主人との感覚のズレ…

今日から主人も仕事へ。


今朝、久しぶりに母屋へ食事を運んだ。
主人が休みの時は、主人が持って行ってくれていたから…


母屋へ行くと姑は畑からまだ戻ってきていなかった。

食器を下げに行って顔を合わせたので、
「おはようございます」と声をかけたけど反応なし…


気にしたらダメだ、と自分に言い聞かせるけど、

昨夜の主人の話もあって、
今日の天気みたいに気分はどんよりしたまま…




その主人の話というのが…
昨夜、一緒にテレビを見ていたら主人がふと、


「離れの鍵を姑に返してもらおう」と…


すぐには言葉が出なかった。



何かあったときに困るでしょ…という姑の一言で、
離れの鍵を姑に預けてあるのだけど…


あんなことがあったのに、
(過去記事→ 我が家を物色中の姑と鉢合わせ…

まだ返してもらってなかったんだ…とそればかりが頭をめぐる。



早く返してもらって、と言うのが精一杯だった。




あ、もうお昼だ、昼食持っていかないと…







ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして いきなりのコメント、すみません。
鍵は新しいものに交換できないのでしょうか?
スムーズに返してくれるとは思えません。『返してくれ』と
言って数日たってから返してもらってもスペアを作られて
いたら台無しだし、私の友人はそれで物色され続けまし
たが『鍵は返した!人を疑うな!』と言われ姑さんが亡くなるまで苦しんでいました。スペアを作れない鍵に交換する事をおすすめします。旦那さまにも納得してもらえれば
一番いいのですが・・・。

そこまで考えていませんでした…

もっちさん、コメント頂きありがとうございます。

鍵の複製など、考えてもおりませんでした…
主人にも、鍵の交換を含めて話してみます。

このタイミングでこのお話をお聞きできたこと、
とてもありがたかったです。
貴重なお話をお聞かせ頂き、心より感謝申し上げます。
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR