心配でしかない…

きれいな青空、
たっぷりの日差し…


暑くも寒くもなく
とても心地良い…



昨日は母の通院とトレーニングに
付き添うため実家へ…


予約時間が遅かったため、

実家に戻ったのは
13時前のこと…



留守番をしていた父は
不機嫌そうに

「早くお昼ごはん!」と…



驚いた…


出掛けに母が父に

「お昼ごはんの準備は出来てるから
悪いけど自分で温めて
先に食べておいて」と

言っていたのを
私も聞いていた…



思わず父に、

母が作ってくれていた昼食を
まだ食べてないのかと尋ねると、

父はきょとんとして

「そんなこと言ってたか?」と…



背筋がぞくりとした…


台所のテーブルの上を見ると、

きれいなままの
美味しそうな昼食…


すぐに温めて、

三人でいつも通り
美味しく頂いたけれど…



片付けながら母に
最近の父の様子を聞くと、

「物忘れが多くなって
困ってるのよ」

「お互い様だけどね」と…



話したことを
すっかり忘れてしまっていたり、

話した内容を
詳しく思い出せないことは、

私自身もよくあることだけれど…


話をした行為自体を
思い出せないというのは…


心配でしかない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR