もう無理だと思う…

今朝、娘を幼稚園に送って帰ってくると…



玄関に姑が

明らかに待ち構えていた…



ただならぬ雰囲気に、
何事かと身構えてしまうほど…



そして、姑が私の目の前に、

無言でA4サイズの紙の束を差し出した。



ぱっと見てすぐにわかった…



不動産屋さんで
姑がもらってきたと思われる、

物件の間取り図…



「あなたたち、何をこそこそとやってるの?」と姑。



呆然とする私の手から、
間取り図を奪い取って、


「あなたが一人で暮らすならこれで十分でしょう!」と言って、


間取り図の束の中から
1枚引っ張り出して突き付けられた…


ワンルームの間取り図…



頭が真っ白になった…

その後、どうしたのかもよく覚えていない…



今でもよく状況が理解できないでいる…



ただ一つ、ぼーっとわかることは、

私、もう色々と無理だと思う…ということだけ…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

たいへんですね。でも、もう、決断の時、と思います。

なんか、ぞっとしますね。

振り払っても、振り払っても、払いきれない毛虫の様で、

怖いですね。

あなたの家族は、あなたのもの。ばあさん(姑)のものでは

決して、決してありません。(口が悪くなってしまって、ゴメンなさい。)

私,ものすごく、腹をたてています。

本当に、体が弱ってしまって、本当の本当に必要性がでてくるまで

放って置いたほうがいいと思います。

お舅さんとは、秘かに連絡をとって、姑はいざとなったら老人ホームに

入れてしまいましょう。

そして、アパートを探し当てられても、決して家には入れない。

だんな様が、協力してくれたらいいですね。

あなたはだんな様の家族と結婚したわけではないですから。

まず、自分の家族を大切にして、それから、大切なだんな様の

お父様を大切にして、ばあさんは、最後。

ごめんなさい。自分の場合を思い出してしまって、ちょっと感情的で。

No title

狂ってるね!
相手にしたり、まともに受け止めちゃだめだよ!

こんな時こそ、悲しい感情を抑えて明るめにご主人にありのままを伝えてね。
今、このタイミングで姑に物件探しをしていることは絶対に知られない方がいいと思う。

ほんま、たちの悪いババアやな!

No title

こんばんは。
やはり旦那様が、あなたのいれ知恵で住居をさがしていると思っていますね。
姑さんの被害妄想です。

家族そろって話し合う必要がありますね。
その場にあなた様がいない状態で、旦那様だけに話をさせている。
それが、操っているかのように感じるのでしょう。

ここまできたら、本音でぶつかるしかありません。
お互いに腹の中をさらけ出して話し合う。

そうしないと何も変わらない気がします。
ただし、舅様の体調の良いときにしないとね。

この様子では、旦那様でワンクッションおくのは得策ではありません。
そのように感じました。

No title

ゆみ子さん、大丈夫ですか?

お義母さんそうきたんですね。一人になってじわじわ寂しさを感じ始めた中、
出ていかれるかもしれないと思ったら恐怖でパニックになったんでしょうね。

私は冷めた人間なので「何を今更」です。下地を作ったのはアナタでしょう、
って。旦那を産み育てた云々なんて所詮綺麗事。お互い尊重しあってこそ成り
立つんです。

落ち着いて下さい。これって、チャンスですよ?旦那さんに対してある意味
最大の武器になります。母親がそんな事したなんて知ったら当然ショックな
はずです。ここは一つ、旦那さんがショックを受けてる間もないほどゆみ子
さんが落ち込んでみてはいかがですか?もちろん娘ちゃんにわからない所で。
布団の中でもリビングでもいい、一人で泣いてみるとか。やんわり旦那さん
にわかるように。演技でいいんです。見つかっても「何でもないよ」で。
最後まで突っ込まれたら「貴方を苦しめるような事は言いたくない、私が耐
えられれば済む事だから」と言えばいい。(もちろん弱々しく)

今はお義父さんの事考えないで下さい。ゆみ子さんが壊れたら娘ちゃんは
どうするんですか?お義父さんの事は旦那さんが考えればいい事。何より
あのお義父さんでしたらゆみ子さんがそうなったらそれは苦しむと思います。
優しさも行き過ぎると苦しめる事にもなりかねない、という事です。

あー、書いてて私はほんとに歪んでしまったなぁと実感。。。
恥ずかしいので承認公開して頂かない方がいいかと(;-;)
もちろん個々の部分を使って頂くのは構いません。

何より元気出してください。みんなゆみ子さんの味方ですよ!p(^-^)q

こんばんは。寒いですね。

大丈夫ですか?やっぱりね!と、私は思いました。そう言う寂しい人なんですね。なんでそう言う行動をとったのか。全く考えない姑なんですね。

私も昔、出ていきたけりゃ出ていけ!誰も止めやせん!と、言われたりしましたよ。それはそれは、凄かった。調度、リーマンショックで、主人もリストラにあって、私も不安でかなりパニクっていたけど、姑もきっとそうだったんだろうと。

でも、ゆみ子さんの姑より、いいかもしれない。そんな、見取り図を自分で、集めて突きつけるような事はしないです。

多分よっぽど、腹がたってどこに怒りをぶつけたらいいか分からなかったんですね。

旦那さんがなんと言うか、解りませんが自分の母親が、そう言う態度に出た事をどう感じるでしょうか。早く出られた方が良いですね。私は出れなかったけど。
勿論、三人でですよ!遠くから?近くから?わからないけど、応援してます!ファイト!!!

決断の時…

かなりおばさん。さん、
コメントお寄せ頂き、ありがとうございます。

親身なコメントに、
涙なしには拝読できませんでした…

「決断の時」という言葉に、はっとしました…
やっぱり姑の行動は常軌を逸しているのですね…
もう自分自身の感覚が
普通なのかおかしいのかもわからない状態で…
ありがとうございます。

主人には…

もっちさん、いつもコメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
しばらく返信もせず申し訳ございません…

姑の信じられない行動に、
一日、自分自身を見失ったような状態で過ごしていました…

もっちさんや皆さんのコメントを拝読して、
やっぱり常軌を逸した行動だったことを知ることができて、
心底、ほっとしています。

もうすぐ主人が帰ってきます…

主人と相談して…

yuzuo0915さん、コメント頂き、
ありがとうございます。

>姑さんの被害妄想です。

そういうことなのですね…
主人ともよく相談して、
今後のことを考えようと思います…
ありがとうございます。

申し訳ございません…

blueさん、コメント頂き、
ありがとうございます。

親身なコメント、アドバイスに、
ほっとさせて頂きました…

あまりにもほっとして、
思わずコメントを承認してしまいました…
申し訳ございません…

せっかく頂いたコメントを削除するのは
申し訳なく思うのですが…
blueさんがお望みであれば削除させて頂きますので、
もしこのコメントをご覧になられましたら、
ご一報いただけると幸いです…
よろしくお願いします…

早く出たいです…

まいまいさん、コメント頂き、
ありがとうございます。

>早く出られた方が良いですね。

まいまいさんにそう言って頂いて、
「早く出たい」という気持ちが一層強まりました…
応援、ありがとうございます。

主人が帰って来たので、
ちゃんと話をしようと思います…

いえいえ

すみません、気を使わせてしまって。

中には酷い・薄情・旦那の親なのに!と思う人もいますのでね。
そういう人は大概その場に立った事のない、一緒にも住んだ事もない
人ですけどね。

少しでも歩み寄ろうと料理を持って行っても後でゴミ袋の中で見つけたり、
実家からいいもの贈っても安物と言われたり。。挙げたらキリがないけど
性格歪みますって。どうしてこの親からこんな優しくてまともな旦那が産
まれたのか、世界の七不思議くらいに謎です(笑)

ちなみに家も不動産屋行かれましたよ。田舎ではないけど近所の繋がりが
強い地域で絶対あの不動産屋行くな、と予測出来たので義母がわからない
都心の不動産屋行きました。期待は裏切りませんよ。「嫁が我儘過ぎる。
このままだと嫁の為にならない。嫁の為に思い通りにさせる訳にはいかな
いから一切物件は紹介するな」と言いに行ったそうです。旦那の前でお腹
抱えて、涙流して笑っちゃいました。

一晩明けてもう旦那様とお話したかもしれませんが、何か言うのは2,3日
空けてからの方がいいかもしれません。直後だと思考も停止して感情的に
なりやすい。落着いてからの方が冷静に考え受け入れやすいと思います。

色々お気遣いして頂きありがとうございました。いつもダラダラ長くなっ
てしまってすみません。。これじゃコメントじゃなくメールですよね(汗)

言葉が見当たりません…

blueさん、ご丁寧に再度コメント頂き、
ありがとうございます。

blueさんのこれまでの状況が
あまりにも壮絶で、
言葉が見当たりません…

そういったご経験がおありになるからこそ、
blueさんのコメントには
温かみと優しさを感じるのだと思いました。

>いつもダラダラ長くなってしまってすみません。。

とんでもございません。
見ず知らずの私に、
このようなお優しい言葉をかけて下さること、
心から感謝しています。いつもありがとうございます。
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR