ストレス耐性を高める方法…

今日も寒い朝…


娘と二人、幼稚園に向かって

「走れるところまでよーいドン!」と

走ってみた…


思ったよりも娘の足が速く、
体力も娘の方が明らかにあって、

途中で私の方が音を上げてしまった…



息も切れて
足もだる重くなったけれど、

身体が温まって気持ちが良かった…



ふと、こういうことから始めてみよう、と…




昨日、とこたんさんや杏さんのコメントを
拝読した後、
(とこたんさん、杏さん、ありがとうございます。)


思わず”ストレス耐性を高める方法”を検索すると、


その方法として、

ストレスの原因から逃げない、
その日のうちに気分転換、
趣味をもつ、
体調を整える、
完璧主義をやめる、
自分に自信を持つ、等々が

書かれていた…



ストレスの原因を避けてばかりいては
状況が変わらないことはわかってはいるし、

義両親との関係も
このままで良いとは思ってはいない、

少しでも良くしなくては、と思ってはいるけれど…



今すぐ、ストレスの原因に
立ち向かうほどの気力も体力もなく、

何から始めて良いかわからなかった…



だけど、今朝、
冷えた空気の中を走ってみて
その爽快感に、

まずは身体を動かすこと、だと…


やってみようと思う。










ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

子供の前では普通の母親であろうとして、耐えられない思いを吐き出すブログ
どんな意見も良い点を汲み取ろうとされ、実際にそうされているゆみ子さん。
耐性あり過ぎた結果自分を無くしてしまい、傷つき過ぎて心が剥き出し状態で
小さな事にも痛みを感じてしまうのではないでしょうか?
過去に何があったかは分かりません、きっと大きな事があったからこそ
ご主人もゆみ子さんの側に付かれているのだと思います
そして心身ともに元気になろうとされ賢明だと思います
きっとどん底は乗り越えられたのでしょうね

ゆみ子さんの場合がそうかは分かりませんが
世の中には人に言えない信じがたい事をする姑がいます
別居の原因は自分だと分かっていて、しばらく関わらないでと言われても
しつこく電話(異常な回数)をし訪問をやめない、相手を思いやれる人ならしません
頑張って良い姑で過去を無かった事にしたいのでしょうか?
とは言え皆さんのコメントの様に、ご主人もわかっているが故に辛いという事
確かにそうですね、言葉で感謝を表されたようにご主人に温かく接する事は大切ですね、勉強になります。
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR