娘の言葉を疑った主人…

昨日の朝、私の体調が怪しかったこともあって、
昨夜はいつもより早く帰ってきた主人。



一昨日の姑の話を報告…
(過去記事→ 娘を嘘つき呼ばわりした姑…



黙って聞いていた主人が、


「もし本当に(姑が)また無断で入ってこようとしたのなら、ありえない話だけど…」

「そもそも…離れに入ってきたという話は間違いないのか?」と…




耳を疑った…

まさか娘の話を疑ってる…?


確かにあの時、私がその場に居合わせたわけではないし、
証拠は何もない。


だけど、娘のあの時の動揺ぶりを思えば嘘ではない、と確信がある。


もし嘘だとしたら、娘の精神状態が心配でならないほど…




主人は疑ってるのではなく、ただ単に確認しただけなのかもしれない…

だけど、真っ先にそんな話が出ること自体、

感覚のズレを痛感するには十分だった…







ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR