彼女の基準…

昨日は午後からずっと
雨だと思っていたけれど、

大して降ることもなく…

今朝はどんよりとした曇り空…



昨日、幼稚園にお迎えに行くと、

夏休みにお互いの家で遊んだ
あのお友達のお母さんが、



「今度の土曜日に
ちょっとしたハロウィンをしようかと思ってて…」

「簡単なマントととんがり帽子を
作ったりして遊べたらなぁと…」

「もしよかったら一緒にどうですか?」と…



娘もそれを聞いて大喜び、
私もとっても嬉しくて、

「ありがとうございます、ぜひ!」と即答した。




ところが、家に帰って来て、


「お母さん、○○ちゃんのお母さん、
土曜日って言ってたよね?」と


難しい表情の娘…



どうしたの、と聞くと、


「お父さんとプールに行けなくなるから、
やっぱりやめとこうよ」と…



あれだけ喜んで小躍りしていたのに…?



「また〇〇ちゃんのお母さんに
時間を聞いておくから…」

「朝早くか夕方かのどちらかには
プールに行けるよ」と言うと、


ぱっと明るい表情になった娘…




彼女の基準の中で、

それほどまでに主人とプールに行って泳ぐことが
大切ということなのだろう…



少し驚きつつも嬉しかった。










ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR