思い切って主人に…

今日は朝から
真っ青な青空が広がって、

真夏の暑さ…


昨日のこともあってか、
主人は朝から張り切って、
娘と一緒にプールへ。

今は二人してお昼寝中…



昨夜、娘が寝てから、
思い切って主人に、

今後の義両親との関係について、

話を切り出してみた…



老人ホームの資料の件、
先日の舅の昼食の件、等々、

私が何をしたところで、

姑にとっては
ありがた迷惑でしかなく、

頼まれて行ってるのに
「家に勝手に上がり込むな」とまで
言われてしまっては、

とても精神的に耐えられない…と…



主人は神妙な顔で聞きながら、

「色々悪かったな…すまん」と言って、

少し黙った後、


「今後はどうしたいと思ってる?」と…



義実家へは、
何かを届けるだけであっても
主人がいない時には行きたくない、

義両親からの連絡は主人を介して、
私自身が直接やりとりしたくない…と伝えた…



主人はまたしばらく黙ったまま、
考え込んでいるように見えた…


「…わかった、やってみよう」

「お袋に説明したところで、
おそらく理解できないと思うから、

今後もお前に連絡してくるだろうけど、
そんな時はこっちに連絡して」と…



主人に自分の気持ちを伝えて、
それなりに理解してもらえたことで、

ほっとした…



ただ、話の終わりに、


「ただ、緊急時には
それなりに対応してくれ」と主人…


当然のことだから
言うまでもないと思いながらも、

「緊急時」の認識に
一抹の不安を感じずにはいられなかった…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「緊急時」の認識に
一抹の不安を感じずにはいられなかった…

「緊急時」これは命にかかわる事の解釈でいいのではないでしょうか? 反対にそれ以外の「緊急時」ってどんな事がありますか?スポーツクラブで何度もバカみたいな理由で体調不良を起こすたびに呼び出されるのが緊急時と言われるならたまったものではありませんね。あれはただの姑の我が儘ですから。ご主人にははっきりと確認と宣言をしておく方がいいのでは。

そうですね…

もっちさん、コメントお寄せ頂き、
ありがとうございます。

>「緊急時」これは命にかかわる事の解釈でいいのではないでしょうか?

私もそう思って聞いていましたが、
後になって、これまでの姑の言動・行動を考えると、
やはり不安に思いました…
もっちさんのおっしゃる通り、
主人にはっきり確認しておこうと思います…
ありがとうございます。
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR