嫁と言う名の家政婦…

昨日は一日
雨が降ったり止んだり、

夜には時折
激しい雨音も…


起きた時には
上がっていたのだけれど、

この時間になって
また雨…



昨日も義妹から
メールがあって、

義実家の建て替えや
同居について、

「もう一度、ちゃんと考えてみてよ」

「どう考えても
ゆみちゃんにとっても
○○ちゃんにとっても、
良いことづくめだから」

「案ずるより産むが易しって
言うでしょ」

「今度はうまくいくわよ、
お母さんだって反省してるから」と…



子どものこと
一つをとっても、

姑が反省しているとは
とても思えない…



良いことづくめ、なのは、
私たちではなく…


嫁と言う名の
家政婦を得られる姑と、

年老いた母親と
適度な距離を置ける義妹だろう…



今度はうまくいく、など、

やってみたこともない者が
軽々しく言う言葉ではない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

そう思うのであれば…

厚い雲がかかって
今にも雨が降り出しそうな空…


午後から雨、との
予報だけれど…


冷え込みも緩んで
ずいぶんと過ごしやすい…



昨日の夜、義妹から
またメールが届いた…


義実家の離れを建て直して
私たち家族が同居する、という話を、

(過去記事→ 良い話だと… )

義妹も姑から
聞いたらしく、

「良い話だと思うよ」

「賃貸の狭い家より、
新しいきれいな家の方が良いでしょ」

「○○ちゃん(娘)だって
その方がのびのびと過ごせるわよ」

「お母さんだって
近くにお兄ちゃん達がいてくれたら
心強いし楽しいに決まってるから」と…



そう思うのであれば
義妹家族が義実家に住めば良い…



きれいな家や大きな家など
私には何の興味もない。


小さくて汚かろうと、

家族にとって
心休まる場所であるならば、

そこが一番、
幸せな家だと思う…


嫁姑がいがみ合うような家など…

子どもがのびのびと
過ごせるとは思えない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

心穏やかな時間…

今朝はきれいに晴れて
青空が広がっている…


温かい部屋の中からは
気持ち良さそうに見えるけれど、

一歩外に出ると、
とてもそうは思えない冷え込み…


日中は15度近くまで
気温が上がって
温かくなるようだけれど…



昨日は主人と娘と
ふらりと車で出掛け、

少し前に行った
山間にあるお蕎麦屋さんへ…

(過去記事→ 気持ちが乱れることも… )


すっかり木々は
葉を落として、

以前訪れた時とは
全く違う雰囲気…


冬枯れの景色もまた
趣があって素敵だった…


新蕎麦は香り高く
味わい豊かで、

とても美味しく…



町中とは違う
凛とした冷ややかな空気を
たっぷりと吸い込み、

美味しいものを頂いて、

心身ともに清められ
満たされたように感じた…



心穏やかな時間が
そこには流れていた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

嫁としてあるまじき行為…

雲の多い朝、
日差しは全くない…


朝の冷え込みはないけれど、

日中はあまり気温が上がらず、
寒い一日になるよう…



昨日は主人と娘が
出掛けた帰りに、

義実家に立ち寄って来たのだけれど…


ちょうど義妹と
その子どもたちも来ていて、

子どもたち同士は
庭を走り回って遊び、

それを姑はにこにこと
嬉しそうに眺めていたそう…



夜になって
義妹から私にメールが届き…


先日、姑が我が家に
来た時のことを、

(過去記事→ ほとんど押し込むようにして… )

あのような態度を取られて
姑は深く傷ついている、

嫁としてあるまじき行為、と
酷く咎める内容だった…



義妹の言いたいことも
よく分かる…


高齢の義母に対して
取るべき態度ではなかった、
配慮が足りなかったと、

私自身も後悔している…



それでも、
またあのような状況になった時に、

同じことはしない、とは
正直なところ言い切れない…


それほど
反射的な拒絶反応だった…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

ほとんど押し込むようにして…

雲の多い空、

ぐっと冷え込んで
寒い朝…


今年も残り半月…

年賀状や大掃除など
気持ちばかりが急く…



昨日の朝、
娘を見送った後、

家の前を掃いていたら…


姑がタクシーで
我が家にやって来た…



昨日は特に
予定はなかったけれど、

「ごめんなさい、
これから出掛けますので」と

無意識に口から出ていた…



「毎日毎日…
どこ行ってるんだかね」と

姑は呆れたように
言ったけれど、

聞こえないふりをして
用件を聞くと、

「また柿を貰ったから」と

姑は紙袋を差し出した…



御礼を言って受け取って、

待たせてあったタクシーまで
姑を見送りに行くと、

「あの葉酸のやつ飲んでるか?」

「早く病院にも行って
きちんとしないと」

「年内にちゃんと行かないと、
分かったね?」と…



主人と話しておく、とだけ言って
姑をタクシーの中に促した…

ほとんど押し込むようにして…



走り去るタクシーを眺めながら
ほっとすると同時に、

こんな罰当りなことを
反射的にしてしまったことに、

虚しさが募るばかりだった…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

すまんかったな…

今日も朝から
雲が多く、

日差しなく…


起きた時はそれほど
冷え込んではいなかったけれど、

今は風もあって
朝よりも寒いように感じる…



先日、主人が留守電を
再び設定するようになってから、

(過去記事→ 姑に色々言われるから… )

毎日欠かさず姑から
メッセージが入っていて、

それを聞くのが
主人の毎晩の日課…


主人が聞いている時も
私はあえて聞かないようにしていて、

主人もその内容を
伝えてはこないのだけれど…



昨夜、留守電を
聞いた主人は、

「よくまぁ毎日毎日、
こんな下らんことを」と

苦々しい顔で
大きなため息…


そして、私に向かって、

「そら、こんな内容を
毎日聞いてたら嫌になるよな、
すまんかったな」と…



主人の思わぬ言葉に
驚いたけれど、

少し温かい気持ちになった…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

年明けには…

娘が出掛ける頃は
きれいな青空が
広がっていたのだけれど、

今は雲が増えて
日差しなく…


昨日に比べると
朝の冷え込みも緩んで、

ずいぶんと過ごしやすい…


日中も15度近くまで上がって
温かくなるそう…



昨日は父の通院のため
実家へ…


昼食は父が先週同様、
チャーハンを作ってくれたのだけれど、

(過去記事→ 耳を疑った… )

昨日は卵とわかめの入った
中華スープも…


どちらもとても美味しくて、

父の上達ぶりに
失礼ながら驚いてしまった…



昨日の通院は、

脳神経科、泌尿器科ともに
午後の予約、

脳神経科はMRI検査と
その結果を見るためのもの…


特に脳内の梗塞が増えていないかを
見て頂いたのだけれど…


現時点では、
以前起きた梗塞以外には
該当する箇所はなく、

血管の一部が
細くなっている部分もあるけれど、

今のところ
治療が必要な状態ではなく…


今後の方針としては、

これまで通り
血圧が高くならないように
コントロールして、

今のお薬を続けていく、ということに…



泌尿器科の方も、

尿検査の結果が
以前よりも改善していて、

担当の先生からは、
導尿の効果が出ている、
このまま続けましょう、と…



どちらの科でも、

大きな問題なく
順調な経過に、

父も私も胸を撫で下ろした…



それでも、
病院内を歩く父の姿は、

以前と比べると
どこか弱々しく、

帰ってマッサージチェアに
腰掛けると、

疲れが出たのか
すぐに眠りに落ちた…


年明けには
父は80歳を迎える…


どうか毎日を
少しでも楽しく健やかに…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

姑に色々言われるから…

今日も朝から
きれいな青空…


昨日の朝ほどは
冷え込んでいなかった上に、

この時間にもなると
日差しも十分にあって、

ずいぶんと気温も
上がってきて、

外を掃いていても
心地良かった…



昨日も良いお天気で
温かかったこともあって、

車でふらりと出掛けて、

イチョウの黄色い葉が
ひらりと舞い落ちる中、

ベンチに座って
作業に励んだ…


日を浴びた背中が
ぽかぽかと、

寒く感じることもなく、
仕事も捗った…


2時間近く座り続けていると
さすがに腰に違和感を感じて、

立ち上がって
深呼吸と軽くストレッチ…


家の中とも
街中とも違う、

木々の間を漂う
新鮮な空気を吸っているだけで、

心身ともにきれいになっていくように
感じるから不思議だ…



気分晴々と帰宅すると
留守電のランプが点滅…



驚いた…


あの日以来、

(過去記事→ 恐ろしくなって… )

私は留守電を設定していない…


おそらく主人だろう…

その点滅を虚しい気持ちで
眺めてしまった…



しばらくそのまま
放っておいたけれど、

その点滅が目に入る度に
気分が悪くなったため、

留守電を解除して
聞くことなく再生を止めた…


急ぎの用事であれば
姑は主人に連絡するのだから…



仕事から帰った主人に
留守電のことを聞くと、

設定したのは
やはり主人だった…


この前の体調不良のこともあるから
留守電を聞いていないと伝えた上で、

主人にメッセージを聞いて貰った…



「こんなしょうもないことで
わざわざ」とあきれ顔の主人は、

その内容を
話そうとはしなかったけれど…


「申し訳ないけど、
留守電はいつも設定しておいて欲しい」

(姑に)「色々言われるから…」

(私が)「聞きたくなかったら
自分が帰ってから聞く」と…



留守電のメッセージを
聞くことだけでなく、

電話の呼び出し音、
漏れ聞こえる声、留守電の点滅、

そのどれもが
ストレスでしかないということを、

以前、主人にも話しているのだけれど…


姑にあれこれ言われることの方が
主人にとっては問題なのだろう…


やはり出来る限り平日の日中は
家にいないようにしようと思った…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

迷惑でしかない…

今日はきれいに晴れて、

すっきりとした青空が
広がっている…


ぐんと冷え込んで
とても寒い朝だけれど、

日中は気温が上がって
温かくなるとの予報…


久しぶりの青空に
思わず大きく深呼吸…



冬場は空気が乾燥して
肌も乾燥しがちだけれど、

最近は車の中で
仕事をしていることが多く、
なおさら…


以前、使ったことのある、
化粧の上から使える
炭酸ミストが欲しくて、

HPを見てみると
半額のクーポン…


こちら→ 高濃度炭酸ミスト


年末が近付いてきて
何かと物入りなこの時期に…

とてもありがたい…



一昨日はプールの帰りに
主人と娘が、

昨日は主人が一人で、

義実家に姑の様子を
見に行ったのだけれど…


姑はすっかり普段通りで、
元気にしているらしい…



昨日、義実家から帰った主人が
小さな紙袋を私に手渡して、

「これ、お袋から」と…


中身は葉酸サプリだった…


小さなメモが入っていて、

「ゆみちゃん、頑張って!
まだまだ大丈夫!」

「私も元気だから
お世話できますからね」と…



まだまだ大丈夫…?


>もうあんたの年では
とつい最近も言っていたのに…?

(過去記事→ 聞くに堪えず… )



姑の希望を
押し付けられても、

迷惑でしかない…


たとえ子どもを
授かったとしても、

姑に手伝って貰うなど
考えられないしあり得ない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

断れる話ではない…

今日も朝から
雲が広がって、

日差しなく…


この時間になっても
かなり寒く、

朝からあまり気温が
上がっていないように感じる…


この寒さの中、
娘と主人は久しぶりにプールへ…



昨日は一日、
家で仕事を、と始めたものの
集中できず、

あれこれと家のことが
目についてしまって、

気付けば無意識に
大掃除のことを考えていた…



気分転換に
買い物に行こうと
家を出た瞬間に、

主人から携帯に着信…


(姑が)「しばらく風邪気味で
買い物にも行けてなくて、
今日は朝から何も食べてないらしい」

「悪いけど、
すぐに食べられる物を
届けてやって欲しい」と…



断れる話ではない…


一切の感情を無くして、

ただ主人に言われるがままに
買い物をして義実家へ…



姑はマスクをしていたけれど
寝込んでいるわけでもなく、

私を見ると、

「ゆみちゃーん、
来てくれたのかい」

「うわぁこんなにたくさん
お買い物してきてくれて」

「助かるわぁ」と…



あまりにも元気そうな様子に
そこに留まる必要性を一切感じず、

予定があるからと
早々に義実家を後にした…



仕事帰りに
義実家に寄った主人も
帰ってくるなり、

「あんなに元気なら
買い物も行けるだろうに」

「大袈裟な」と不満気だったけれど…


すぐに私に対しては
「急に悪かったな」と…


その一言だけで
満足だった…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR