余計なことを...

今日は朝から
きれいな青空が広がり、

ぴりっと冷たい空気さえも
気持ち良く感じる...



舅の転院を明日に控え、

主人に代わって
今日は荷物の整理のため、

病院へ行く予定だけれど...



昨夜になって主人が、

「姑も一緒に
(荷物の整理に)行きたいって」

「大したものは入ってないだろうけど
念のためってさ」
 
「悪いけど連れて行ってやって欲しい」と...



主人はどうして姑に
私が行くことを話したのだろう...

余計なことを...



それに、この言い方からすると、

"大したもの"が入っていた場合、
私一人では心もとないということにもとれ...



それほど信用がないのであれば
私が行く必要などなく、

主人が明朝早くに行って
片付ければ良い...



そういう意味ではない、と
主人は慌てて否定して、

あれこれとよくわからない理由を
並べ立てて、

最後には

「一人で行ってくれたら良いから」と

頼み込んできた...



当初の予定通りではあるため、
それなら、と引き受けたけれど...



聞かなくても良いことを
聞いてしまい、

気分が悪い...







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR