輝いて見えた…

朝から雲が多く
晴れ間なく…


夕方から
雨が降り始め、

明日は一日雨の予報…



昨日ブログを書いたすぐ後に、
私の携帯に姑から着信…


娘が出ると、

「あら、○○ちゃん!
今日、おばあちゃんのところにいらっしゃいな」

「今日はね、
お昼にピザを注文してみたのよ」と…



また勝手に、という
気持ちより先に、

姑がピザを注文したことに
とても驚いた…



私の知る限り、

姑が宅配のピザを
注文したことはないし、

そもそもピザを
食べているところさえ
見たことがない…



ピザが大好きな娘は
とても喜んで、

「おばあちゃん、ありがとう!」と…



その後、家族そろって
義実家へ行くと…


娘が姑に、

「おばあちゃん、すごい!
注文できたんだね!」と…



どういうことだろうと思って
話を聞くと、

以前、ピザの折込広告を見ながら
姑が娘に、

「これは美味しいのかい」と
聞いたことがあり…


「とっても美味しいよ!
私、大好き!」と

娘が答えたものだから、

姑が注文の仕方を広告を見ながら
娘と一緒に”勉強した”のだそう…



「○○ちゃんのおかげよ」と

姑はとても嬉しそうで、

その得意げでもあり
少し照れたような表情が

きらきらと輝いて見えた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

悪いな、いつも…

昨日は日中も風が冷たく
寒い一日だったけれど、

今朝もずいぶんと
冷え込んでいる…


いつも通りの時間に
目が覚めて起きると、

リビングもすっかり
冷え切っていて、

思わずエアコンのリモコンに
手が伸びた…



昨日は家族で
近くのイオンモールへ。


主人と娘は
迷いなく本屋さんへ、

私は一人、
無印良品やニトリ等々
久しぶりにゆっくりと見て回った…


シンプルですっきりとした
デザインの雑貨を見ながら、

これならあの部屋に合うかも、
キッチンの整理に使えるかも、と
あれこれイメージしていると、

わくわくとしてきて
自然と気持ちが明るくなった…



帰り際、お花屋さんの前を通った時、
ふと主人が、

「そうか、もうすぐ母の日か、
お袋に何か準備しておかないとな」と…



その言葉を聞いて初めて、

主人にこの前の話を
していなかったことに気が付いた…

(過去記事→ 一秒でも早く… )



どう伝えたものかと思ったけれど、
あえてさらっと、

姑が食べたいと言っていたものを
すでに注文してある、と伝えると、

主人は驚いた顔をして、
「そうか、ありがとう」と言って、

しばらくしてから

「お袋がリクエストしてきたんだな…
悪いな、いつも」と…



詳しく話さずとも
主人に状況が伝わったこと、

そういう言葉が
自然と主人の口から出たことに、

驚きつつも
とても嬉しかった…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

いつも以上に…

昨夜はしっかりと
雨が降っていたけれど、

起きた時には
すっかり上がって
きれいな青空…


日差しもあるけれど、

久しぶりの風の冷たさに
はっとする…


今日から主人も娘も
長いお休みに…


特に予定もなく
どうしたものかと思うけれど、

この予定のない
のんびりとした感覚も
とても心地よく…


ゆったりとした朝、
この何気ない幸せに感謝する…



昨日の朝、
母から連絡があって、

父が風邪気味だと…


連休中はかかりつけの病院も
休診のため、

すぐに私も実家に向かい、
父を病院へ…



やはり病院も混んでいて
時間はかかったけれど…


父の症状も軽く、
念のためのお薬も
処方して頂いたこともあって、

父自身はもちろん、
母も私も安心して連休を迎えられた…



インフルエンザの患者数が
再び増えている、とのニュースを見た…


気温の変化も大きいこの時期、
いつも以上に気をつけなくては…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

声を上げて泣いた…

昨日からの雨も
ようやく上がったけれど、

どんよりとした雲が
今も広がっている…


明日からは
主人も娘も10連休…


主人の休みが
直前まではっきりしなかったため、

特別な予定は
何一つ入れておらず…


長い休みを
どう過ごしたものだろうか…



昨日、高校時代の
あの同級生からメールが届き、

「やっと退院できました」

「もう少し体調等、
落ち着いたら会いに行くね」

「早く会いたい!」と…



彼女が入院していることを
知ったのは、

去年の9月…

(過去記事→ 胸騒ぎがおさまらない… )


最後に連絡があったのは
年末のこと…


ずっと彼女のことが
いつもどこか頭にあって、

心配を打ち消すべく
回復を祈るばかりだったけれど…



何度も何度も
その短いメールを読み返して、

あまりの嬉しさと安堵感に
声を上げて泣いた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

一秒でも早く…

朝はしっかりと
雨が降っていたけれど、

今は雨も上がって
少し空も明るくなったように思う…


午後からは
また降るようだけれど…



昨日は母の通院とトレーニングに
付き添うため実家へ…


少し負荷を上げた
トレーニング内容に、

母は息を切らしながらも
充実感を滲ませ
楽しんでいるように見えた…



仕事も溜まりつつあり
早めに自宅に戻ると、

程なくして姑から
携帯に着信…


出たくない気持ちを
ぐっと抑えて、

あえて何も考えないようにして
電話に出た…



「忙しいところ悪いんだけど、
ちょっと探して欲しいものがあってね」

「前にお友達に頂いた
干し柿なんだけどね」

「普通のかちかちの
固いものじゃなくて」

「ふっくらとして
とろとろの大きなもので…」

「すごく有名な和歌山のって
言ってたと思うんだけど…」

「もう一度食べたいと
ずっと思ってるんだけど、
思い出せなくてね」と…



げんなりしたけれど、

目の前のパソコンで
検索してみると、

これと思われるものが
すぐに見つかった… → あんぽ柿



その特徴やお店の名前を
姑に伝えると、

「そう、それ!それよ!」
「嬉しい!ありがとう!」と興奮し、

「ほら、もうすぐ母の日でしょ?」

「何か考えてくれてるんだったら
それで良いんだけど、
もしまだなんだったら…」と…



開いた口が塞がらず、

前にもこんなことがあったようなと
しばらく呆然としたけれど…



一秒でも早く
電話を終わらせたくて、

「わかりました」と言うと同時に

電話を切って
注文も済ませた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

姑のその言葉を聞いて…

空全体に
薄い雲がかかっていて、

雲の加減で
日差しが強くなったり
弱くなったり…


明日からしばらく
すっきりしないお天気が続くとか…

暑さも少しは和らぐだろうか…



土曜日の夜、主人に、

日曜の午後に
美容院の予約をしてあるから
義実家には行かないでおこうと思う、と話すと、

主人は事も無げに

「向こう(義実家)で
昼を一緒に食べてから
直接向かえば良い」と…


姑は何と言うだろうかと
思いつつも、

主人、娘と一緒に私も
義実家へと向かった…



姑は娘から
手作りチーズケーキを受け取ると
目を細めて喜び、

娘だけでなく私にも
何度も御礼を言った…


その時に、昼食後に
予定があるため
先に帰ることを伝えると、

姑はにこにこと
「忙しいのに来てくれてありがとう」と
言ったのだけれど…



実際、昼食の片付けを終えて
義実家を後にしようと席を立つと、

姑も玄関先まで
ついてきて、


「こうやってみんなで集まるような時は
きちんと予定を調整するべきでしょ」

「休みの日に家族を放っておいて
個人的な予定なんて」と…



何かお祝い等で
集まる席であれば、

姑の言うように
予定を空けておくことは
当然のことだと思うけれど…



前日に急に
お寿司を注文しておいたからと
誘われても…



確かにその話を
聞いた時点で、

美容院の予約変更は
難しいことではなかったため、

心の中に
少し罪悪感があったけれど…



姑のその言葉を聞いて
その気持ちもすっかり消えた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

楽しみにしていた予定を…

薄雲がかかっているけれど、

空は明るく
時折日差しも…


日中は25度を越えて
夏日になるとの予報…


季節の移り変わりが早く、
心身ともについていけていない…



昨日の午後、
主人は義実家へ、

娘と私は家に残って、

何を作ろうかと
あれこれとレシピ本を見ながら相談し、

主人も娘も私も、そして姑も
大好きなチーズケーキを焼いた…



もうすぐ焼き上がる、
というタイミングで、

姑から携帯に着信があって
娘が出ると、


「○○ちゃん、おばあちゃんのために
お菓子を作ってくれてるんだって!?」

「ありがとう、優しい子だねぇ」

「何を作ってるんだい?
いや、やっぱり明日の楽しみにしておくわね」

「明日のお昼は
お寿司を届けてもらうから
みんなでいらっしゃいね」と…



一瞬、身体が固まった…



今日、私は義実家へ
行くつもりをしておらず、

午後には久しぶりに
美容院へ行こうと思い、

予約をしたところだった…



平日に行くことも出来るから
キャンセルしようと

一度は電話をとったけれど…



そのような理由で、

楽しみにしていた予定を
変更する気にはどうしてもなれず、

そっと電話を置いた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

表情が曇った…

すっきりと晴れて
見渡す限りの青空…


朝は少し冷え込んだけれど、
今は気温も上がってきて温かく、

日向は日差しが強くて
目を開けていられないほど…



主人と娘は久しぶりに
朝からプールに行っているのだけれど…


ちょうど二人が出掛けようと
玄関で靴を履いていた時に、

姑から主人の携帯に着信…



「今日、何時にこちらに来る?」と

側にいなくても
はっきりと姑の声が聞こえた…



今からプールに行くから
行くとしても昼食を食べてから、と
主人が答えると、

姑はしばらく不満そうに
あれこれと言っていたけれど、

「なるべく早くね」と
何度も念を押して電話は切れた…



それを横で聞いていた娘が

「私も行った方が良いんだよね?」と…



主人はきょとんとして

「行きたくなかったら
行かなくて良いけど…」

「何か予定でも?」と聞くと、

娘は私の方を見て、

「お母さんとお菓子作りの約束してるから」と…



この週末は久しぶりに
二人でケーキかクッキーか
何かスイーツを作ろう、と

昨日ちょうど話していたところだった…



主人はにこりと笑って

「先約優先、大事にしないとな」と…



主人のその言葉を聞いて
娘の表情が曇った…


そして、ぽつりと、

「明日、作ったお菓子を
おばあちゃんにも持って行ってあげたら良いかな」

「この週末に行くって
約束してたから」と…



娘は先日、姑と電話で話した時に
週末に遊びに来てね、と言われて、

(過去記事→ 偶然だとは思うけれど… )

娘自身は直接的には
「行く」とは言わなかったけれど、

本人の中では
それは”約束”であり”先約”だったのだ…



主人はそのことを知らなかったけれど、

「そら、○○が作ったお菓子を
持って行ったら、
おばあちゃんも大喜びに決まってる」

「ちゃんとそう伝えておくよ」と言うと、

娘はほっとしたように
いつもの笑顔に…



娘の成長を感じながら
こちらもその笑顔にほっとした…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

鮮やかに蘇った…

朝から薄い雲が広がって
日が照ったり陰ったり…


昨日の昼間は
気温がぐんと上がって
暑いほどだったけれど、

今日はずいぶんと
涼しく感じる…



昨日は母と百貨店へ…


お友達から素敵な
手作りのバッグを頂いたから
そのお返しを贈りたい、と…



その百貨店は
ターミナル駅に隣接していて、

桜の時期は過ぎたものの、
国内外からの旅行者で
ごった返していて、

母が誰かとぶつかりやしないかと
気が気でなかったけれど…



百貨店に来るのは
昨年のお歳暮以来だったこともあって、

母は目星をつけていたフロアを
ゆっくりと歩いて見て回り、


「これも良いわね」
「こっちにしようかしら」と

目を輝かせて
プレゼント選びを楽しんでいて、

横で見ている私も
嬉しくなった…



お昼は鉄板焼きのお店の前で
ふと足を止め、

「お好み焼きが食べたいわ」と…


父は粉ものと言われる食べ物が
あまり好きではなく、

「ずいぶんと食べてないから
急に食べたくなった」そう…



美味しいお好み焼きを
母と頬張りながら、


「あなたがまだ小学生だった頃は
よく作ったわねぇ」

「たこ焼きとかスパゲッティも
土曜日のお昼にね」と母…



土曜日、午前中で
授業が終わると、

今日の昼食は何だろうと
とてもわくわくして、

帰る道々
楽しみにしていた気持ちが

鮮やかに蘇った…



その頃の話をする母は
とても生き生きと嬉しそうで、

当時の母と何一つ変わらないように見えた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

偶然だとは思うけれど…

朝からきれいな青空…

晴れ渡って
気持ちの良いお天気…


家の中は
ひんやりとするけれど、

外の空気は温かく
春の陽気…



昨日は一日、
家から出ることなく
仕事をしていたのだけれど…


娘が帰宅すると、

ほぼ同時に
姑から携帯に着信…



娘と二人、驚きながらも、
娘が電話に出ると、


「○○ちゃん、おかえりなさい」

「今からこっちにいらっしゃいな、
おばあちゃんとゲームで遊びましょ」と…



宿題がたくさんあるから
今日は遊びに行けない、と

娘が丁寧に説明して断ると、


「残念だけど仕方ないわね、
また週末には来て頂戴ね」

「もっと練習しておくから」と


姑は終始機嫌よく…



電話を切った後、
娘がぽつりと、

「この前も学校から帰ってすぐに
おばあちゃんから電話があったよね」と…



確かにそう言われてみると…

(過去記事→ 目の前から消えて欲しい… )


偶然だとは思うけれど…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR