主人にとっては…

今日も朝から良いお天気。


明日は雨のようだから…

お布団も干して、
シーツやラグも洗濯。


朝は肌寒かったこともあって、
日差しの温かさに幸せを覚える…




一昨日も昨日も、
家族そろってプールに行って来た。



娘はクロールでほぼ25メートルを
泳げるようになっていた…


聞いてはいたものの、
実際に泳ぐ姿を見ると胸が熱くなった…



けれど、本人としては、

25m手前で苦しくなって
立ち止まってしまうことに納得がいかず…

また次の週末も
挑戦しに行くそう…



娘がここまで泳げるようになったのは、
紛れもなく主人のおかげ…



嬉しそうに娘が泳ぐ姿を見ている主人に
お礼を言うと、

主人は驚いた顔をして、


「そんな御礼を言われるようなことじゃない」

「俺も楽しいから」と…




一昨日、姑にあの荷物のお礼の電話をかけた主人、

(過去記事→ 姑から送られてきた物… )


電話を切ってすぐに、



「あれ、夫婦そろって飲んだら
子どもを授かりやすくなるんだってさ」

「でも、何かサプリって嫌なんだよなぁ。。。
ゆみ子だけ飲む?」と…




その発言には、

少し前に本人が言っていた
何としてももう一人子どもが欲しい、という姿勢は

(過去記事→ すれ違う想い… )

全く感じられなかった…



主人にとっては、

嫌なものや辛いことに耐えてでも…
ではないのかもしれない。



何としても二人目、と
自身も思っていた頃だったら、

凄く腹が立ったと思う…



今は、そういう主人の発言に、
ほっとしている自分がいる…










ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR