あの子は子どもの頃から…

雨は降らないようだけれど
雲の多い空…


気温よりも寒く感じる…


明日からは雨が続き
冷え込むよう…


より一層、体調には
気を付けなくては…



昨日のお昼前に
姑から着信…


留守電に切り替わると
一言も発することなく切れたものの、

すぐにまたかかってきた…



姑の体調はもう大丈夫だと、

主人からその前夜に
聞いてはいたけれど…


迷いながらも
電話に出た…



姑は「やっと出たわね」と
独り言のように呟いた後、

「○○(主人)、
昇進が決まったんだってね!」

「さすがねぇ、
あの子は子どもの頃から
何をやらせても…」と

延々30分近くも
息子自慢を聞くことに…



姑のそういう言動は
全く珍しいことではなく、

こちらが聞いていようがいまいが
姑は気にすることなどないため、

相槌さえ必要ない…


ただただ話の切れ間を
待つだけだった…



それよりも、
主人が姑に昇進の話を、

まだ辞令も出ていない
このタイミングで話したことには驚いた…


よほど嬉しかったのだろうけれど…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR