気持ちを乱したのは…

昨日は娘の卒園式…

主人もうまく休みが取れたため、
家族そろって歩いて最後の登園、

娘は朝から大喜びだった。



開式まで時間があったものの、
式のあるお遊戯室に入ると、

すでにたくさんの保護者が
席に着いていた…



主人が座るやいなや、

「お袋、来てる…」と…



主人の視線の先を見ると、

ぴしっと着物を着こんだ姑の横顔が
ちょうど人と人との隙間から見えた…



驚きもしなかった…

私自身は「やはり」という想いが強かった…

(過去記事→ おそらく姑は… )



気持ちを乱したのは
主人の方だった…


「帰れと言ってくる」と

今にも立ち上がりそうになった主人に
むしろ驚いた…



式は厳かに執り行われ、

子どもたちの真剣な表情に
何度も胸が熱くなった…



式が終わると、

姑は主人に向かって手を軽く上げただけで
声もかけることなく幼稚園を出ていった…



それに対して、
主人はまた腹を立てていたけれど…


ずいぶんとあっさりとした引き際に、
姑なりの配慮が見えたような気がした…









ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR