主人との感覚のズレ、再び…

昨夜、遅くに返ってきた主人、
疲れているところ申し訳ない…と思いつつも、

お風呂から出た主人に、


姑から離れの鍵を返してもらえていないこと、
そもそも一日中、姑と顔を合わすことすらなかったこと、


を伝えた。



主人は不思議そうに、



「たまたま会えなかったから渡せなかっただけだろう」と言った…




同じ場所に住んでいて、
3食、食事の上げ下げをしてるのに、

姑と顔を合わさないなんて、同居してこの方一度もない。



「たまたま会えなかった」???
そんなわけないでしょう、と言いたいのをぐっと我慢して、


「これを機に鍵を交換してしまいたい…」と伝えてみた。




主人は今回もまたひどく驚いた顔をした…


今の鍵を返してもらえれば、
そこまでする必要はないんじゃないか、というのが主人の考え。




やっぱり、というのが正直な感想…


主人は基本的に何事にも腰が重い。

娘にも優しいし、良い人なのだけど、
この部分だけがどうにもこうにもイラッとくることが多い…






ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR