どうしようもないこと…

今日は朝から
青空が広がり
さんさんと朝日が降り注ぎ…

ぐっと冷え込んで寒いけれど
気持ちの良い朝…



昨日は予定通り、
家族そろって舅の病院へ。


一昨日はぐっすりと
眠っていた舅だったけれど、

昨日はぱっちりと目を開き、
娘を見ると表情が緩んだ…



ここ何度か私が病院に来た中では
一番の反応だったけれど、
以前ほどの喜びようには見えなかった…


帰り道、娘も、

「おじいちゃん、今日はしんどかったのかなぁ」
「いつもより目がきらきらしてなかった」と…



夜、娘が眠ってから、
舅の様子が気に掛かる、と
主人に話すと、

「そんな風には感じないけどなぁ」と主人…


さらには、

「たとえそうであっても
それはもうどうしようもないことなんじゃないかと…」

「年も年だしさ」と…



その時はそれ以上
何も言わなかったけれど、

お布団に入りながら一人、
本当に”どうしようもないこと”なのだろうか、と…



今のあの無機質な病院ではなく、

姑がお世話になっている病院のように
リハビリに力を入れている病院に移れば、

何か状況が変わってくるのではないだろうか…

(過去記事→ 無機質で冷たい口調… )



色々と考えているうちに
眠れなくなった…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR