色々と言われたところで…

空一面に雲が広がり
日差しなく…


昨日よりも
気温は上がっているけれど、

かなり寒く感じる…



昨日の夕方、

姑から主人の携帯に
何度か着信があった後、

私にも着信…


堪りかねて
掛けてきたのは間違いなく…


出たくはなかったけれど
渋々電話を取ると…


「あの子はまた携帯を
持って出てないのかい!?」

「相変わらずあんたは
気の利かん嫁だな」

「旦那が出掛ける時に
確認ぐらいしたらどうだい」と…


四十路男の主人に対して
携帯を持ったかどうかの確認をしろと…?


小学生の娘でさえ
自分の持ち物は
自分で揃えるし、

私が確認することなどない…


面倒な話を
早く終わらせるためには、

適当に話を合わせておけば
良かったのだけれど…


「○○さんも良い年ですしね、
私が言ったところで
聞いてくれませんよ」と呟くと、

「あんたが諦めてどうするんだ!
しっかりしなさい!」と怒鳴りつけられ…


その後も
何か叫んでいたけれど、

そのまま電話を切った…



心底、姑の声さえも
聞きたくはないけれど、

だからと言って、

色々と言われたところで
腹が立つこともなく
悲しくなることももうない…


傍観…

その言葉がぴたりとくる…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

そこまでするぐらいなら…

朝からきれいに晴れて
良いお天気…


あまり気温は
上がっていないけれど、

日向はそれ以上に
温かく感じられ、

とても心地良い…



今日も朝から
主人の携帯に、

姑から何度
連絡があったか分からない…


数回目以降、毎回、

度々連絡してくるなと
主人も言っているけれど…


「今日は仕事も
お休みだろ?」

「病院に居ても暇だから
ちょっとぐらい付き合ってよ」と

姑は意に介さず…



堪りかねた主人は、

昼食の後すぐに
出掛けて行った…


個人携帯は家に残し、

その代わり念のため
社用携帯を持って…



そこまでするぐらいなら
着信拒否にすれば良いと
思うのだけれど…


一時だけでも…


どうして主人が
そこまで頑なに
それを避けようとするのか、

私には理解できない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

強い口調で言い放った…

起きた時は
ぽつぽつと降っていた雨も、

今は部屋にいても
雨音が聞こえるほどに…


この雨は
長くは続かないようだけれど、

上がった後も
日差しは戻らず、

寒い一日になるとのこと…


春のような温かさから
真冬のような寒さ…

身体が対応しきれていない…



昨日の日中の
主人の携帯への
姑からの着信は、

十数回…


仕事から帰った主人は、

その着信数を見て
何かぶつぶつと呟いた後、

すぐに姑に
連絡したけれど、

姑は電話に出なかったらしく…


「さんざんかけて来ておいて
こっちからの電話には出ないって…
何なんだ」と…


入院中の姑が
すぐに電話に出られないことなど
ごく普通のこと…


それはあえて
口にはしなかったけれど…



30分もしないうちに
姑から着信があり、

電話に出た主人は、

「いい加減にしてくれ、
頭がおかしくなる…」

「次に勤務時間中に
電話をかけてきたら
着信拒否にするからな!」と

強い口調で言い放った…


姑が何か叫ぶように
話している声が
聞こえていたけれど…


主人は聞く耳持たず
電話を切った…



主人は私の方を見て、

「明日からは(携帯を)
会社に持って行くから」

「長らく面倒かけて
悪かったな」と…


その頬は
紅潮していた…


言ってやったという
満足感のようなものも
感じられた…



この人も大変だなと、

遠く離れた場所から
傍観する自分がいた…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

疑われかねない…

今日も良いお天気…


朝はずいぶんと
冷え込んで寒かったけれど、

今は日差しもあって
気温も上がっているよう…


明日はお天気も崩れて
また寒くなるとのこと…


喉に少し違和感…
気を付けなくては…



今日も携帯を
家に置いて出勤した主人は、

お昼休みに会社から
私の携帯に連絡をしてきて、

姑からの着信回数を尋ね、
ため息をつき…


「次にかかってきたら
悪いけど電話に出て…」

「これ以降、一回でも
平日の日中にかけてきたら
着信拒否にする、と伝えて欲しい」と…



どうして私が…?

主人が帰ってから
自分の口で言えば良い…


そのままを
口にしそうになったけれど、

いったん言葉を
飲み込んで…


私よりも
主人から伝えた方が
姑も聞き入れやすいだろうから、と

やんわりと断った…



私が言うことなど
姑が聞くわけがない…


ともすれば
私が勝手に言っていると
疑われかねない…


そのような
危険を冒す意味など
何もない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

姑からの着信は…

きれいに晴れて
良いお天気…


日差しもたっぷりあって
温かそうに見えるけれど…


外は風もあって、

この時間になっても
思わず肩がすくむ寒さ…



昨日、姑から主人に
電話があった時に、

度々連絡してこられては
仕事にならないから、

平日の日中に
連絡するのはやめてくれ、と

懇々と何度も
話していたのだけれど…


今日も主人は
「念のため」と、

個人携帯を家に置いたまま
出掛けて行った…


主人にしては
珍しく慎重だと思ったけれど…


すでに姑からの着信は
6回にも上り…


主人の悪い予感は
現実のものとなっている…



主人が携帯を持って
出勤できるのは、

姑の退院を
待たなくてはならないのだろうか…


それまで私が
その着信を確認し続ける…?

冗談ではない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

音割れするほどの怒声…

雲多く
日差しなく…


朝はそれほど
寒く感じなかったけれど…


今は部屋の中も
ひんやり、

足先が冷たくなってきて
エアコンをつけた…



昨日の午後も、

主人の携帯に
姑からの着信が続き…

(過去記事→ あれこれ言われる筋合いはない… )


げんなりしながらも
こちらも慣れ始めた頃…


私の携帯にも
姑から着信…


覚悟はしていたため、

一呼吸おいてから
電話に出ると、

「○○(主人)は
何してるんだい!?」と

音割れするほどの怒声…


驚きながらも
あくまで冷静に、

「仕事に行っていますよ」と
答えると…


何度連絡しても
電話に出ない、
何かあったのかもしれない、と

急に心配し始めた姑…


お笑いのコントでも
見ているようで、

思わず一人
口元が緩んだけれど…


こちらも心配そうな口調に
合わせつつも…


「あ!○○さん携帯、
忘れて行ってます!」と

今気付いたとばかりに
伝えたところ、

「なんだ、
それなら良かった」

「あの子はどこか
抜けてるんだから」と

安心したような
嬉しそうな声に…


「また帰ってきたら
電話するように伝えて」

「悪かったな、
急に電話して」と

姑は機嫌よく電話を切った…



下手な芝居も
時には役に立つもの…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

あれこれ言われる筋合いはない…

今日もきれいに晴れて
良いお天気…


2月とは思えない
強い日差し…


昨日あたりから
鼻がむずむずと
目にもかゆみ…


ここ数年、
花粉症の症状は
落ち着いていたけれど、

この感覚はおそらく…


このコロナ禍にあって
くしゃみや鼻水など…

気が重い…



おかげさまで、

姑は体調に大きな変化は無く
健やかに過ごしているようだけれど…


主人に度々
電話をかけてきては、

病院の食事が不味い、
ベッドが固い、

看護師にこんなことを言われた、
最近の若い人はなってない、

いつになったら
帰れるのか、等々、

言ったところで
どうにもならないことを
延々と話すらしく…



主人もその対応に
飽き飽きとしていて、

今朝、出勤時に、

「仕事にならないから
携帯を置いていく」

「病院からの着信があれば
代わりに出て欲しい」

「それ以外は
無視してくれれば良い」と…


主人の気持ちは
よく分かるけれど…


主人の携帯に
着信があるたびに、

私がその発信元を
確認しなくてはならず…


手間がかかるだけでなく、

見なくても良いものを
見てしまうことも考えられ…


主人にも、

こちらとしても
負担が重い、

主人のプライベートに
踏み込むような感じがして
気が進まない、

姑を着信拒否にすれば
良いだけでは、と言ったけれど…


「着信拒否なんて
出来るわけがない」

「それに、やましいことなんて
何も無いから大丈夫!」と

満面の笑み…



何を言ったところで、

こちらの意図は
伝わらないし、

この人の気持ちは
変わらない…


諦めて
携帯を受け取ったけれど…


主人が出勤してから
すでに姑からの着信4回…


仕事中にこれだけ頻繁に
連絡があるのなら、

着信拒否しても
姑にあれこれ言われる筋合いはない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

ご近所の方が見付けて…

青空広がって
良いお天気…


気温も上がって
ぽかぽかと温かい…



昨日、姑が
病院に運ばれた…


玄関先で倒れていたのを
ご近所の方が見付けて
救急車を呼んで下さったそう…


幸いその時には
意識もあって、

本人の話では、

掃除をしていたら
気分が悪くなって、

その場にしゃがんだところ
立てなくなった、と…


レントゲンには異状なく
脳波やCT等にも
問題は無いようだけれど、

念のため
そのまま入院…


経過観察しながら
週明けに詳しく検査をするとのこと…


主人は脳血管系の病気かと
案じていたけれど、

そうではないよう…


夕方になって、

主人と義妹のみ
面会が許され…


面会を終えた主人は、

「思ったよりも
はるかに元気だった」

「今すぐにも
帰っても大丈夫だと思う」と

安堵の表情…


やはり顔を見ると
見ないでは大違いのよう…


週明け早々
退院できると良いけれど…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

けたたましい声…

雲が多く
どんよりとした空…


日中は晴れて、

昨日までと比べると
ずいぶん温かくなるとの予報だけれど…


今はその気配さえ
感じられない…



昨日の午後、
買い物から帰ると、

家の電話の
留守電ランプが点滅…


思わず携帯を見たけれど
着信はなく…


留守電を
再生してみると…


「またパルス何とかが
使えないのよ、早く来て!」と

けたたましい姑の声が
響いたけれど…


どうして携帯ではなく
家の電話に…

単にかけ間違えただけだろうか…

姑のトーンとは真逆に
冷ややかに状況を考えていた…



そのまま
気付かぬふりをしても
良かったけれど…


また電話が
掛かってくるかもしれないと
思いながら過ごすよりは、と

折り返し、
姑に連絡をしたところ、

「どうしたんだい、
珍しいな…」と

明らかに姑は
戸惑っている様子…


姑が話し始める前に
私の方から、

今日はそちらには行けない、
主人に仕事帰りに
立ち寄るように連絡しておく、

早く使いたければ
パルスオキシメーターの電池を
一度確認するように、と

矢継ぎ早に伝えた…


こちらの勢いに
「ああ、分かった…」と
口ごもった姑…


それ以上
話すことは何も無く、

すぐに電話を切った…


妙に清々しい気持ちになった…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

大好きな母親のために…

きれいな青空が
広がっているけれど、

今なお
手が悴む寒さ…


庭のバケツには
氷が張っている…



昨夜、義妹から
メールが届き…


「あの栗きんとん、
もう注文した?」

「販売してないかもしれないって
お母さんに言ったらしいけど…
どういうつもり?」

「お母さんの大好物だって
知ってるくせに」

「年寄りだからって
適当なこと言わないで」と…


やはり義妹が姑に…

(過去記事→ 罵倒されていたかもしれない… )


そんなことだろうとは
思ったけれど…


それなら
大好きな母親のために
義妹が注文すれば良いし、

姑も義妹に
お願いすれば良い…


義妹は”立派な”フルタイム勤務で、

私は”大した稼ぎもない”
在宅ワーカーなのだから…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR