それでもその言葉に…

今朝はすっきりと晴れて
雲一つない青空…


昨日よりは
冷え込んでいるように感じるけれど、

きれいな空と
眩しいほどの日差しに
気持ちも晴れやかに…



昨日も実家からの帰りに
病院へ立ち寄った。


舅は眠っていて
様子が分からなかったけれど、

姑はリハビリ中で
退院の話が出た時ぐらいの状態に
戻っているように見えた…




リハビリが終わると、
杖をついて歩いてきて、

「あらー今日も来てくれたのね」と

私に向かって言った後、
リハビリの先生に、

「うちの嫁は
ほんとに良く出来た子でね」

「実の娘よりはるかに
ここに来てくれてるのよ」

「あなたもこういう良い子と
結婚しないと駄目よ」と…



昨日の先生は、
すっと背の高い
穏やかな雰囲気の若い男性で、

以前から姑のお気に入りの先生…



姑の言葉に対して
その先生は、

「本当におっしゃる通りですね」

「お綺麗な上に
義理の親御さんにもお優しいなんて、
旦那様が羨ましいですよ」と…




社交辞令の何ものでもないことは
重々わかっているし、

義親に優しく出来ているとは
決して思っていないけれど、

それでもその言葉に
不思議と気持ちが昂った…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR