ぷつんと何かが…

今日もきれいな青空、
眩しいほどの日差し…

冷え込み厳しく、
外に出ると
すぐに手がかじかんでくる…



昨夕、娘と主人は
小さなチョコレートケーキを持って
再び姑の病院へ…


娘を見習わないと…と思いつつ、
一朝一夕に出来ることではなく、

夕食の支度をしながら
帰りを待った…



帰って来た娘の表情が暗いことに
すぐに気が付いたけれど、

あえてその場では聞かなかった…



娘と一緒にお風呂に入っていると
娘がぽつりと、


「おばあちゃん(姑)、
普通のビターチョコレートが
食べたかったんだって…」と…



娘の優しさを…

ぷつんと何かが切れた…
無性に腹が立った…



「そうは言っても
おばあちゃん喜んでるわよ、ありがとう」と
娘に言うと、

娘はほっとしたような顔をして
嬉しそうだったけれど…




娘が眠ってから
主人に話を聞くと、

そもそも、午前中に病院に行った時に、
姑が「私もバレンタインのチョコが欲しいわ」と
言っていたらしく、

それを聞いた娘が
それなら、と思ったのだろう、と…




どういう経緯であれ、

姑のその言葉は
娘の優しさを踏みにじったことに変わりはない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて重ねて御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR