どこまでもお気楽な主人…

昨日、お出かけ中に姑がまた離れに入るのではないかと、
心配していた娘…


夜、娘が眠ってから、主人がぼそっと、


「○○(=娘)があんなに心配してるとは思わなかった」と…


言葉が見つからなかった…



娘だって姑と鉢合わせになったときも居合わせてしまったし、
(過去記事→ 我が家を物色中の姑と鉢合わせ…


そもそもその前に、
姑に朝から叩き起こされて怖い思いをしてる…
(過去記事→ 娘を叩き起こそうとする姑…


そのことも主人は知ってるのに…



母に「地蔵盆があるよ」と声をかけてもらって、
今は家族そろって実家にいる。



今日は家を出るとき、
娘の表情がとても明るくて、

それが何よりも嬉しくて、ほっとした…







ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



コメントの投稿

非公開コメント

No title

度々失礼します。娘ちゃんの不憫さに泣けてしまいました。。
(ごめんなさい、自分と重ねてしまってます)

それぞれの意見はあると思います。自分だって最初は幸せになり
たくて結婚する。好きになった相手を産み育ててくれた人に感謝
も尊敬もしているし可能な限り良い関係になりたい、大切にした
いと思う。

でもそれは、お互いに理解と尊重しようとする努力がないと成り
立たないんですよね。一方の想いだけじゃ不可能。

昔はどうだったとか私はそうしてきた、は通用しない。もちろん
理解しようとする努力は必要だけどどうしても無理な場合は相手
にもそれを理解してくれようとする姿勢が見えないといつか自分
の心が折れてしまう。

悪い人じゃない。してくれる気持ちも有難い。頭でそう言い聞かせ
ていても度を越して、こちらが信号を出してるにも関わらず踏み込
んでくると迷惑以外の何物でもなくなる。例えは悪いですがいじめ
と同じ。いじめられる側がいじめと思えば相手にその気がなかろう
とそれは「いじめ」になりうる。

初めからこんな姿勢でいた訳じゃない。ゆみ子さんもネットという
媒体で言いやすい・書きやすい部分もあるでしょうが、もっと深い、
私達が知りえない根底の闇は書けていないと思います。それが蓄積
されてのこのブログだと思いますから、ゆみ子さんは自身が信じる
道を、まずは何よりご主人と娘ちゃんとの幸せは何かを考えていかれ
たらいいのではないでしょうか。

余談ですが。。私の場合、体調に出るようになってしまったのもあり
ますが、母親が笑わなくなる事が子供にとってどれだけ辛い思いをさ
せるのか、恥ずかしながら娘に教わりました。

今でこそ笑って話せますが・・・・いやー、15年は長かった~(笑)
って最後にこんなに軽くなってしまってすみません┏( ;〃>ω<〃 )┓

しかも大変長文になってしまい、重ね重ね申し訳ありません。

おっしゃるとおりです…

blueさん、このような長文のコメントを頂き、
何と御礼申し上げて良いかわかりません…
ありがとうございます。
お返事が遅くなってしまって申し訳ございません。

>大変長文になってしまい、重ね重ね申し訳ありません。

とんでもございません…
自身の気持ちをわかりやすく代弁して下さっていて、
拝読しながら自分の考えが整理されていくのを感じました。

blueさんの15年間を思うと、
とても私などがかける言葉もございませんが、
何より今blueさんが笑ってお話になれること、
ただただ良かった、と心より思います。

私どもは色々な意味でまだまだこれからです…

しんどいことをため込まず、
このブログでも吐き出しながら、
義両親とも向き合いつつ、
主人や娘の気持ちを大切に、
より良い形を見つけていけたら…と思います。

コメント、ありがとうございました。
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR