そうではないらしい…

朝は雲が
多かったけれど、

今は青空が広がり
良いお天気…


昨日と比べると
ずいぶんと温かく
過ごしやすい…



今朝早く
夜も明けきらない頃に、

舅の病院から
連絡があり、

主人が慌てて病院へ…


お昼ごろには
小康状態となったため、

主人がいったん
家に帰ってきたのだけれど…


お昼ご飯を済ませて
再び病院に向かう時、

出掛けに主人が、

「何でいつも俺が休みで
ゆっくりしようとしてる時に
こんなことになるんだ…」と

不満そうに呟いたのが
耳に届き…


背筋がぞくりとした…


平日の勤務中であれば
すぐに病院に駆け付けることは難しく、

むしろ休日で良かったと
私は思っていたのだけれど…


主人にとっては
そうではないらしい…


感覚の違いに
眩暈を覚える…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

まだしばらくは…

寒い朝…


昨夜はちらちらと
雪も…


今朝は青空も見えて
この時間になって
たっぷりの日差し…


部屋の中からは
温かそうに見えるけれど…



昨日、学校から帰った娘に、

あのお菓子を
注文できたことを伝えると…

(過去記事→ 驚いたけれど… )


娘は目を輝かせて、

「うわぁありがとう!!
嬉しいー楽しみ!」と

一人小躍り…


その姿が
可愛くて愛しくて…


このまま素直に
大きくなって欲しいと
思いながらも、

まだしばらくはこのまま
大きくならないで欲しいとも…



今日も朝から
姑に呼び出されて、

主人は義実家へ…


出掛けに娘に、

「お父さん、人の多い所には
行かないでよ」と

念を押されていた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

驚いたけれど…

今朝はずいぶんと
寒く感じて、

庭のバケツを
覗いてみると、

やはり氷が
張っていた…


この時期らしい
寒さなのだろうだけれど、

しばらく温かい日が
続いていただけに…


身体を冷やさないように
過ごそうと思う…



昨日の夕方、
母から連絡があり、

「一の傳さんのお魚、
今、届いたわ」

「本当にありがとうね、
早速今夜頂くね」と…


その弾んだ声を
聞いただけで、

こちらも嬉しくて仕方がなく
元気になった…



その電話の
1時間ほど後に、

今度は父から
電話がかかってきて…


「良いものを
送ってもらって…
いつもありがとうなぁ」

「それにしても本当に旨いな、
毎日食べたいぐらい」と笑った父…



それを聞いて、

ふと、あの不揃いながらも
お得なセットが頭に浮かび…

(過去記事→ 玄関先に出てきたのは… )


父にそのことを
話してみると、

「少し小さいぐらいの方が
ちょうど良いな?」と言って、

母と電話を代わり…


「お金は後で渡すから、
悪いけどこちらに届くように
2セット注文しておいてくれる?」と母…


普段から
無駄な買い物は一切せず
堅実な母…


その母から迷いなく
2セットという言葉が出て
驚いたけれど…


それだけ父も母も
気に入っているということ…

嬉しかった…



今朝、その注文を済ませ、
他の商品も見ていると…


先日、娘が
「これ欲しかったなぁ」と、

売り切れのため
残念がっていたものが、
販売されており…


こちら→ キットカット ミニ 15枚 ×12袋セット


50%ポイントバック…


娘はもちろん、
主人も私も大好きなお菓子…

この数でも
問題なく食べ切れるのは
間違いない…


見ているうちに
残数が減り始めたため、
慌てて注文…


娘の喜ぶ顔が
目に浮かんで、

思わず一人笑顔に…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

くだらない妬み、ひがみ…

雲が多く
すっきりしない空…


昨日までと比べると
ずいぶんと寒く感じる…


日中も昨日ほどは
気温上がらず、

今夜からは
強い寒気が流れ込んで、

真冬の寒さに戻るとの予報…


気温のアップダウンに
身体が付いていけるだろうか…



昨夜、義妹から
メールが届いた…


「手作り大福のお返しが
○○のお寿司なんて…」

「お母さん、よっぽど
嬉しかったんだろうけど…」

「わざわざ私に
連絡してきたぐらいだから」

「親と家が近いと
何かとおいしいわね」

「それにしても
よくそんなものを
受け取れたねぇ」と…



何かとおいしい…?


そう思うなら
あなたが近くに住めば良い…


くだらない妬み、ひがみなど
聞きたくもない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

色々と言ったところで…

昨日の夕方から
降り始めた雨も、

朝方には
止んでいたけれど…


日中は晴れて
温かくなるとの予報も、

今なお雲が多く
日差しも無く…


気温以上に
寒く感じる…



昨日の午後、
玄関の扉を叩く音が聞こえ…


夕方に荷物が
届く予定だったこともあって、

少し早めに
届いたのかと思い、

あまり深くも考えずに
扉を開けると…


扉の前に居たのは
姑だった…


姑も私が出てくるとは
思っていなかったらしく、

ひどく驚いた様子で、

「居たのかい、
珍しいな…」と言うのがやっと…


二人してしばらく
言葉が出て来ず、

妙な空気が流れた…


ふと見ると、

姑の手には
大きな風呂敷包み…


それに気付いた姑が、

「ああ、そう、
これを届けに来たんだよ」と…


風呂敷包みの中は
お寿司だった…


驚いていると、

「ほらこの前、
美味しい大福を届けて貰ったからな」

(過去記事→ 何を言っているのだろうと… )

「その御礼に
○○ちゃんに食べて欲しくて」と姑…


姑がいつもお願いしている
お寿司屋さんだったため、

こちらに配達を
お願いすることも
出来ただろうに…


姑にもやんわりと
それを伝えると、

「少しぐらいは
外に出んとな」と…


このコロナ禍にあって、

わざわざタクシーを使って
お寿司を届ける必要があるとは
とても思えないけれど…


色々と私が言ったところで
姑が聞く耳を持つわけではなく…


あえて丁寧に
御礼を言って、

姑が機嫌よく
家路に着くのを見送った…



学校から帰ってすぐに
娘が姑に
御礼の電話を掛けると…


近くに居なくとも、

姑の嬉しそうな声が
すべて聞こえてきた…


これで良い…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

玄関先に出てきたのは…

雲もあるけれど、

薄日も差して
明るい空…


午後には雨となって、

明日の朝まで
降り続くようだけれど、

今はそのような気配は
全くない…



昨日、実家に
パルスオキシメーターを
届けたところ…


玄関先に出てきたのは
母のみ…


ここ最近は
家に上がらないようにしているため、

いつもは二人揃って
出てくるのだけれど…


先日の母の話も
頭をよぎって、

(過去記事→ どくんと心臓の音が… )

心臓の鼓動が
速くなるのが分かった…


恐る恐る父のことを
尋ねようとしたその時、

「おーこんにちは、
ありがとうなぁ」と

にこにこと笑顔の父…


顔色も良く、

歩き方も話し方も
いつもと何も変わらないように見えた…


心底ほっとしながら、

「木曜日辺りに
一の傳さんのあのお魚が
届くと思う」と伝えると、

父も母もとても喜んで
二人顔を見合わせて、

「ついこの前、一昨日だったかな、
お父さんと久しぶりに食べたいねと
話してたところだったのよ」と母…

「あれは本当に
美味いからなぁ」と
父も嬉しそうで…


二人の元気な様子に、

帰りの車中では
知らぬ間に鼻歌を歌っていた…



夕方近くなって、
今夜は何を作ろうかと
考えた時、

ふと、自分自身も
美味しい西京漬けを食べたくなり、

自宅用にと
HPを見てみたところ…


こちら→ 【京都一の傳】 不揃いにぎわいセット


期間限定のセットで
やや小ぶりのようだけれど、

贈答用のものと比べると
驚くほどのお値段…


思わず2セット
お願いしておいたけれど、

我が家全員のお気に入りで
すぐになくなるかと…


もう少し
買い足しておいても
良いかもしれない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

不安だったけれど…

この週末は
雨が続いたけれど、

今日はようやく
雨雲も抜けて、

青空と日差しが
戻っている…


明日の夜から
明後日にかけては、

また雨の予報…


今日は気温も上がって
温かくなるとのこと、

貴重な晴れ間…



昨日の午後、

”お守り”と思って注文した
パルスオキシメーターが
届いた…


姑のものよりも
はるかに安価なものだったため、

(過去記事→ 気持ちの問題… )

不安だったけれど…


実際に電池を入れて
使ってみたところ、

操作もとても簡単で、

娘の細い指でも
主人の太い指でも
問題は無く…


脈拍に関しては
ぴたりと正確な値が表示され、

血中酸素濃度については
その正確性は分からないけれど、

息をしばらく止めてみると
値が下がった…


ひとまず動作に
心配な点は見られないため、

体温計と一緒の場所に
置いておいて、

毎日測って
普段の値を知っておけば、

何かあった時には
一つの目安にはなるかと…



客観的な数値で見ると、

やはり分かりやすく
安心するもの…


以前、姑が、
パルスオキシメーターの測定値が
正常値であることを知って、

>「これを見たら
>すっと頭が痛くなくなってきた」

というのも頷ける…



自宅用と実家用を
注文していたのだけれど、

現物を確認してから
両親に渡したかったため、

今は二つとも
我が家にある…


今日、これから
実家に届けようと思う…

父の様子も合わせて…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

嫌な顔をするどころか…

今日も雨…


昨日に比べると
雨の降り方はずいぶんと弱く、

傘をささずとも歩ける
時間帯も…


夕方には雨も上がって
明日はすっきりと晴れるとのこと…


青空が待ち遠しい…



昨日の午後、

なかなか義実家から
帰らない主人を待ちかねて、

「おばあちゃんに
大福を届けに行こうよ」と娘…

(過去記事→ 何を言っているのだろうと… )


娘の作る大福は
日をまたいでも柔らかく
何も問題はないけれど、

やはり作ったその日が
一番美味しいことを、

私もよく知っている…


娘と二人、
義実家へと向かった…



義実家に着くと
主人の車は無く、

「あれ、お父さんと
入れ違いになっちゃったね」と娘…


まさかこのコロナ禍に
姑と出掛けたのだろうかと
ひやりとしたけれど…



玄関の扉に鍵は
かかっておらず、

娘が大きな声で
「おばあちゃーん」と
声を掛けると、

中から満面の笑みで
姑が現れた…


玄関先で
娘が大福を手渡して、

「これ、今朝作ったんだよ、
おやつに食べてね」と言うと、

姑はさらに目を細めて、

「そんなにすぐに…
ありがとうなぁ」と

涙ぐんでいるように見えた…


人の多い所に
出掛けてはいけない、

少なくとも一日二回、朝晩は
体温と酸素濃度を測って、

息苦しい等の症状があれば
救急車を呼ぶように、等々、

大人顔負けの助言を
娘から受けた姑は、

嫌な顔をするどころか、

「うんうん、分かった」と
嬉しくて仕方がない様子だった…



義実家を後にして
そのまま家へ戻ったけれど、

主人はまだ
帰っていなかった…


夕方になって
ようやく帰って来た主人に、

あえて何も言わずに、

どこに行っていたのかと
尋ねると…


「え?」と言った後、
一瞬、主人の目が泳いだ…


横から娘が、

「おばあちゃんに
大福を届けに行ったんだよ、
お父さんいなかったから…」と言うと、

主人は「ああ、そういうことか」と
呟いて、

「服が欲しかったから
見に行ってたんだけど…
良いものが無くてな」と…


「お父さん、人の多い所には
行ったら駄目だって!」と

娘に厳しく
指摘された主人は、

「ごめん…」と
謝るしかなかった…



姑にしても
主人にしても、

私が言うよりも、

娘の言葉の方が
はるかに響く…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

何を言っているのだろうと…

今日も雨…


昨夜は上がっていたけれど、

夜が明けないうちに
また降り出したよう…


このまま明日にかけて
雨が続くとのこと…


雨の週末…


このコロナ禍にあって、

もともとどこにも
出掛ける予定などないけれど…



今朝、姑から主人に、

「パルス何とかの
調子が悪いから見に来て」と
連絡があり、

主人はぶつぶつと文句を言いながら
出掛けて行ったのだけれど…


その後すぐに、

私の携帯にも
姑から連絡があって、

何かあったのかと
電話に出ると…


「○○ちゃんの
あの美味しい大福を
無性に食べたくなってな」

「近いうちに作って
届けて頂戴と伝えて」と…


その時は
何を言っているのだろうと
ため息をついたけれど…


ふと、父のことが
頭をよぎり…

(過去記事→ どくんと心臓の音が… )



娘お手製の大福は
姑の大好物…


大して手間のかかるものでもない…

(過去記事→ 顔をくしゃくしゃにして… )


娘に姑の言葉を
伝えると、

「あずきの缶詰はあるはずけど…
白玉粉は使い切ったんだったかな?」と

いそいそとキッチンへ…


「あったー!」と
声が聞こえたと思ったら、

早々に準備を始め
すぐに作り終えてしまった…


その後、PCで
色々なレシピを見ながら、

「今日のお昼は
ドライカレーね!」と…


今は再びキッチンで
調理中…


私の出番は
おそらく無い…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

どくんと心臓の音が…

朝から
雨が降り続いている…


今日は夕方まで
このまま雨が続いて、

夜にはいったん
上がるけれど、

また明日のお昼前には
降り始めるとの予報…


雨が続くと
気持ちが塞ぐ…



昨日の午後、
携帯に着信…


また姑かと
気が重くなったけれど、

その電話は
母からだった…


慌てて出ると、

その様子が電話越しに
伝わったようで、

「ごめんなさいね、
忙しい?」と…


その声は
いつもと変わらず
元気そうで、

ほっとしたけれど…


「ここしばらく
お父さんの食が細くてね…」

「熱もないし咳も出ないし
元気にはしてるんだけど、
気になって」と…


どくんと心臓の音が
聞こえた気がした…



厳しい寒さが
続いたこともあって、

以前ほど
散歩にも行っていないから
運動不足だ、と

父自身は言っていて、

もちろんそれも
一理あると思うけれど…


それでもやはり
健康を保つためには、

必要な栄養を
摂らなくては…



電話を切った後すぐに、

以前、父が美味しいと
喜んで食べていた、

京都一の傳さんの
あのお魚を、

(過去記事→ 一番暑い時間帯に… )

実家に届けて貰うように
お願いしておいた…



食べることは
生きること…


一日も早く
父の食欲が回復することを祈る…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR