急を要する事態…

今朝は雲が多く
日差しはなく、

とても寒い朝…



昨日のお昼過ぎ
久しぶりに実家で過ごしていると、

主人から電話…


平日の日中に
主人から電話がかかってくることなど
ほとんどなく、

背筋がぞくっとして
鼓動が速くなった…



「病院から連絡があって
お袋が高熱らしくて…」

「今から俺も病院に向かうから、
ゆみ子も…」と…



主人の慌てた様子に
急を要する事態であることは明らかだった…



病院に着くと、
主人がすぐに私の姿を見つけ
走り寄ってきて、

少し前に姑の容体が安定した、
一時は危険だった、と…



あれほど退院を待ち望んで、
義実家の掃除や片付け等に
精を出していたのに…


酸素吸入をつけて
横たわっている姑の姿が
信じられなかった…



今朝早くに病院から主人に、
意識が戻った、と連絡があり、

ひとまずほっとして
肩の力が抜けた…








連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR