心優しい舅に…

今夜はなかなか寝付けない…


主人が昼時に電話をかけてきて、

「業者には次の土曜日に来てもらうことにしたから」と。



いよいよ、引越しの日が決まった。



何だか無性に嬉しくなった。

たくさんの荷物を荷詰めして運んで、
ここまでがらんとした部屋にいながらも、

まだここを出ていくということが
現実のこととして受け止められずにいたのだけど、

急にぐっと実感が湧いてきたのだった…



お昼を過ぎて少しした頃、
母屋のドアをノックする音…


ノックするなんて、
まず姑ではないと断言できる…

でも、舅が離れに来るなんて…と思いつつ出てみると、

ドアの前に舅がにこやかな表情で立っていて、

「聞いたよ、引越しの日取り」と。


返す言葉が見つからず、
「はい」とだけ言って黙っていると、


「ゆみちゃん、色々ありがとうなぁ」

「苦労かけて悪かった、すまんな」

「こちらのことは気にせんで良いから」と言って、


母屋へ戻って行った…



その背中を呆然と見送りながら、

涙が止まらなかった…



退院してからの舅は
毎日顔色も良くて元気そうに見える。

それでも、やっぱり心配は尽きない…



私がもっとうまく立居振る舞いできていたら、

こういう結果にならずに済んだのだろうか…?


今さらこういうことを言っても
意味がないことはわかってる…

それでも、思わずにはいられなかった…




でも、きっと舅はそんなことは望んでいない…



今は、心優しい舅に心から感謝して、

新しい生活をより明るいものにすることを考えよう。



きっとそれが舅も一番望んでくれていることだと思うから…







ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですよ♪
舅さんに会う時はいつも満面の笑みで会えばいいじゃん。
ゆみ子さんの立ち居振る舞いは普通は出来ないくらいのガマンと配慮の賜物ですよ!私だったらとっくの昔にぶち切れて暴れてます。
姑・・・あれからずっと会ってないのかな?
あんまり深刻に考えないようにしようよ。
ただ、居ないときはどこに行ってるんだろ?まさか・・・!

今度のお正月はゆっくり過ごして下さいね。

姑とは…

もっちさん、いつもコメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
なかなかお返事できず、申し訳ありません。

ついに引越しました!
もっちさんのアドバイスや優しいコメントのおかげです。
いつも本当にありがとうございます。

姑といまだに顔を合わせていないことだけが…
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR