離れ扉のフックに気付いた姑…

今日から娘も幼稚園へ。

久しぶりの登園ながら、
ニコニコ嬉しそうに幼稚園に向かう姿に、
心底ほっとする…


今日はお昼までの保育、
娘を幼稚園に送ってから、大急ぎで帰宅。


部屋の掃除・片付けに追われていると、



昨日同様、離れの扉を開けようとガタガタさせる音…



こちらが凍り付く間もなく、

「ゆみちゃん、扉が開かないんだけどー」と姑の声…



フックを外して扉を開けると、
器に山盛りにしたブドウを抱えた姑…

「○○ちゃん(娘)好きでしょ。貰い物なんだけど」と。



そう言いながら部屋に入ろうとする姑を、

今、掃除をしてて、またすぐに迎えに行かないといけないから、
と何とか食い止めたものの、

明らかに姑の視線の先は扉周り…



「あら、こんなものを付けたのね」とぼそっと言って戻って行った…



それ以降、特に何を言われるわけでもない。

ただ、このまま穏やかに済むとは思えない…







ぽちっと応援、お願いしますm(_ _)m

 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 にほんブログ村

 



コメントの投稿

非公開コメント

No title

気付かれたなら仕方ない!開きなおりましょう~♪
フックを付けて何が悪い!って、堂々としましょ。だってそもそもの原因は姑なんだし・・・。実際こそこそと離れをのぞきに来てたし、ぶどうを理由に確認に来たんだから。次はフックを外そうと必死になるかもね。姑に返して貰った方の鍵は中からかけることは出来ないの?これからは両方施錠がいいね。やっぱり新しい鍵に交換したいね、姑に内緒で。

鍵交換が一番ですよね…

もっちさん、いつもコメントありがとうございます。

そうですね、こればかりはもうどうしようもないので開き直ることにします。
もともとの鍵も中からかけられるので、二重ロックしておきます。
今朝のこともあるので、
主人とまた話をしてみますね。

温かいコメント、ありがとうございました。
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR