すれ違う想い…

昨日の午後は
激しい雷雨に見舞われたけれど、

今日は朝から
時々さっと雨が降る程度…




昨夜、主人に、

二人目の子どもについて
どう考えているか、尋ねてみた…



先日、病院に一緒に行こう、と
言った時の、

主人の反応や対応から、

(過去記事→ 突き放されたような感覚… )


主人自身も実はそれほど
積極的に二人目を考えていないのではないか…と

私は思っていた…




ところが、主人は、
「え?」と言って驚いたような顔で私を見て、


「欲しいに決まってるだろう?」
「今さらどうしてそんなこと?」

「要らない理由がない」

「〇〇(娘)はいずれ出ていく身なんだから、
やっぱり男の子を何とか生んでくれよ」と…




姑からのメールが頭をよぎった…

(過去記事→ 一番言われたくない相手… )


やはり主人はあの姑の息子…




主人のあまりの勢いに、
とても自分の気持ちを伝えることはできなかった…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

コメントの投稿

非公開コメント

元気出してください

久しぶりのコメント失礼します
私も娘が年長さんの頃、子宮筋腫が5つ見つかり2人目を断念しました。当時はショックでずいぶん落ち込みました。ゆみ子さんに比べたらたいしたことありませんが…
子供を産まないなら経過観察で、欲しいなら即手術。手術をして時期を見て妊活…一体妊娠はいつになるの?2人目を作るには娘との年が離れすぎてしまう事と私が既に35才を越えた高齢だったので諦めました。そして姑が私に執拗に守れと言う仏壇と墓ですが…調べてみると先祖代々の骨なんて入っておらず、姑の65年前に亡くなった前夫と夫の父(最後の夫)と子供(義兄)しか入っていない事が判りました。自分の好きなものしか入っていない墓を私や娘に面倒見ろと⁉︎私は覚悟しますが娘に婿をとってまで守るほどの家ではないと確信しました。なのでひとりっ子でいいと決心したのです。
義兄が5年前に亡くなったので夫が長男のようなものですが、夫に墓を継ぐとか、家を絶やさないという意思が無いので助かっています。娘しかいないので将来は廃墓にする予定です。この先きっと廃墓にするご家庭は増えると思います。ゆみ子さんご存知ですか?今の墓石制度が始まったのは明治以降のここ100年ほどの浅い歴史なんです(当時調べましたw)大昔の墓は全て戦国武将や大名か、士農工商で言うところの士とせいぜい商のものです。一般市民が墓石を持つようになったのは明治以降です。ほとんどのご家庭の墓石には明治からのご先祖様しか入ってません。ご主人がご先祖様に家族でと、たいそうな事仰っていましたが肝心のご先祖様、墓に入ってませーん♪ただ、ゆみ子さんの嫁ぎ先が大地主、旧伯爵公爵、士族、武将でしたら代々のご先祖様が入ってます。一度墓石を見て建立された方の名前や亡くなった方の時代など確認しても良いですね。長文になりましたが、今どき男子を産んで守るほどの家なんて無いことと、その肝心の墓だって実は歴史が浅いことをお伝えしたくコメントしました。死んでも子や孫に自分を拝ませて縛るなんて私は出来ないです。ゆみ子さんの姑さんも未来永劫子孫に拝んでもらうほどの人格者とは思えません。
ストレスは子宮に負担をかけます。私の友人は仕事のストレスで子宮を失いました。ゆみ子さんはストレスをためやすいし真面目なので心配です。どうか私みたいに心の中でだけでも悪い嫁になってスッキリして心を健やかにして欲しいです。長文失礼しました。

ご主人のあまりに考え無しな一言に、ただただがっかりです、私も。

頼むから男の子を産んでくれ?

そんな簡単に性別を産み分けられるか!このやろう!

なんか、この一言でご主人って「テキトーな人間」なんだろうなって思いました。

行き当たりばったりの発言、多いですよね。

なんか、情けないというか。
本当に心から男の子を望むなら、もっと前からきちんとゆみ子さんと話し合ってると思いますよ。
なので、その言葉にはあんまり振り回されないでね、ゆみ子さん。

ご主人のこと悪く言い過ぎて、すみません。

No title

こんばんは
気になる文言が、あったので一言

あの姑の子って言うのはやめませんか?

放った言葉はいずれブーメランの様に己に返って来ますよ

もしかしたらあなたの娘さんに返って来るかも

娘さんが将来嫁いだ先で、旦那さんに
あの母親の子ってなじられたら、あなたは嬉しいですか?

姑の子と言いたくなる気持ちはわかりますが、
それでは、あなたも嫌いな姑さんと一緒同じ穴のむじなになってしまいますよ

No title

過去記事にコメント失礼します。


何とか男の子を産んでくれよって頼まれて産めるもんじゃないですし

性別を決めるのは男側なのはご主人はご存知ないのでしょうか?

旦那さんはほっといて

ゆみこさんの気持ちでどうしてもなら頑張るで良いのでは?
私も高齢出産でしたがしんどかったですが、産んでよかったです。
次女は私たちが亡くなって、もし、結婚してなくても、姉という血のつながった身内がいるだけで心強いかと思うので。
リラックス!大事ですよ。
旦那さんは多分何も考えて発言してないかもしれません。男はそういうテキトーな所があるので。
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR