嫌な予感しかしなかった…

青空広がって
日差したっぷり降り注ぎ、

日向はずいぶんと温かく…

散歩に行きたくなるような
気持ちの良いお天気…



今朝、主人と娘を見送り
家の中を片付け、

仕事に取り掛かった
ちょうどその時、
携帯に主人から着信…


こんな時間に…
嫌な予感しかしなかった…


電話に出ると
主人は少し慌てた様子で

「お袋が熱を出しているらしい、
病院に連れて行ってやって欲しい」と…



急を要するものだと思い、

急いで義実家へ
向かったのだけれど…



義実家に着くと、

玄関先まで出てきた姑は
私の顔を見るなり、

「わざわざ来てくれたのかい?」と
驚きながら、

「熱も大したことないし
家のことも出来るぐらいだから
病院なんて行かなくて大丈夫」

「○○(主人)にも
そう言っておいたのに…」

「ほら、今インフルエンザも流行ってて
病院も混んでるでしょう」

「こんな程度で行く方が
かえって危ないわよ」と…



話している間も
姑は全くしんどそうな素振りもなく、

部屋に入って
熱を測ってみても微熱程度、

むしろいつも以上に
しっかりとしているようにさえ見えた…



念のため、
しばらくそのまま義実家に留まり、

掃除機をかけたり、
姑ととりとめもない話をしながら
過ごしたけれど…


姑の言うように
リスクを冒してまで
病院に行かなくてはいけない様子ではなかった…



お昼を過ぎて
姑と一緒におうどんを食べ、
その片付けを終えると、


「ゆみちゃん、今日も
お仕事あるんでしょう?」

「忙しいのにこんな時間まで…
ごめんなさいね」

「もう大丈夫だから帰って」と…


姑に追い立てられるように
義実家を後にした…



何事もなくて
良かったけれど…


主人のあの慌てたような様子は
何だったのだろう…

少し不思議に思う…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR