胸が張り裂けそう…

昨日の夕方少し前から
降り始めた雨も、

ようやく上がった。

庭の草木の葉の上の雨粒がきれい。



昨日は家族そろって病院へ…



どういう顔をして
舅に会えば良いのか、
わからないまま、

病室に入ると、

舅はいつもながらに
朗らかな笑顔で迎えてくれた…



娘が自分で描いた舅の似顔絵と手紙を渡すと、

舅は目を細めて、
何度もお礼を言いながら、

とても嬉しそうだった。



帰り際、
主人と娘が病室を先に出ると、


「ゆみちゃん」と呼び止められ、

「この間はすまんかったなぁ」と…

(過去記事→ 驚きの一言… )


何と答えて良いかわからず、
すぐに来なかったことを詫びると、



「お母さんにはあの話は黙っておいてなぁ」


「ただ、そういうことも知っておいた方が
 良いと思うから、

 近くの老人ホームの案内を
 もらってきてもらえへんか」


「〇〇(主人)にも言ったけど、
 聞く耳持たずでな…」と…




舅の気持ちを想うと
胸が張り裂けそうだった…




その時、娘が、

「お母さん、どうしたの?」と
病室に戻って来たため、


舅の希望に対して
きちんと返事をすることもできないまま、

挨拶だけして帰って来てしまった…




主人には
まだその話をできていない…



話をするべきなのはわかっている…


ただ、「そんな必要はない」と言われることも
想像に難くない…

その時に、
主人を説得できるのだろうか…

正直、不安でしかない…




舅の想いに応えたい気持ちと、

主人の理解を得られるかどうかわからない不安…









ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゆみさん自身のお言葉が聞きたいんじゃないんですか?

んー

舅さんは本気で入りたいとは思ってないはず
ゆみこさんは舅さんとなら同居できるんですか?
もし、舅さんが弱りきったら姑があてにならないなら自宅にひきとるとの方法もあるかと。
姑があんなんだから舅さんは行き場がないんです、ちなみにうちは姑が大嫌いでしたが、舅さんはすごいいい人で将来同居もしてくれと言われるならしますね。
旦那様もそういう気があるのでは?

そうですね…

なすびさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
お返事が大変遅くなり申し訳ありません…

そうですね、なすびさんのおっしゃる通りかもしれません…
調べて資料を取り寄せていることを、
明日主人と一緒に病院へ行って話そうと思います。

そうかもしれません…

みきさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ございません…

おそらく舅は老人ホームに入りたいわけではないと思います…
義実家に戻ってまた同じことを繰り返すことを考えれば、
老人ホームに入った方が…と思っているのではないかと…

舅だけであれば同居することに抵抗はありません。
おそらく主人もそう考えているかもしれません…
ただ、姑が健在である以上、
舅だけと同居するということは、
主人としても考えられないだろうと思います…
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR