ここに書くにも値しない…

今朝目覚めた時は
まだしっかりと降っていた雨、

娘が登校する時も
傘が必要なほどだったけれど、

この時間になって
ようやく上がって、

空も少し明るくなってきたような…



昨日、実家へ行った帰りに、
ふと思い立って
舅の病院へ立ち寄った…



舅は私の顔を見ると
目を細めた…


その表情を見るだけで
素直に嬉しく幸せな気持ちになり、

肩の力が
すっと抜けるのがわかった…


舅のために、というよりも、
自分のために
病院へ足を運んだように思えた…



とても穏やかな気持ちで
家に帰ったけれど、

やはりそんな時間は
長くは続かない…




家の電話の留守電に
姑からメッセージが入っていて、
再生すると、

ここに書くにも値しない
身勝手な暴言の数々…



私が先週末、
義実家に行かなかったことが、

姑にとっては
どうにもこうにも許せないことのようだった…



少し前には、

>あなたは来なくて良いから
と言っていたのに…

(過去記事→ 腹の内は… )







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR