薄情者と言われようとも…

朝は晴れ間も
のぞいていたけれど、

今は雲に覆われ
今にも降り出しそうな空…



この辺りは
余震もほとんどなく、

何事もなかったかのように
いつもと変わらない日常の風景…


それでもちょっとした物音に
娘も私も過敏に反応してしまうというのに、

震源地近くにお住まいの方々は
どれほど不安な時間をお過ごしのことだろうと
胸が痛む…


明日にかけて
雨量も多くなるとか…


どうかこれ以上、
被害が拡がりませんように…




昨日は実家に行く予定だったけれど、

念のための事態に備えて
実家には行かず自宅で仕事…



何度、姑から
電話がかかってきたことだろうか…



「あんなに大きな地震が
あったというのに、
こっちのことは心配じゃないのかい!?」

「ちょっとは様子を見に来ても良いんじゃないの?」

「年寄りが一人でいるのに
どうして放っておくことが出来るのかねぇ」

「薄情者が!」等々、

毎回、同じようなことを
姑は留守電に向かって怒鳴りつけていた…




薄情者と何と言われようとも、

心配に思えないものは
そう言われたところで変わらないし、

むしろ、それだけ達者であれば
心配する必要すら感じない…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR