姑の言いなりになるのは…

昨日の日中も
とても暑かったけれど、

今朝は気温も下がって
からりとして爽やかな朝…


一時の涼しさに戻り、
心身ともにほっとする…



昨日は一日、
家で仕事をしていたのだけれど、

午後になって
姑から連絡があったものの、
全く気付かず…


「あのお菓子、
注文してくれてるわよね?」

「心配で心配で…」

「すぐに折り返し連絡ちょうだい」と

留守電にメッセージが入っていた…



先日の姑との
あのやりとりの後、

(過去記事→ 心の中の声が… )

姑の言いなりになるのは
面白くなく、

放ったままにしていたのだけれど…


さすがにそろそろ
注文しなくてはいけないタイミング…



姑にお店の連絡先を伝えて
自分で注文して貰おうかと思ったけれど、

姑がそれをすんなりと
受け入れるとは思えず、

余計な手間がかかることは
火を見るよりも明らか…


そんな面倒なことに
力を注ぐよりも、

こちらでぽちりと
注文してしまった方が、

はるかに効率的で
心身ともに穏やかに過ごせることは間違いなく…



お寺、姑、義妹の分と
実家、我が家の分を注文して、

姑に電話をかけた…



電話に出た姑の第一声は
挨拶ではなく、

「もう注文できてるんだろうね?」…


げんなりとしたけれど
気を取り直して、

「代金は○○円になりますので、
準備しておいてくださいね」と言って

電話を切った…



用事は済んだ…


支払って貰えるかどうかは
分からないけれど、

言いたいことは言った…


それだけで
気持ちがすっきりした…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR