説明のつかない涙…

今日も朝から快晴。

何故か娘はこの暑い中、
歩いて幼稚園へ行こう、と言って聞かず…

幼稚園から帰って来る頃には、
滝のような汗…

我慢できず
シャワーを浴びたのだけれど、

とても爽快で、
晴れやかな気分に。


身体を動かして汗を流すことは、

心身共に健康の秘訣であることは
間違いないけれど…



11時過ぎに、
見知らぬ番号から携帯に着信があった。



この地域の市外局番だったから、
出ようか出まいか迷ったものの、

明らかに病院の番号ではなく、
そのまま出ずに様子を見ていると、

電話は留守電に切り替わると
切れてしまった…



その電話から
10分も経たないうちに、

今度は主人から電話がかかってきて、



「悪いけどスポーツクラブに姑を迎えに行って欲しい」と…



頭が真っ白になった…



何があったのだろう、
大丈夫なのだろうか、という気持ちと、


罰当たりなことは重々承知ながら…

主人ではなくどうして私が迎えに?、という気持ち…




緊急性があるなら、

スポーツジムの方が
救急車を呼んで下さるだろうし、

主人も仕事を放っておいて
姑のもとに駆け付けるだろう…



でも…そこまで緊急性がなくても、

調子が良くない人に
原付の運転をさせるわけにはいかない…



自身の中で
色々と葛藤するものがあったけれど、

主人が仕事を抜けられない、と言っている以上、

私が行くしかない、と腹をくくって、
スポーツクラブに向かった…



到着すると、

姑は玄関ロビーのソファに
スタッフの方と一緒に座って、

楽しそうに談笑していた…



私の顔を見ると、


「来なくて良いのにー全然大丈夫なのよ」

「ここの人が心配し過ぎなだけ」と…



お世話になったスタッフの方々に
御礼を言って帰ろうとすると、


一人のスタッフの方が、

「どうも昨夜、
 韓流ドラマを見過ぎて寝不足だったらしくて」と

笑顔で教えて下さった…


ご迷惑をおかけして申し訳ない、と謝るしかなかった…



スポーツクラブを出て、
姑を義実家まで送ろうとすると、


「もう大丈夫だから!」

「バイクを置いていくなんてできっこないわよ」
「バイクがないと私、どこにも出かけられないでしょう?」


と言ってバイク置き場に向かい、

それでも万が一のことがあったら大変だから、と
私もその背中を追いかけたけれど、

結局、私の横をすり抜けるようにして、

原付に乗って帰って行った…



どうして私がこんなことを、と

急に情けないような悔しいような、

よくわからない
説明のつかない涙が止まらなかった…




主人に連絡する気力さえなく、
主人からもあれから連絡は一度もない…



まだ全く気持ちの整理がつかずにいる…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



コメントの投稿

非公開コメント

No title

大丈夫ですか? 
心療内科を受診されてみてはいかがでしょうか。
可能であれば、ご主人もご一緒に。
もう、いろいろなものがあふれてしまっていますよね。。。

そのままにしていても、良い方向にまわりが変わってくれるとも思えないし、勇気を出して、動けるうちに行動されることをお勧めします。
限界のところまでこられているように思えて心配です。。

良く頑張ってジムまで迎えに行かれましたね。
それにしても、お姑さんは本当に非常識な方ですね。
お舅さんもお気のどくでなりません。。。。

これ

旦那さまアウトでしょう
なぜゆみこさんにむかえにいかすのか?タクシーかなにか帰らせばいいでしょうに。
あげくのはて楽しくおしゃべりですか?
あきれて物が言えません。
ゆみこさんは優しいから言えないんですよね。
旦那さまもやっぱり息子なんですよ。
じぶんで強くなり、言えるようになれたらいいですね。言って喧嘩になろうと、一回言わないとなめられたままです。
頑張ってください!

No title

ゆみ子さんはホントに優しいですね。
「ろくにお父さんのお見舞いや手伝いにも行かないで、お母さん方とランチばかり行ってるからよ」なんて人には言っておきながら、自分は旦那の見舞いにも行かずにドラマを夜更かしして見て嫁に迷惑をかけるって、鬼畜としか言い様がない。
来なくていいのになんて言いながらも、ゆみ子さんと息子の連絡先をちゃっかりジムの方に教えたのは自分ですよね。
またジムから迎え要請の連絡があるでしょうが、その時は義父さんのお見舞いに行ってからにしましょう。
遅ければ遅いで文句を言うでしょうが、病院から急いで来たと言えば言い返せないでしょう。
私なら絶縁覚悟で「旦那の見舞いにも行かず、ドラマを夜更かしした翌日ジムで倒れて身元引き受けに嫌いな嫁に尻拭いをさせるなんていいご身分ですこと」って言っちゃいますけど、ゆみ子さんは優しいから心配です。

ご苦労様です

初めまして。まさこと申します。
理不尽なお姑さんにご苦労されて大変だと存じます。
私は結婚30年が過ぎたところでして
若いころの私も姑にいじわるされ、泣かされたものですが
一昨年姑が他界、要介護の舅を看ております。
見知らぬ者が、知ったようなことを言うなと
お気を悪くされましたらお詫びいたします。

一切関わりたくないのに、仕方なくお迎えに行ってあげたのにもかかわらず
お礼も一切なしだったのですね・・・
「悔しくて腹立たしかった」と言うのが本音でございましょう。
でも、考え方を少しお変えになったらいかがかしら?

もし、具合が悪くてあなたの車に乗せて帰ってたら
帰るまで狭い車の中で二人で居なきゃならない。
何を言われるかわからないし、
悪態つかれてもっと嫌な思いしたかもしれません。
車中で何か起きたら、あなたのせいにされて
悔しくて涙が出たくらいではおさまらない状況になってたかも?

そう考えたら、車に乗せず一人でさっさと帰ってくれてよかったじゃないですかヽ(^。^)ノ
一人でお帰りになれば、あとの事は自己責任ですよ。
あなたはご主人に言われて、素直に行って差し上げた・・・
あなたの責任は果たされたわけです。

時に優しさは仇になります。
優しいだけでは敵に立ち向かえませんよ。
少し頭を切り替えて、お姑さんより一手先を読むのです。
それができるようになると、少し楽になりますよ。
結婚生活が長くなってくると、いろんな事が許せるようになります。
まだお子様も幼稚園だとか・・・
今はご自分たちの事で精いっぱいで当たり前です。
毎日楽しいことばかりで過ごすことは無理なので
お姑さんとの嫌なことをうまく回避するために、
ご主人を上手にお使いになさいませ。
過ぎたことはいつまでも心にため込まないで
なるべく早く消化してしまう腕を磨く事です。

但し、お姑さんはご主人にとっては、口で何と言っていても
大事なお母さんです、それはお忘れになりませんように。
親の事を悪く言われたら、ご主人も気を悪くなさるでしょうから。
うまく立ち回るのです。


余計なおせっかいすみません。
聞き流してくださいませ。

goraricoさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
お返事が大変遅くなり申し訳ございません…

ご心配頂き、ありがとうございます…
温かいお言葉を何度も何度も拝読し、
励まして頂きました。

まだ不安定ではありますが、
このブログに思いを書いていこうと思います…

goraricoさんのお優しさに
心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

おっしゃる通りですね…

みきさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
お返事が大変遅くなり申し訳ございません…

みきさんのおっしゃる通り、
結果的には私が行く必要など皆無でした…
状況から考えても、
おそらく主人は万が一のことも想定してはいたと思いますが、
それよりも世間体を大切にしたのでは…とも…

主人に対する不信感は、
いまだに拭えていません…
さらに増幅するような発言まであって…

私は優しいのではなく、臆病なだけです…
思ったことを言って
それに対して反対意見を言われたり、
対立するのが怖い…
強くなりたいです…

優しいのではなく…

ゆりんぐさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
お返事が大変遅くなり申し訳ございません…

ご心配頂き、ありがとうございます…
お優しい言葉に励まされ、
心が温かくなるのを感じました。

ゆりんぐさん、私は優しいのではなく、
臆病なだけです…

思ったことをはっきり言って
ぶつかり合った方が、
問題の解決は早いのだろうとは思うのですが、
そのような状況が怖くてそうできないのです…

姑の言動・行動は論外ですが、
それを止められない主人も、
それに対して何も言えない私も、
やはり問題があるのだと思います…

温かなコメントに心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。

今になって…

まさこさん、はじめまして。
コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
お返事が大変遅くなり申し訳ございません…

コメントを頂いた当初は
気持ちの整理がつかない状況で、
よくわからずにおりましたが…

今になってようやく、
まさこさんのとても温かくお優しい、
経験に基づいたアドバイスに、
たくさんの気づきを頂いております。

ものの見方を変えることで、
見えてくるものが違ってくるのですね…

まだまだうまくは立ちまわれませんが、
少なくとも、ため込まないように早く消化できるように、
心がけて参ります。

余計なお世話など、とんでもございません…
とても勉強になりました。
ただただ心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。

プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR