あんたには用は無い…

今日も雲が多く
日差しはない…


一日、曇り空が続き、

日が変わる頃には
雨が降り始めるよう…


娘はその予報を見て、

明日はおそらく
校庭で遊べない、と
残念そうだったけれど、

今日も元気に
小学校へと出掛けて行った…



娘が家を出てすぐに
姑から私の携帯に着信…


あの日以来、

(過去記事→ 姑に対する怒りが… )

姑とは顔も合わせていないし
言葉さえも交わしていなかった…


出るかどうしようか
かなり迷ったけれど、

以前、娘が姑に
「来る時はその日の朝には連絡を」と
言っていたこともあって、

電話に出ないことは
娘の言葉を無下にすることに思えて、

意を決して電話に出た…



「あれ?○○ちゃんは?」と
不機嫌そうな姑の声…


すぐにでも
電話を切りたくなったけれど…



学校に遊びに行っていると
伝えると、

姑は大きなため息をついて、

「そうかい、だったら
今日のお昼ご飯は
○○ちゃんは作らないんだね」と呟いた後、

「あんたには用は無い」と

言うだけ言って
電話は切れた…



そちらから
電話をかけてきておいて…


こちらこそ
あなたに用など無い…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

ますます苛ついているのが…

雲の多い空…


今朝も天気予報を
食い入るようにチェックしていた娘…


「よし、大丈夫!」と
大きな声を上げ、

そそくさと水筒にお茶を入れ、
髪を結いなおして、

つい今しがた
小学校へと出掛けて行った…


あの勢いで行くと
校庭開放の時間よりも
早く着くかもしれないけれど、

それだけ楽しみに
待ち望んでいたということ…


雨でなくて良かったと
その後ろ姿を見送った…



昨日はこの辺りも
ぐっと冷え込んで寒い一日に…


朝早くに姑から
主人に連絡があって、

灯油を買ってきて欲しい、と…



私の知る限り、
ここ数年、義実家では、

姑の体力的なこともあって
灯油など購入しておらず、

空調はエアコンのみ…



寝ているところを
着信音で起こされた主人は、

それでなくても
不機嫌だったけれど、

よく分からない姑の話に
ますます苛ついているのが伝わってきた…


電話を切ると
主人は説明するのも
億劫だったようで、

「ちょっと(義実家へ)
行って来る」とだけ言って、

出掛けて行った…



すぐに帰ってきた主人は、

「エアコンが壊れてるって
言うから見てみたら、
冷房になってた…」と…



去年の夏に
やはりエアコンの調子が良くないと言われて、

娘と二人で行った時、

リモコンに細工をして
自動運転で温度調整だけ出来るようにしていたのに…?

(過去記事→ どうせまた… )


思わず主人に聞くと、
「そんな細工はされていなかった」と…



姑が外したとは
限らないけれど…


ため息しか出ない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

今の状況にあっては…

昨日から降り続いた雨は
朝には止んでいたけれど…


今もどんよりとした雲が
空全体を覆って、

いつ雨がまた落ち始めても
不思議ではない…



昨日は娘お手製の
箱折に詰めたお弁当を持って、

二人で実家へ…


父も母もとても楽しみに
待ち構えていて、

家に上がって行くように
何度も言われたけれど…


やはり今の状況にあっては…


万が一のことを考え、
玄関先で立ち話をするに留めた…



何か困っていることや
買い物の必要があるものはないかと
両親に聞いても、

「ありがとう、特に何も…
買い物も宅配をお願いしてるから大丈夫」と…



ふと思い出して、

先日、注文することの出来た
次亜塩素酸水の除菌スプレーを
後日届けようか、と

尋ねたところ…

(過去記事→ 少し前まで当たり前だったその光景に… )


「うちは大丈夫よ、
いつも注文しているところがあるから」と…



驚いた…


愛犬が健在だった頃に
犬のお散歩友達から
教えてもらった、

ペットの目や口に入っても
安心な除菌消臭剤があって、

それを今も
愛用しているのだそう…


こちら→ 強力除菌消臭・カンファペット



HPを見てみると…

何もペットに限ったものではなく、

食品、食肉・水産加工の大手企業や
病院等でも採用されている上に、

お値段も手ごろ…



母の話では
今のところ注文すれば
これまで通りきちんと届く、とのこと…



新型コロナ感染の終息が
全く見えない中、

こういうものが
父や母のような高齢者でも
家にいながら手に入れられること、

本当にありがたいことだと思う…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

その姿はまるで…

雨の朝…


寝ている間に
降り始めたようで、

庭の草木も地面も
しっかりと濡れている…



今日は一日、
雨が続く、との予報を、

私の携帯で
何度も確認した娘…


ため息をついて、

「今日は小学校で遊べない」と
しょんぼり…



連日、お友達と
校庭を走り回って
楽しく過ごしていただけに…


そのがっかりした様子が
あまりにも不憫に思え、

私の両親に
「何か作って届けに行く?」と

自然と口から出ていた…



その言葉を聞いた娘は、

瞬間的に表情が
ぱあっと明るくなり、

目をきらきらさせて
「何を作ろう!?」と、

冷蔵庫を開けて
食材をチェック…


その姿はまるで主婦…


思わず私も頬が緩んだ…



今日は数品作って、

それを折箱に詰めて
お弁当にするのだとか…


毎朝、私も主人にお弁当を
作っているけれど…


活き活きとあれこれ
準備を進める娘の姿に、

ただただ感心するばかり…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

恥ずかしくないのか、と…

今日もきれいに晴れ渡って
良いお天気…


青空と桜のコントラストが
あまりにも美しく…

思わず息を呑む…


今日も娘は元気に
小学校へと出掛けて行った…



昨日の夜、
義妹からメールが届いた…


義理の母親が
訪問してきたのに、

それを追い返すとは何事だ、

長男の嫁として
恥ずかしくないのか、

姑が可哀想だ、と…



これまで同様、

感情に任せたまま
送り付けられたメール…



長男の嫁として
恥ずかしい…?

そんなこと露程も思わない…



むしろ姑の
思い遣りの微塵もない、

これまでの数々の言動の方が、

はるかに
恥じるべきことではないだろうか…


そして、その肩を持つ義妹も…



下らない話に
ため息も出ない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

姑に対する怒りが…

今日も朝から
雲一つない青空…


久しぶりに冷え込んで、

起きた時は思わず
エアコンをつけたけれど…


今はずいぶんと
気温が上がってきているように思う…


娘は今日も
小学校の校庭で遊ぶと、

少し前に
張り切って出掛けて行った…



昨日、学校から帰って
昼食の準備をしていた娘は、

一緒に遊んだ友達のことや
先生方のことを
とても嬉しそうに話し、

終始、とてもご機嫌だったのだけれど…



お昼を少し過ぎた頃に
玄関の扉をどんどんと叩く音が聞こえ、

「○○ちゃーん、
おばあちゃん来たよ」と

姑の声が聞こえた瞬間、

「朝、おばあちゃんから
連絡なかったよね?」

「おばあちゃんの分、
作ってないのに…」と

見たこともない
悲しそうな表情に…



それを見た瞬間、

姑に対する怒りが
閾値に達した…



玄関の扉を開けると、

姑はいつものように
私には目もくれず
側をすり抜けようとしたけれど…


それを阻んで、

「今日は連絡を
頂いていませんが?」

「○○(娘)がこの前、
来る日は朝には連絡をくれと
言いましたよね?」

「○○にも準備の都合が
あるんです」

「急に来られたら
娘が困る、ということが
お義母さんには分からないのですか」

「娘を悲しませるようなことは
しないで下さい」

「はっきり言わせて頂きますが
迷惑です」…


自分でも驚くほど
するすると言葉が流れ出た…



姑はしばらく
状況が理解できなかったのか、

ぽかんとして
突っ立っていたけれど…


次の瞬間、
ぎろりと私を睨みつけて、

「頼まれても来ない…」と

ぼそりと言い捨てて
踵を返して出て行った…



言い過ぎたかもしれない…

もっと良い言い方が
あったかもしれない…


帰れと言ったわけではないけれど、

結果的に追い返すこととなったのは
やり過ぎだったのでは…


思うところは
多々あるけれど…



部屋に戻ると
娘が寄ってきて、

私の腰に手をまわし
ぎゅっと抱きついてきて、

「ありがとう」と…



仕事から帰った主人にも
詳細を話すと、

「それぐらい言わないと
分からないだろうから…」

「よく言ってくれた」と…



これで良かったのだと
自分に言い聞かせる…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

少し前まで当たり前だったその光景に…

きれいな青空が広がって
良いお天気…


日差しもあって
明るい朝だけれど、

ここ数日と比べると、

風もあって
肌寒く感じる…



昨日から午前中の数時間、
小学校の校庭が開放されることとなり、

早速、娘と二人、
学校へと向かった…


校庭は子どもたちで賑わい
笑顔が溢れ、

娘も同級生たちと
久しぶりに会って、

とても嬉しそうだった…



少し前まで当たり前だった
その光景にほっとして、

思わず笑顔になったけれど…


改めて大人の不甲斐なさに
居た堪れない気持ちに…



まだ1時間近くも
開放時間があったため、

娘に一声かけて
一人、先に家路に着いた…



我が家もこの週末に
消毒液が切れてしまった…


どこに行っても手に入らず
手洗いを念入りにしているけれど…


昨日、偶然見かけた
次亜塩素酸水の除菌スプレー…


こちら→ 次亜塩素酸水除菌スプレー


1リットルの詰替えとのセットを
注文することが出来た…


効果のほどは
分からないけれど…

かなりほっとした…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

届けなければ…

お昼までは晴れ間もあって
穏やかな空だったけれど、

この時間になって
ぐっと雲が増えてきて、

今にも雨が降り出しそうな空に…



今日も娘は早く起きて、

朝ごはんに、と
おにぎりを握り、

お出汁をとって
味噌汁とだし巻き卵を
作ってくれたのだけれど…


「おじいちゃんにも
食べて欲しいな」とぽつり…



さすがに今日は
そこまでしなくてもと思ったけれど…


娘が多めに作っていたことも
それが父や母の分であることも、

その言葉を聞かずとも
分かっていたし、

その気持ちを
私は両親に届けなければと…



届けるだけならと
娘に一緒に行くかと聞くと、

娘は目を輝かせて
「行く!」と…


娘と二人、
実家へと向かった…



思ってもいなかった娘の訪問に
父も母も本当に嬉しそうで…


おにぎり等を渡して
すぐに帰るのは
気が引けたけれど、

万が一のことを考え
実家を後にした…



娘も両親と「もっとお話したかった」と
残念そうではあったけれど、

父の様子を
自分の目で確かめることが出来て、

「おじいちゃん元気そうで
ほんと良かった!」と…



娘は私や主人だけでなく、

父や母にとっても
"元気のもと"…


その力は想像をはるかに越える…








連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

驚くばかり…

今日も朝から
とても良いお天気…


きれいな青空と
温かな優しい風に

春を感じる…



昨日の朝、
母から連絡があって、

父の調子があまり良くないと…


しばらく様子を
見るしかないことは
分かっているけれど、

気になって落ち着かず
一人実家へ向かった…



父は思ったよりも
元気そうに見えたけれど…


一昨日の夜から
微熱が続いていて、

食欲がなく…


好物のお菓子を
買いに走ってみたけれど、

一口、口を付けただけだった…



家に帰って主人と娘に
その話をすると、

「明日の朝、
おにぎりとだし巻き卵、
大福を作る!」

「おじいちゃんに届けて」と娘…



昨日の父の様子を見る限り、

どれも喉を通るように
思えなかったけれど…


娘が作った出来立ての
温かなおにぎり等を持って、

今日も実家へと向かった…



父と母に経緯を話して、
二人で食べて、と差し出すと…



父は目を細めて、

「○○ちゃんが朝から
頑張って作ってくれたなら」と

一口、また一口と食べ進め…


母も私も驚くばかりだったけれど…


父は「どれも旨いなぁ」と
何度も言いながら、

すべてきれいに食べ切った…



それほど量はなかったものの、

昨日はほとんど食べなかったと
聞いていたから、

逆に心配したけれど…


私が実家を後にする時には
玄関まで見送りに来て、

「○○ちゃんのおかげで
身体がしゃんとしてきた、
御礼を伝えておいて」と…



少し前に
父から電話があって、

娘に代わると…


とても嬉しそうな父の声が
漏れ聞こえてきて、

こちらも笑顔に…








連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

これだから気の利かない嫁は…

今日も朝から
とても良いお天気…


午前中に娘とふらり
お散歩がてら買い物へ行ったけれど、

少し歩いただけで
汗ばむような陽気…


今も窓を開けているけれど
全く寒くはなく…



昨日、正午を過ぎて
娘が昼食の準備を終えても、

姑は来なかった…


携帯にも義実家の電話にも
連絡したけれど、

応答はなく…



娘は家で姑を待ち、
私は義実家に向かった…



義実家には鍵がかかり、

外から見る限り
どの部屋にも
電気はついていないように見えた…



義実家の合鍵は
主人が持っている…


職場まで取りに行こうかと
思い始めたその時に、

家の電話から着信…



慌てて出ると、

「おばあちゃん来たよ!」と

娘の明るい声…



ほっと胸を撫で下ろして
家に戻ったけれど…



私が帰るなり
姑は怪訝な顔で、

「どうして迎えに来なかったんだい?」と…



唖然として黙っていると、

「言われなくても
それぐらい当たり前だろう」

「これだから気の利かない嫁は…」と

恐ろしい顔で睨み付け…



娘の方を振り返って、

「遅くなってごめんね、
今日のお昼は?」と…



そのやり取りを
終始見ていた娘は、

淡々と答えて
温め直したピラフとスープを出し、

「明日はお母さんと
お出掛けするから…」と…



娘に先手を打たれて、

姑は「そうかい…」と
答えるしかなく…



その姑の残念そうな様子に、

自然と頬が緩んでいる
自分自身に気付いてしまった…








連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR