(続)姑のついた嘘…?

主人から聞いた話の続きを…

(過去記事→ 姑のついた嘘…? )



姑が早く帰ってきたら、
入れ替わりで家に帰ろうと思っていた主人も、

夕方に出かけた姑が
21時を過ぎても帰らず、

腹を決めて、
私に「泊まる」と連絡をしてきたのだそう…



結局、姑が義実家に帰って来たのは、
深夜2時前のこと…



家の前に車が止まる音が聞こえて、
主人が外に出てみると、

酔いつぶれた姑が、

タクシーの運転手さんに手を引いてもらって
降りてきたところだったそう…



姑はとても話ができる状態ではなく、
布団まで連れて行った後、

主人もひとまず横になり…



朝、目覚めると、

舅も姑も特に変わった様子もなく、
すでに朝食を済ませた後…


「朝ごはん置いてあるわよ」と姑に言われ、


昨日のことが
夢だったのではないかと思った、と主人…



朝食後、舅もいるところで、


旅行をキャンセルしたと言ったのも、
夕食を食べに行く、と言ったのも、嘘だったのでは…?

電話をかけているのに
折り返し連絡もしてこないなんて有り得ない、

もし舅が倒れていたらどうするつもりだった…?等々、


主人は姑を詰問したそう…



姑の答えは…

「旅行はキャンセルしたから行ってない!」

「夕食後、カラオケに行ったら盛り上がりすぎて、
帰りが遅くなっただけ!」と…



全く悪びれる様子のない姑に、

主人はただ唖然としてしまって
何も言い返せなかったと…



その後、居ても立っても居られず、
すぐに義実家を出て、

どうしても気持ちの整理がつかず、

昨夜のあの時間まで
一人ぶらぶらとしていたのだとか…




旅行に行ったかどうか、
嘘をついていたかどうかも、

もちろん大きな問題ではあるけれど…



今となっては、

退院して間もない舅を一人、
家に残して、

深夜まで出歩いていたこと、
連絡がつかない状態が続いていたこと、は

動かぬ事実であって、

そちらの方がはるかに深刻な問題だと思う…




主人の気持ちを思うと…
やりきれない…



今日はまだ仕事をしているから、と、
少し前に連絡があった…








ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご主人がこっそり隠してあったカバンを見つけた時、旅行の日程が終わるまでそれを保管しておけば良かったですね。姑に聞かれても責められても・・・。そしてこっそり元の場所に戻しておけば。きっとご主人が会社で真実を聞く日も近いと思いますよ。姑は世の中を甘く見ていますね。世間の人は不倫話などが大好きなのに・・・。いつまで自分は大丈夫!とたかをくくっていられるのか。

大丈夫ですよ

コメントは初めてですが、いつも読ませていただいてます。

ゆみ子さんもご主人も本当に心がきれいだし純粋なんですね。

お舅さんが退院したばかりのこのタイミングで旅行に行くとか夜遅くまで外出とか、ありえないだろうと呆れるお気持ちがひしひしと伝わってきました。

でも、お義母さんも自由にやりたいんですよ。お舅さんもおっしゃっていたじゃないですか、「(お義母さんは)自由になりたかったんだ」って。その通りなんでしょう。

人生、きれいなことばかりとは限りません。私などきれいなことばかりで過ごすことは不可能だろうとさえ思います。

喧嘩、嫉妬、浮気心、ほかにもほかにも・・・汚いこと、嫌なこと、悪いことも起こります。誤解しないでください、そのようなことが起こったほうがいいとか、推奨するというのではありませんよ。でもそんな出来事や心が、人間性や人生に厚みを増すことにもなるのです。

家族仲良く品行方正、それは本当に素晴らしいし、私だって神や仏に祈るほどそういうものが欲しいです。

旅行はもちろん夜間の外出もお義母さんはすべきではなかった、それはわかります。

でも人間そういう行動に走ることもある。

本当に本当に大人の人間として家族仲良くを願うのならば、そんなお義母さんのフォローは家族でしなくてはいけないんです。

だからといって、ゆみ子さんが犠牲を払うことはないんですよ。
お義母さんが外出する日、お舅さんのことが心配ならばご主人に実家に行ってもらえばいいんだし、おかずぐらいはゆみ子さん作って持たせてあげたらいいと思いますよ。

そして、お義母さん夫婦がだましだましこのままいくのか、離婚するのか、そういうことはご本人たちが決めることです。お舅さんは、もしかしたらお義母さんのそんな勝手な一面を知っていたのかもしれませんし、そういう面に惹かれる気持ちもあるのかもしれませんよ。

人生にはいろいろな局面があります。でも、こうしたい、こうなってほしいと思うあまり、流れに逆らわないことです。今のままでいいのですよ、誰も変わらなくてもいいんです。

どうも長々と失礼しました。





私も同じ意見です

はじめまして!
いつも拝見させて頂いてます。

私もとこたんさんと同じ意見です。
過去記事からすべて読ませてもらってますが
一言で言うとお姑さんて「寂しい人」だなという印象なんです。
だって周りのすべての人から認められてないんですもん。
もちろんお姑さんの自業自得です。
が、おそらく昔はここまで酷くなかったのでは?と。

他者に優しくできるには自分の心が豊かでないと無理なんですよ。
ところが周りはお姑さんに注意することはあっても
「いつもご苦労さま」なんて言わないでしょ?
自分という人間を認められてない
お姑さんの反抗期みたいなもんですよ。

そうなると気分転換したいってなりません?
ゆみ子さんだって今の状況を忘れて楽しみたい!って思うことないですか?
私達主婦は、毎日家事をしても特に感謝はされないけど
たまに「美味しいや有難う」て言われると嬉しくないですか?
それはお姑さんも同じ。

誤解しないでくださいね。
決してお姑さんの肩を持ってるんじゃないんです。
お姑さんは自己中だし、いじわるでめんどくさい人だし・・・(苦笑)
因みに私が母から言われたのは
『アンタの良心が痛まん程度に義父母接しなさい』でした(笑)

あとは、とこたんさんと同じで
最悪な事態になっても、それはお舅さん&お姑さんの問題です。
夫婦の形は色々ありますから。


というわけで長文失礼しました。

同意です。

こんにちは。

私も、とこたんさん、ともさんと同意見ですね。
お義母さんは、良くも悪くも、隠し事の出来ないわかりやすい人ですよ。
若い人には理解しにくいでしょうが、
来し方行く末を考えた時、明らかに先が短いと気付くと、自分は何をしてきたのか、このまま終わってしまうのか…
そんな風に思うと、居たたまれなくなる時があるものです。
いいじゃないですか、1日くらい破目を外しても。ちゃんと帰ってきたのだから。

お二人のおっしゃるように、夫婦のことは外からはわかりません。
夫婦間の問題(があるとすれば)は夫婦で解決するしかないんです。
あなたがたは、もう余り干渉せず見守って、SOSを出してきたときに相談に乗ってあげるスタンスで良いのでは?

貴女も、もうお義母さんの一挙手一投足に惑わされず、ご自分やご主人、娘さんの将来を見つめて生きていくのが良いかと思いますよ。

おっしゃる通りですね…

もっちさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。

おっしゃる通り、すでに噂は広がっているようで、
主人の耳に入らないことを祈るばかりですが…
おそらく時間の問題なのでしょうね…

柔らかで温かなお言葉に…

とこたんさん、はじめまして。
いつもお読み頂き、
コメントまでお寄せ頂き、ありがとうございます。

柔らかで温かなお言葉に、
とても穏やかな気持ちにさせて頂きました。
ありがとうございます。

姑も一人の人間ですものね…
勉強になります…

主人のことだけが気掛かりですが、
流れに逆らわずにいこうと思います。
ありがとうございます。

反抗期…

ともさん、初めまして。
いつもお読み頂き、コメントまでお寄せ頂き、
ありがとうございます。

>お姑さんの反抗期みたいなもんですよ。

わかりやすくお話し頂き、
ありがとうございます。

すっと心に届きました…
姑も一人の人間ですものね…

舅と姑の今後についても、
私たちが口を出すようなことではなく…

主人の方が心配です…

おっしゃる通りですね…

あきこさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。

おっしゃる通り、一日くらい羽目を外そうと、
さらにエスカレートしたとしても、
結局は舅と姑の関係は本人たち以外にはわからないことですね…

主人はまだ気持ちの整理がつかないようで、
そちらの方が心配です…

姑の言動に惑わされず、ですね。
ありがとうございます。
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR