主人の口からそんな言葉が出るとは…

昨夜は、娘が寝たすぐ後に帰ってきた主人、

寝たところだと知って残念がっていた。


夜テレビを見ながらゆっくりしていると、

珍しく主人が、
娘と姑の様子を聞いてきた。



姑とは昨日は一日顔を合わさなかったので、
よくわからないけど、

毎食、完食していることを伝えた…



そして、娘は…


幼稚園の行き帰りはとても元気で、
いつも以上に嬉しそうに見えた。

幼稚園の先生に聞いても、
とっても楽しそうに遊んでいて、
いつもと変わらなかった、と。

ただ、帰ってきてからは、

私とトランプをしたり、
一人で絵本をぱらぱらとめくったり、
テレビを見たり…

普段からバタバタするようなことはないものの、
やはりどことなく元気がないように見えた…




主人はそれを聞いて、



「やっぱり○○(娘)のためには…」

「ここにいるべきじゃないんじゃないかな」と…



「…え、それって別居するということ…?」

思わず聞いてしまった。



そうだ、少し前にもそんなことを言っていた…

(過去記事→ 主人がぼそっとつぶやいた…



今回、姑がお金の入った封筒を投げつけたこと、
しかも、娘の目の前で…

それが、主人としては、
そんなことはあってはならないことだ、と。


娘ももう5歳、
色々な状況や人の気持ちがわかるようになってきているのに、

今のこの環境は
娘の将来を決して明るくするものじゃない、と主人。




…ただただ驚いてしまって、
しばらく何の言葉も出てこなかった。


私も何度か同じことを言ってきてるのだけど、
その時はあまり取り合ってもらえなかったから、

余計に驚いてしまった…




おそらく主人は、
実際に姑の諸々のことを経験して、

実感として無理だとわかった、
ということなのだろうと思う。




「別居」の方向で主人は動こうとしている…









ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



コメントの投稿

非公開コメント

No title

まさに「百聞は一見にしかず」ですね。
これからはゆみ子さんもご主人に自分の思いを理解して
もらえない・・・とはがゆい思いをすることなく夫婦同じ思いで
娘さんの成長を見守りながら生活ができるじゃないですか♪

ありがたいことです…

もっちさん、いつもコメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。

もっちさんのおっしゃる通り、
主人に理解してもらえないというジレンマから解放されました。
今朝も、姑に「出て行けば良い」と言われて驚きましたが、
自分でも不思議なほど落ち着いていることができました。
姑が要らぬ企てをする前に、何とか別居に向けて進めたいと思います。
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR