私の知ったことではない…

午前中は良いお天気だったけれど、

今は雲が増えて
ぐっと冷え込んできたように感じる…



昨日、お昼を過ぎても
主人は病院から戻らず、
連絡さえなく…


夕方になって
電話がかかってきて、

「みんなで買い物に行ってて
連絡できなかった」

「今から帰る」と…



帰って来た主人の話によると…



最終カンファレンスでは、

医師・看護師・理学療法士の方々から
姑の現状について説明があり、

家族の見守りがあれば
自宅で日常生活を送ることが可能、と…


それを受けてその場で
退院について話し合い、

姑本人の強い希望もあり
12月22日辺りを目途に、

諸々の準備が整い次第、
ということになったそう…


カンファレンスが終わる前に
義弟も到着し、その旨を了承…



その後、
一日でも早く退院したい姑は、

「すぐにベッドと杖を買いに行きたい」と言い出し、

その場で医師に
外出許可の印をもらって、
午後からは買い物へ、

ベッドも杖も即決、
どちらも来月初めに届く予定だとか…



義実家の手すり取付工事も、
今日、主人が立ち会いに行っていて
おそらくすぐに済む見込み…



一気に退院に向けて
進み始めたけれど…




そもそも退院して
自宅で生活するための大前提は


>家族の見守りがあれば


ということ…



一体、誰が見守るつもりなのだろう…




薄情だと言われようが
何と言われようが、
私の知ったことではない…


姑にとっては
”来なくて良い”存在なのだから…



そう思いながらも
頭がずきずきと痛い…









昨日もたくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
とても嬉しかったです…
心より厚く御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR