母の想い…

今朝は雲の隙間から
日差しもあって、

洗濯物を外に出そうと思ったけれど、
天気予報では昼から下り坂…

今日は家族そろって
病院に行く予定だったため

残念ながら部屋干しに…


病院からの帰り道、
ぽつぽつと雨が降り始め…

天気予報に感謝しながら
胸をなで下ろした…




昨日、母に転院先となる病院の様子を
事細かに伝えると…


母は何度も何度も、

「ありがとう、
行けるところがあって本当に良かった…」と繰り返した…



今日も私の顔を見るなり、

「色々とありがとう、
決まってほっとしたわ」と…




転院先が見つからなかったら…と
父も私も不安に思っていたけれど、


当の本人である母は
私たち以上に不安で、

自分でどうすることもできない
焦りやもどかしさがあったのだと、

何度も同じ言葉を繰り返す母を見て
改めてその想いに気付いた…




母の命を取り留めて下さった
先生方や看護師の皆さまとの別れは、

母としても
寂しい気持ちが大きいようだけれど、

その一方で、

転院先でもしっかりリハビリに励んで
早く退院する、と力強く話す母…



我が母ながら
その生命力や前向きさに驚くばかり…

逆にこちらが励まされるようだった…




父は父で、伯父に連絡して、
糖尿病のことについて教えてもらって、

(過去記事→ 診察結果… )


インスリン注射が必要だった伯父が、

実際にインスリンも薬も不要になった方法を
勉強している、と…



これだそうです→  糖尿病改善プログラム



ここに書くことはできないけれど、
正直、驚きの内容…


一生インスリンを手放せない、と
医師から言われていた伯父が、

今ではすっかり薬さえ必要ないことを考えると…


体質の違いもあるから
一概に良いとは言えないけれど、

この方法の可能性は
糖尿病に悩む皆さまの光になるのでは…

素直にそう思った…



(追記)
あくまで個人的な見解ですので、
試してみようと思われる方は
かかりつけの医師にまずはご相談下さい…

すみません。さんからのコメントを拝読して、
追記させて頂きました。

すみません。さん、ありがとうございました。









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




コメントの投稿

非公開コメント

糖尿病について、詳しく知りませんが ブログに載せてしまうと病院に通わず、自己流で始めてしまい、悪化させてしまうケースもあるのでは…と思いコメントさせていただきました。
主様は、他の糖尿病の方を思ってのことだと思いますが、思いの取り方が違う方には危険かと。

主様のお母様が、一日でも早く元気になれるように…
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR