姑の態度…

舅が退院してから初めての週末…


舅の顔を見たい一心で、
この週末は義実家へ行こう、と

意を決していたけれど…


昨日はずいぶんと喉の調子も
良かったものの、

念のため主人一人で…




そして、ようやく今日、
家族そろって義実家へ…



義実家に着くと、
姑はとても上機嫌で、

娘に向かって、

「よく来てくれたねー!!」

「しばらく見ない間に、背も高くなって、
お姉さんになったわねー」と大はしゃぎ…



その後いつもなら、
私の方には目をやることさえなく、

そのまま入っていくのだけれど…



今日は、

「ゆみちゃんもよう来てくれたね」
「お父さん喜ぶわ」

「今日も顔色良いわね、
体調はもう大丈夫なの?」と…



驚いてしまって、

ありがとうございます、
おかげさまで…と言うのでさえ、

もごもごと口ごもってしまった…




舅は顔色も良く、
とても元気そうだった…


以前と変わりなく、
居間のソファに座ってテレビを見たり、

娘のお絵かきや折り紙を
にこにこと嬉しそうにながめ…


見る限り、部屋の中の移動は
全く支障はなさそうだった。



11時を過ぎた頃に、
姑が台所へ向かったため、

今日はもう帰るから
昼食は必要ない、と

主人が言いに行ったけれど、

姑は全く聞く耳持たず…

.

私からも、

お義父さんもお義母さんも
疲れるといけないから…と言ったものの、

姑は頑として譲らず、


せめて手伝いを、と申し出ても、

「ゆみちゃんは、
この家に来た時ぐらいゆっくりして!」の一点張り…



「嫁のくせにどーんと座ってからに…」と
以前は言っていたのだけれど…



お昼にはたくさんのご馳走が
出来上がっていた…


久しぶりに食べた姑の手料理は、

栄養バランスも考えられていて薄味、
どれもとても美味しかった…



そして、14時を過ぎた頃、


「明日からまた幼稚園だし、
今日はもう早めに帰ってゆっくり過ごして」と姑…



それには、
主人もさすがに驚いていた…

私自身も、夕食まで引き止められるだろう、と、
内心、暗い気持ちで諦めていた…



お昼に残った物や、
ビールやジュース等、

たくさんお土産を持たせてもらって、

自宅に帰ったのは15時前だった…




あまりの姑の態度の変化に、

私だけでなく
主人も驚くばかりで…



このまま穏やかな時が流れますように…








ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR