戸惑うばかり…

今日は朝から
弱い雨が降ったりやんだり…


娘は歩いて登園したがったけれど、

今日は久しぶりに診察を受けようと、
病院の予約をしていたから、

娘に説明して車で送って行った。



娘を見送って、
急いで車に戻ろうとすると、

後ろから声をかけられて、
振り向くと…


クラスの親睦会に誘って下さったお母さんと、
クラス委員のお母さん達が、

にこにこしながら
それぞれに小さなメモを渡してくださった。



見ると、携帯番号とメールアドレス、ラインID…



嬉しかった…


ずっと、

ママ友と呼べるような人は
私にはできないのだろうな、

と思ってきたから…



ランチにも誘ってもらったけれど、

今日こそは診察に、と思っていたから、
その旨を伝えてお断りして、

車に向かうと…




車の近くに、
先日の親睦会にも来られていたお母さんが…


「おはようございます」と挨拶すると、

「お会いできて良かった」と…



その方の口から思いもよらない話が…



とても丁寧にお話し下さったのだけれど、

要は…




親睦会に誘って下さった方や、
今のクラス委員さんたちには、

気を付けた方が良い…と。




その方は年中から入園してこられた方で、

入園してすぐに
今の私と同じように、

彼女たちに親睦会に誘われ、
連絡先を交換して、

ランチに行ったり、
それぞれのおうちに行ってお茶したり、

とても仲良くしていたのだそう…


ところが徐々に…


その場にいないお母さんたちや
その子どもたちの噂や、

単なる悪口やひがみ、
妬み話になることもあって、


精神的に耐えられなくなった…と…


ランチに誘われても、
何かしらの用事を言って断るようにすると、

誘われなくなっただけでなく、

他のお母さんたちの態度まで
よそよそしくなった、と…


だいぶ後になってから、
その後に仲良くなったお母さんから、

「あの人変わってるわよ」と
彼女たちに言いふらされていたことを知ったのだとか…




頭の中が真っ白になった…




「余計なお世話かもしれないけれど…」と

控え目に教えて下さった、
そのお母さんを見る限り、

嘘をつかれていらっしゃるようには
到底思えなかった…




とてつもない世界に
足を踏み込んでしまったのだろうか…


どうすれば良いのか皆目見当もつかず…


いまだに頂いた連絡先のメモを
呆然と眺めるばかり…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



コメントの投稿

非公開コメント

よくある話。
リスクを覚悟で、ちょっと関わってみるのも楽しいかも。ただ、情報があるのだから、どつぼにははまらない程度にできるのでは。もらってしまった連絡先を、放置する勇気もなかなかないのでは……3回に一回位、参加してみる。

渡る世間は敵ばかりとはよく言うもので・・

そんな事はどこでもあると思いますよ。
学生の頃を思い出してみてください。
悪口、噂話の無い世界なんてありましたか?
そういうのが苦手なら孤独でも、
一人ぼっちの道を選ぶしかないのかもしれないですね。。
私は人間関係は疲れるのでぼっち道を歩んでいますけど、
少し寂しいですけど精神的に楽ですよ。

実は2回目のコメントです。

ゆみ子さん、心の感じが自分を見ているようで、いつも応援しています。(^-^*)/

ママ友さんとの付き合い、大変ですよね。
私もそうでした。
でも、最近、おどおどしていた私が悪かったのだと思えるようになりました。

私の場合は、娘のクラスのお母さんたちは、私と子供の悪口・役員の押しつけ・2年間の完全無視をしていたAさん、そのことを逐一教えてくれたBさん、知らないふりをしてくれて私と普通に接してくれた(?)その他のお母さんたち・・・の3種類になります。

Aさんはもちろん嫌いになりました。
姑の次に嫌い!!と思うほどに・・・。
娘が凶暴だから遊ばないほうがいいとか、あの子からインフルエンザ(娘はインフルエンザではなかった)になったとか・・・(凶暴な)娘にもストレスあんの?とか、やりたいんだから役員やらせれば?とか・・・

でも、それを逐一教えてくれるBさんも、本当の友達だったのかなあ??と、今では思うようになりました。

娘が年長に上がるころには、心労が重なったのかホルモンバランスが崩れたせいか手術をしたり、突発性難聴になったりしました。


小学校はみんな別のところに行きましたが、姑を連れて行った病院でAさんと再会!!
心臓がバクバクし、過呼吸になりかけている私をよそに、「あら、ご無沙汰!!お元気にしていらした??」なんて、お上品に声をかけてきました。
卒園まで2年間も私を無視していたのに!!と、自分が笑っていられたのかもわからないです。

”お上品な言葉を使って・・・
 でも、なんて面の皮が厚いんだろう??”
と、きつい思いが頭をよぎりました。

でも、一つ学んだことがあります。
きっと、お母さんたちの中で、彼女にとって主人の収入も同じくらいで、私がおどおどしていていじめやすかったんだと思います。
他のママ友さんたちは、ちゃんと自分をもってしっかりしていましたから。


年長の終わるころにはAさんは友達も少なく、コロコロとお友達が変わるようになっていました。
観ている人はちゃんと見てくれています。

ちなみに今でもお会いするママ友さんは・・・ママ友ではなく、私のお友達です。
同じように役員を頑張ったお友達で、人の悪口は基本的には言いません。
Aさんに悪口を言われ続けた3年間、他のクラスのこのお友達が私の頼りでした。
悪口って自分で訂正できませんから・・・
「私の付き合っている人を見てください。
 Aさんの言っていることが本当かどうか、わかるでしょう?」
と、心で叫びながら通園していました。


私の住んでいる地域は狭い田舎です。
学校は違いますが、中学生になった娘のクラブ、Aさんの娘さんも、他の娘さんも同じ競技で、試合では会うことになります。
”私も面の皮を厚く!!”と、最近Aさんとも、笑って話せるようになりました。

そんな時、「強くなったなあ!!」と、自分を褒めるようにしています。
ママ友デビューしたばかり、はじめはちょっと距離を置いて・・・ちょっとずつ、ちょっとずつ、前進してくださいね。
きっと、ママ友ではない友達が見つかりますよ。

あ・・・頑張りすぎはダメですよ。(^o^)/

No title

ママ友さんとの付き合いは時にとても難しいですね。

付き合ってみないとわからない部分もありませんか? 私も最近になって、子供の一番仲良しの子のママさんが、とんでも無い人だと知って、困っています。

顔も見たくない程、嫌いになりました。1年も付き合って、それが今分かって、困っています。でも、何かと理由をつけて、断るしかないのでそうしています。


ぱっと見、良い人か悪い人かなんて、分かりませんよね。ゆみこさんが思う通りに行動されるのがいいとおもいますよ。

なるほど…

はなこさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ございません…

おっしゃる通り、
もらった連絡先を放置することもできず、
メールを送りました…

>3回に一回位、参加してみる。

なるほど…それでいこうと思います…
アドバイスを頂き、ありがとうございます。

渡る世間は…

よめちゃんさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ございません…

大人になっても、
女の人のお付き合いはそういうものなのですね…
これまでお母さん方とは一線を引いていて、
一人には慣れていますので、
もしかしたらその方が良いのかもしれません…

学生の頃も本当に気の合う友達としか、
付き合いを持ちませんでしたので…

少しずつ…

ちゃーちゃんさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ございません…

ちゃーちゃんさんのご経験をお聞かせ頂き、
ありがとうございます。
大変な時期を乗り越えて、
とても前向きに捉えられていて、
ママ友ではないお友達も…
本当に素敵です。

凄く勉強になります…
お母さん方もいろいろな方がいらっしゃって、
どのようなお付き合いをするべきか悩むばかりですが、
少しずつ少しずつ、ですね。
焦らずにいこうと思います。ありがとうございます。

難しいですね…

たまこさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ございません…

たまこさんも難しいお付き合いをなさっているのですね…

人から聞いた噂はどこまでが本当かわからないもので、
同じ言葉であっても人によっては受け取り方が違いますし、
その方がどういう方かというのは、
やはり付き合ってみないとわからないものですね…

様子を見ながら、
少しずつ少しずつ
気の合う方と仲良くなれたら嬉しいです…
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR