふとそんなことを思った…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

目の前から消えて欲しい…

ようやく雨が上がった…

雲は多いものの
時々柔らかな日差しも…


気温はそれほど
下がっていないようだけれど、

外に出ると風が冷たくて、

部屋の中も
エアコンをつけていても
足元から冷えてくる…



昨日のお昼前、
姑から着信…


出ようかどうしようか
迷ったけれど、

仕事中だからと
自分の中で理由を付けて
出なかった…


その後、立て続けに2回、
電話がかかってきたけれど、

留守電に切り替わると
すぐに切れた。


急ぎの用件では
ないのだろうと判断し、
そのままにしておくと…



娘が帰って来たのを
見ていたかのように
姑から着信があり、

娘が出ると、


「あらー○○ちゃんおかえり!」

「今からおばあちゃん、
○○ちゃんのおうちに行っても良い?」

「渡したいものがあるのよ」と…



昼食の準備も出来ていたし
姑の来宅を避けるため、

慌てて娘から電話を代わって、

昼食後にこちらから
義実家に行くと返事をして

電話を切った…



昼食を済ませて
義実家に行くと、

「これ進級のお祝いに」と

姑が満面の笑みで
娘に手渡したプレゼントは…



ニンテンドースイッチ…
ゲーム機だった…



娘も私も言葉が出なかった…


入学前にもDSを貰ったけれど
ゲームはやらないからと返していたのに…

(過去記事→ 同じことを言ったとしても… )




昨日も娘は
「ゲームはしないから」と
言ったけれど…


「何を言ってるのよ、
今時の子どもはみんな
ゲーム大好きでしょ」

「○○ちゃんも少しぐらいしておかないと
お友達と仲良くなれないわよ」と姑…



何を言っているのだろう、この人は…


腹が立つ、よりも、

目の前で起こっていることが
現実のこととは思えなかった…



「(ゲームを)しないにしても
とりあえず持って帰って」と

姑は一歩も引かず、

それ以上話をするのも
億劫に思えて早々に引き上げた…

スイッチを持って…



主人はあきれ返って、

「売ってしまえば良い」と
吐き捨てるように言ったけれど…



ふと思いついたように、

「お袋が使えば良い、
暇を持て余してるし
ぼけ防止になるかも」と…



どういう理由でも良い…

早く目の前から
消えて欲しい…


その箱を見るたびに
何とも言えない気持ちになる…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

思いも寄らぬ提案…

昨夜から
雨が降り続いている…


昨日の午後、
娘と散歩に出た時は、

まだきれいに咲いていた桜も
さすがにこの雨では…



昨日は母の通院と
トレーニングの日、

今週、娘はお昼過ぎに
帰宅するため、

病院の送迎と付添のみで
実家に上がることなく
すぐに帰宅したのだけれど…



娘の方が少しだけ早く
帰り着いていて、

駐車場に入ってきた
私の車を見つけると、

にこにこしながら玄関前で
手を振っていた…



その姿が背格好も表情も
ずいぶんとお姉さんに見えて、

どきりとした…



昼食を食べている時に
ふと思いついたように、

「家の鍵、もうひとつある?」と娘…



あるけど、どうして、と
尋ねると、


「○○ちゃんのお母さんは
毎日お仕事に行ってるから、
学校に家の鍵を持って来ててね」

「帰ったら一人で
鍵を開けておうちに入るんだって」

「私も持っておいたら、
今日みたいにお母さんが
慌てて帰って来なくても
大丈夫かなと思って」と…



思いも寄らない
娘からの提案に

しばらく言葉が出なかった…



恐ろしい事件も多い中、

一人で鍵を開けて
留守番をさせることに
不安があるけれど…



私は外へ仕事に
出ているわけではなく、

今のところ両親も調子が良く、

娘が帰る頃には
家にいることが出来る…


実際には娘が鍵を開けて
家に入ることはほぼなく、

”念のため”として
娘に鍵を持たせても良いのでは…



そう思いつつも、

主人と相談してから
返事をしよう、と思った瞬間、


「お父さんと
相談しておいてね!」と娘…



娘の成長に
付いていけていない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

しょんぼりとした様子で…

今日もきれいな青空、

寒くもなく
気持ちの良いお天気…


昨日の午後、
ざっと雨が降ってから、

夜にかけて風が強く…


今朝は家の前にまで
桜の花びら…


一瞬、嬉しくなったけれど、

おそらく昨日の強風で
桜の花はずいぶんと
散ったのではないだろうかと…


娘が帰ったら
一緒にお散歩に出ようと思う…



昨日、学校から帰った娘は
しょんぼりした様子で、

「○○ちゃんとは
同じクラスになれなかった」と…


担任の先生は
今年、着任された先生で、

娘の話では若い方で
”優しそう”とのこと…


教室の場所や
席の近くの子どもたちのこと等、

しばらく話を聞いていると
娘の表情も次第に明るくなっていって、

こちらもほっとしていたのだけれど…



15時頃に姑から
電話がかかってきて、


「進級おめでとう!
もう3年生なんだねぇ」

「おばあちゃんも嬉しいわ」

「先生はどんな人?
仲良しのお友達とは同じクラス?」と


漏れ聞こえ…



どきりとして
娘の表情をそっと伺うと、

一瞬、帰宅時の
暗い表情を見せたけれど、

すぐににこっと笑って、

「○○ちゃんとは違うクラスだけど、
他にもお友達いっぱいいるよー」と…



余計な心配をするのではなく、

娘がまたこの一年
楽しく元気に過ごせることを

楽しみにしておこうと思った…






連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。



応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

すぐに何か…

昨夜からの雨も
朝には上がって、

きれいな青空が
広がっている…



小学校の春休みも終わって
今日から娘は3年生…

入学したのが
ついこの前のことのよう…


仲の良いお友達と
同じクラスが良いなぁと
出掛けたけれど…

娘の帰りが待ち遠しい。



昨日のお昼は

姑と義妹親子と
お料理屋さんでお花見食事会…


美味しいお料理に
見事な桜…


姑も孫たちに囲まれて
終始にこにこと幸せそうで、

とても和やかな時間だったけれど…



帰りがけに義妹から

「お肌、きれいになってるー!
あのオールインワン使い続けてくれてる?」と…

(過去記事→ 思ってもみなかった… )


朝だけ使っているけれど、
これを使い始めてから
肌の調子が良いのは確か…


改めて御礼を言うと、

「早く私にも
何か良いもの送ってね」と義妹…



先日、同じようなことを
義妹から言われた時、

(過去記事→ どう受け止めて良いのか… )

「そんなことしなくて良い」と
主人に言われ、

そのままにしていたのだけれど…


すぐに何か
送っておこうと思う…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR