そのわだかまりが…

どんよりとした雲が広がり、
今にも雨が降り出しそうな空…


起きてきた娘は
外の様子が暗いことに気付くと
嬉しそうに、

「雨降ってる!?」と…


今日も体育の授業は
娘の苦手な持久走…

(過去記事→ すぐに分かったけれど… )


持久走の日に雨を望む…

自分自身の子どもの頃と
あまりにも同じ感覚に、

思わず頬が緩んだ…



昨日はお昼を過ぎても
なかなか仕事の区切りがつかず…


その前の日、姑に
「明日からは来なくて良いからね」と
言われていたものの、

行けるものなら
行こうと思ってはいたけれど、

結局、行けず仕舞いに…



主人にその旨を
メールで入れておいたところ、

主人が仕事帰りに
義実家に立ち寄ったらしく…


「お袋、熱も下がって元気だったよ」

「”連日ゆみちゃんが
来てくれてほんとに助かった”
”ちゃんと御礼を伝えておいて”ってさ」

「お袋すごい嬉しそうだったよ、
ありがとうな」と…



こちらも素直に嬉しかった…



これまであまりにも色々なことがあって
いまだにちょっとしたことで
その時の負の感情が蘇ってしまうけれど…


それでも、そのわだかまりが
少しずつ少しずつ自分の中で
とけてきているように感じる瞬間が

明らかに増えているように感じている…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR